レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

上半期競馬ニュースベスト10

このエントリーをはてなブックマークに追加

はい、ネタ切れに困ってこんなことをしてしまいました。競馬界のニュース、出来事から印象に残ったものベスト10ということでお送りします。ちなみに今年の頭から7月くらいまでを対象にしています。多少のブレはスルーでお願いします。

10位・・どうなるスプリント戦線、キンシャサノキセキ電撃引退
高松宮記念初の連覇を達成したキンシャサノキセキが春シーズンの種付けに間に合わせるために引退し、種牡馬入り。香港では第2グループのウルトラファンタジーなんぞに出し抜けをくらい、マイル以上に低迷極まるスプリント戦線。ダッシャーゴーゴーなのか、ジョーカプチーノなのか、カレンチャンなのか。ロケットマンに粉みじんにされない為にも、レベルアップが急務です。

9位・・まさしくリアルなインパクト。3歳馬初の、まさかの1勝馬による安田記念制覇
こんなことが本当に起こるのか。この時期の3歳馬が安田記念を勝っちまった。つーか「古馬どしたんだよ!」、マイル戦線はこの世代に席巻されるんじゃないかと思う。とはいえこのリアルインパクト。秋には最大のライバル、グランプリボスとの対決が非常に楽しみになってます。

8位・・世代交代の波。ドリームジャーニーアサクサキングス引退
やはり、時代を象徴する名馬たちの引退は悲しいものですね。ウオッカを知る同世代のほとんどが引退となりました。新時代へ、最強世代と言われた4歳勢よ。宝塚記念を持っていかれたぞ?このままでいいのか?意地を見せろ、ブエナビスタからバトンを受け取ってやれ!

7位・オルフェーヴル人馬一体の2冠制覇
目先のレースの勝ち負けよりも馬にレースを覚えさせ、一つ一つ積み重ねてステップアップしていく。厩舎、騎手、馬の全てが一丸となって勝ちとった栄冠でした。秋はディープインパクト以来の3冠を目指して。

6位・「願いは、かなう!」、柴田大知騎手が中山GJで涙の初G1制覇
震災の影響で7月の開催となった中山GJ。マイネルネオスで悲願のG1初勝利叶った柴田大知騎手。レース後の涙のインタビューがあまりに強烈でした。勝てない年もあったが「騎手をやっていてよかった」この一言に自分自身考えさせられることもあったので。これからさらに飛躍していくのではないかなと思っています。後半戦も注目の騎手です。
※レース自体は残念ながら全馬完走となりませんでしたが。

5位・・今年一番の名勝負、アパパネVSブエナビスタはアパパネに軍配
今年一番の名勝負といえばやはりヴィクトリアマイル。最初で最後の感もあるブエナ対アパパネの勝負は距離適性と鞍上の絆でアパパネに軍配。秋はお互い別々の路線に進みそうですが、がんばってほしい。

4位・クラーべセクレタからカフェインが?JDD失格。犯人は誰だ?
これまた怒りのニュース。南関東の新たなるスター・クラーべセクレタの体内からカフェインが検出されJDダービーは失格に。調教師が進んで使うはずもないので外部の人間が犯人と思われるが、日ごろの努力を一瞬で無駄にすることになるこの行為は許せません。なによりクラーべセクレタがかわいそうだ。

3位・・なめんなよJRA?幸騎手の不服申し立て門前払い
2月27日阪神6Rのゴールデンアタック号で降着を食らった幸騎手が判定を不服として「正当な手続き」を行って不服申し立てを行ったが、何もしていないのと変わらない結果でした。しっかりとした説明もなく「棄却しました」の一文だけで済まされては納得いかない。震災後のテキパキとした対応で株があがったJRAですが、これは忘れてはいけない「事件」です。

2位・・東北大震災にあたってJRAはベターな対応。義援金も13億円越え
大震災にあたって、当週の競馬を中止し、しばらくは関西圏のみでの開催とするなどJRAの素早い対応はお役所体質のJRAにあっては珍しく評価できるものでした。

1位・「メイダンの希望」、ドバイWC日本馬1.2フィニッシュ
やはりこれしかないでしょう。東北大震災で暗いニュースが続く日本に届けたヴィクトワールピサトランセンドからのメッセージ。「HOPE」の旗のもと、チームジャパンが一丸となって勝ちとった栄光。もちろんブエナビスタルーラーシップレーザーバレットもみんながんばった。ホクトベガの悲劇から14年。ついに日本競馬悲願の世界の頂点の一つを勝ちとった瞬間でした。ドバイの現地も日本のことを心配する声も多く、もし自分の馬が負けるのなら日本の馬に勝って欲しいという雰囲気だったそうです。ただ、欲を言えばもっとメディアで大々的に報じてほしかったなぁ。

あなたの上半期の競馬界のニュースや出来事で印象に残っているものは何ですか?もうすぐ秋競馬。下半期も嬉しいニュースを期待しています。特に上半期の「メイダンの希望」に匹敵するのは、「ロンシャンの奇跡」しかない。期待してます。




↓ランキングに参加中です。よろしければクリックお願いします
http://horserace.blogmura.com/

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
競馬(全般)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:Re:上半期競馬ニュースベスト10

>tokitensaiさん
いつもコメントありがとうございます。そうですね~、あの一族は本当に・・・。タキオン産駒もレッドデイビィスが故障してしまうし、ガラスの脚というかなんというか。ともあれ、万全に直してもらって元気な姿を見せてほしいものです。

Re:上半期競馬ニュースベスト10

レーヴディソールの戦線離脱はショックだった

あのチューリップ賞を見て


春の二冠は間違いない!!…と思っていただけに残念でした↓↓↓

こんな記事も読みたい

Switch〜乗り替わり考/新潟記念編【briLLiant road】

タイキデイブレイクその20【とある大樹の一口馬主】

2011年度の騎手リーディングを考察してみる【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:580
  • 累計のページビュー:10872869

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss