レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

2011年度の騎手リーディングを考察してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、特にネタもないので現在の騎手リーディングについて考えてみました。

現在の騎手リーディング(8/21日終了現在)
順位・騎手名・勝利数・重賞(G3/G2/G1)・連対率(3着内率)・昨年順位
1位・岩田・84・3(2/1/0)・0.295(0.392)・11位↑
2位・福永・77・8(5/3/0)・0.261(0.356)・4位↑
3位・川田・72・3(3/0/0)・0.267(0.347)・9位↑
4位・蛯名・61・1(0/0/1)・0.249(0.339)・3位↓
5位・田辺・58・1(1/0/0)・0.181(0.277)・33位↑↑
6位・横山・56・2(0/2/0)・0.239(0.327)・1位↓
7位・川須・55・0(0/0/0)・0.179(0.255)・55位↑↑
8位・中舘・55・1(1/0/0)・0.214(0.294)・16位↑
9位・浜中・52・3(3/0/0)・0.206(0.285)・14位↑
10位・和田・49・2(0/2/0)・0.173(0.252)・17位↑

上記以外の昨年上位騎手の現在の順位はこちら
21位内田・35・1(0/1/0)・0.198(0.326)・2位↓↓
17位松岡・39・1(1/0/0)・0.182(0.287)・5位↓
19位後藤・36・1(0/0/1)・0.189(0.278)・6位↓
12位丸山・47・1(1/0/0)・0.191(0.292)・7位↓
14位藤田・46・3(0/1/2)・0.238(0.315)・8位↓
34位柴田善・25・2(2/0/0)・0.157(0.233)・10位↓↓

ちなみに気になるその他有力騎手の順位は
13位・三浦・47・2(1/1/0)・0.151(0.229)・29位↑↑
20位・武豊・36・4(3/1/0)・0.197(0.313)・15位↓
30位・池添・30・7(3/2/2)・0.164(0.237)・13位↓↓
31位・安藤勝・30・3(1/1/1)・0.325(0.429)・23位↓

ランキングは去年と一新されている。半分以上が入れ替わっていますね。特に田辺、川須両騎手の大躍進には驚かされています。ちなみに昨年ブレイクした丸山騎手もしっかりと上位をキープしていたり。ちなみに内田騎手はエイシンフラッシュのルメール騎手騎乗のニュースがあったのでどうやら秋シーズンも難しそうです。
秋シーズンも怪我さえなければ岩田騎手と福永騎手のマッチレースになると思われる。なんとなく横山騎手が怖い存在になってくるような気がしてます。川田騎手は小倉で大暴れ。今後中央馬場に戻ってどれだけ勝ち星を積み重ねられるか。

因みに重賞勝ち数は
順位・騎手名・重賞勝利数(G3/G2/G1)
1位・福永・8勝(5/3/0)
2位・池添・7勝(3/2/2)
3位・武豊・4勝(3/1/0)

重賞の連対率も調べようと思いましたが、めんどくさそうなので次の機会に譲ります。
意外にもリーディングでは上位ではない池添騎手と武豊騎手が重賞勝利数は多い。トップは福永騎手で8勝だがトゥザグローリーレーヴディソールレディアルバローザルーラーシップダークシャドウフレールジャックエーシンヴァーゴウトーセンジョーダンとなんとすべて違う馬で勝っている。
重賞戦線はG1、G2が続く秋シーズンも基本的にはお手馬がいるかどうかが重要になってきます。ここでも中長距離にトーセンジョーダントゥザグローリーダークシャドウ、牝馬路線にマルセリーナレーヴディソール、マイルはレディアルバローザ、短距離にエーシンヴァーゴウジョーカプチーノと各路線に強力なお手馬を有している福永騎手が一歩リードか?池添騎手はオルフェーヴルアヴェンチュラホエールキャプチャと3歳のお手馬が強力だが、古馬は今のところメイショウベルーガくらいしか有力馬がいない。武豊騎手は3歳はダノンバラード、古馬はスマートファルコンくらいか。
ちなみにG1の勝鞍は書くまでもなく池添騎手と藤田騎手の2勝が最多。

データを羅列して、考えると結構面白いですね。これが今年の終わりにはどういう様相になっているのか、興味は尽きません。




↓ランキングに参加中です。よろしければクリックお願いします
http://horserace.blogmura.com/

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
競馬(全般)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

WIN5結果 vol.18 8/21+重賞回顧【WIN5挑戦記】

札幌記念は『格』、レパードSはのちの『格』【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

Winning5 8. 21【ピノキオ〜「クビ差」で「クビ」になったはずなのに、舌の根も乾かぬうちに再開した厚顔無恥なブログ】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:167
  • 累計のページビュー:10354011

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  7. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss