レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

日本ダービー(2016)、各馬短評

このエントリーをはてなブックマークに追加

さあ今週は競馬の祭典、東京優駿日本ダービーです。レースごとに目まぐるしく一番馬が変わり少なからず離脱はあったもののまさしくハイレベルの様相を呈している今年のダービー。皐月賞から大きな離脱もなく、みんな元気にダービーへとコマを進めてきました。豪華メンバーにふさわしい最高のレースを見せてほしいと思います。

枠番-馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 ◎1-1 ディーマジェスティ 牡3 57kg 蛯名 堂々主役でダービーを迎える今年の皐月賞馬。前走の8番人気は大外枠の影響もあっただろう。展開が抜群に向いたところはあるものの、同じく展開利のあったマカヒキ以下を寄せ付けなかった末脚はあまりにも鮮やかだった。ローテ的にも元々ダービーを目標にしていた馬で皐月賞からの上積みも見込めるし、共同通信杯の走りからも東京替わりはむしろプラスだろう。幸せの1番ゼッケンを引き当て全てのお膳立てが整った。蛯名騎手の悲願達成はこの馬が叶える。

◎1-2 マイネルハニー 牡3 57kg 柴田大 スプリングS2着もクラシック登録がなかった為皐月賞はパス、ダービーに標準を合わせてきた。青葉賞も逃げたものの持ち前の粘りを見せることはできず、2400Mも長い印象を受ける。内枠を引いたしこの馬以外に逃げ馬がいないので逃げることが予想されるが距離不安も手伝ってスローになるだろう。この馬が作るペースに各馬どう対応していくか、展開を握る馬だ。

◎2-3 マカヒキ 牡3 57kg 川田 末脚全開で皐月賞2着から巻き返しを狙う。前走皐月賞はハイペースの展開利もあったがものすごい大外をぶん回して2着を確保。東京は初めてになるが長い直線がマイナスになる様なことはないだろうが、まだ器用さはついてないので展開に左右される脚質であることは変わりない。ダービーはあまりペースが速くならないことが多いし、できればリオンディーズやエアスピネルあたりに早めに動いてもらいたいところだろう。父と同じく大外一気で突き抜けて見せるか。

◎2-4 レインボーライン 牡3 57kg 福永 アーリントンCを制し、NHKマイルCでも大外枠ながら3着と健闘した当馬。相手なりに走るし、器用なタイプなので3歳馬同士なら2400Mが大きなマイナスになることはないだろう。しかし一線級との対戦は初めてになるし、スマートオーディン、ロードクエストらとの対戦からも上位組とは実力差を感じるのも否めない。さすがに着あればといったところだが、好枠を引いたし息をひそめて上位をうかがう。

◎3-5 エアスピネル 牡3 57kg 武豊 朝日杯、弥生賞と強い競馬はしているが相手がそれ以上に強く、上位陣との勝負付けは済んでいるともささやかれた当馬。それでも皐月賞ではサトノダイヤモンド以上の不利がありながら3強とも遜色ない競馬を見せ、改めてその能力を証明したといえる。距離不安もあるが競馬の上手な馬なのでここでも凡走はないだろう。末脚勝負では分が悪いので、個人的には逃げる可能性すらあると予想する。デビューから手綱を取り続け、この馬の能力を信じる世界のYUTAKA・TAKEの手で逆襲の戴冠も十分だ。

◎3-6 アグネスフォルテ 牡3 57kg 松山 京都新聞杯を先行ししぶとく粘りこみ西からのダービー最終便に滑り込んだ。阪神、中京での好走実績からも坂のある東京コースは悪くなさそうだがスマートオーディンとの力の差は着差以上にあったし、いかんせん今回は相手が強い。若い鞍上だし、思い切った競馬をして次につながるレースを期待したい。

◎4-7 ロードクエスト 牡3 57kg 岩田 ホープフルSから皐月賞までは期待外れのレースが続いていたが、前走NHKマイルCでようやく本領発揮してみせた当馬。皐月賞は動いていったのがよくなかったということもあるが、距離も長そうだったし上位陣との差はあった印象を受けた。新潟の時のような別次元の脚が繰り出せれば一発もあり得るが、もう春4戦目になるし上積みは難しい。勝ち負けまでは苦しいだろう。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
各馬短評2016
競馬予想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本ダービー【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】【【おウマの玉手箱】】

【展望】日本ダービー【スミスの素人馬券予想】

【予想】土曜日の勝負レース【スミスの素人馬券予想】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:58837
  • 累計のページビュー:10841802

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss