レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

最強世代の2冠馬逝く

このエントリーをはてなブックマークに追加

1998年の皐月賞、菊花賞を制したセイウンスカイがなくなったそうです。転倒して頭を打ってだそうですが、種牡馬を引退した後もそこらの2歳馬よりも元気いっぱいでヤンチャだったそうですが、長生きしてほしかった。自身の最後の勝ち星となった札幌記念、引退式を行った札幌記念、そして、その札幌記念の週に・・・。

さあ、セイウンスカイといえば逃げ。もはやファンの間では語り草となった1998年菊花賞、玉砕覚悟の大逃げと見せかけ、道中はがくんとペースを緩め後続に脚を使わせる、後続が迫ってきたと見るや少しペースを上げる。後続馬はセイウンスカイがペースを落とし続けていると勘違いしているから余計に脚を使ってしまう。まさにペースの魔術師。
この前走の京都大章典でシルクジャスティスメジロブライトら歴戦の古馬ですらこの変幻自在のペースに幻惑されてやられてしまった。となれば、この馬を悠々と行かせてしまったならばどういうことになるかは目に見えていた。しかもペースを上下させながらレコードで3000Mを走り抜けやがった。懸命に追いかけたダービー馬スペシャルウィークに歯を立てることすらさせずに。このレースだけは、例えグラスワンダーエルコンドルパサーがいたとしてもなすすべがなかったことでしょう。(※この走りを打ち破れる馬はシンボリルドルフくらいしか思い浮かばない。)

さらにこのセイウンスカイを一介の逃げ馬で終わらせないのが札幌記念で見せた豪脚。天皇賞で負けたライバルのスペシャルウィークがセイウンスカイ対策として追込から先行に脚質転換したのを知って、
「俺にもできるよ」
と、差しに脚質転換して見せた。しかも何の前触れもなく。
今までと違ったレースをライバルに見せたかったのではないか?スペシャルウィーク最大のライバルといえばグラスワンダーですが、このセイウンスカイもそのライバルたる資格がある馬。というか対戦回数から考えてもこっちがよりライバルなのかもしれない。
天皇賞秋でゲート入りをごねなければ、スペシャルの勝ちはなかったのではないか?

廃用となった父シェリフズスターが生み出した突然変異は、最強世代でひときわ輝いた芦毛の逃亡者でした。そして最強のライバル達がいる中で勝ちとったクラシック2冠の栄光は決して忘れることはないでしょう。

日本競馬珠玉の血統スペシャルウィーク
奇跡のクロスが生んだ怪鳥エルコンドルパサー
底知れぬ不屈の怪物グラスワンダー
そして、ペースの魔術師セイウンスカイ

1998年クラシック世代は3強ではない、4強だ!

追記
西山牧場の社長のブログを拝見しました。セイウンスカイのような強い馬を出したい、セイウンスカイのような愛される馬を出したい。セイウンスカイが西山牧場のスタッフにどれほどの夢と希望を与えていたかが痛いほど伝わってきました。セイウンスカイのご冥福をお祈りします。




※今は空の上で対戦が実現しなかったエルコンドルパサーと力比べをしているのかな?でも寂しいからってグラス、スペシャル、ヘイローは連れていかないでおくれ、また一緒に走れる時はいずれ来る。それまで待っててくれ。彼らにはまだまだ仕事が残っているんだ。

↓ランキングに参加中です。よろしければクリックお願いします
http://horserace.blogmura.com/

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
競馬(全般)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【予想】盛岡競馬お盆開催最終日!/佐賀「サマーチャンピオン〔JpnIII〕」/ベストマイヒーロー黒潮盃出陣!【岩手競馬に注目! ブログ】

【予想】真夏のスプリントDG!盛岡『第16回クラスターカップ〔JPN3〕』/JRAvs岩手・騎手対抗戦【岩手競馬に注目! ブログ】

WIN5結果 vol.17 8/14+重賞回顧【WIN5挑戦記】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:346
  • 累計のページビュー:10353531

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  7. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss