いつもフットボールを

Manchester United中心に書いていきます

60vita

  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:281553
  • (02月25日現在)

最新の記事

ジェームス・ウィルソンについて思う事

ルーニー、ロビンと前線の主力が不在の中、多くの先発予想はチチャリートやウェルベックと共に退団の可能性がある二人だった。ただ、暫定監督のギグスが苦しんだシーズン最終戦のホームで先発に抜擢したのは、下部組織で将来を期待されていたジェームス・ウィルソンだった。(同時に同郷のトム・ローレンスも起用、一度に二人をデビューさせたのは42年ぶりの事だった) 期待と共に、ここ数週間、主戦場のU21で怪我を......続きを読む»

マンチェスター・ユナイテッド×アーセナル(PL:11節)

引き分けを挟みながらも8試合負けなしのユナイテッドに対して、開幕黒星以降はWBAを除いて勝ち星を収め、CLでも先ず先ずの成績を収めたりと、調子の良さを維持している。そんな大一番にユナイテッドは、負傷欠場したラファエウに変わってスモーリングを投入し、相手の攻撃を抑える目的も考え、CMFにジョーンズを配置。アーセナルはこの1戦を前にチーム内でロシツキーとメルテザッカーが体調不良で欠場。代わりに今......続きを読む»

レアル・ソシエダ×マンチェスター・ユナイテッド(CL:4節)

CLも早いもので今節が第4節。ELすらも厳しくなるチームがあれば、ほぼGS突破が決まるチームも出てくるんじゃないかなと。 そんな中グループAで戦うユナイテッドは、最初の3節を2勝1分で首位をキープしているユナイテッドは、アウェイのレアル・ソシエダ戦に挑む。相手は3連敗の最下位と苦しく、今節の結果では最下位決定になったものの、互いに勝点1ずつを分け合う形で試合が終わった。 ......続きを読む»

フラム×マンチェスター・ユナイテッド(PL:10節)

共にミッドウィークにリーグカップを対戦した同士の一戦。前節と比べてヤヌザイ、ヴァレンシア、ラファエウ、ヴィディッチを復帰し、一方フラムは、ルイスをベルバトフと前線に組ませて右サイドにデジャガを配置する形で挑んだ。 数日後にチャンピオンズリーグが行われ、来週にはアーセナルとの一戦があるので、早めに試合を決めたかったユナイテッドとしては20分頃に3点を決め、ほぼ終わらせたことは大きかっ......続きを読む»

アドナン・ヤヌザイの代表、契約、プレイスタイル

数年前にアンデルレヒトから期待の若手、ベッカム2世をユナイテッドが獲得するという報道が流れた。ただ、U18、リザーブリーグを見ていても、怪我によってなかなかプレイする機会が無かった。11/12シーズン、U18は2シーズン連続でFAYC優勝を目指していた時期に、惜しくもチェルシーに準決勝で敗れた。トップ下にマッツ、サイドにファン・フェルゼンとバンビーを配置し、トップには期待の若手、ウィルソンが怪我でラ......続きを読む»

今夏のマンチェスター・ユナイテッドの移籍をまとめてみた

●自由契約 ルーク・ギヴリン(不明) マシュー・ウィルキンソン(不明) フェデリク・ヴェセリ(イプスウィッチ) ルーク・マックルーグ(ドンカスター) ジョン・コフィー(バーンズリー) ルーク・ヘンドリー(レスター) リース・ブラウン(ワトフォード) ジリアーノ・ファン・フェルゼン(ユトレヒト) マーク・フォルナンシエール(サンプドリア) ......続きを読む»

リヴァプール対マンチェスター・ユナイテッド(PL:3節)

前節はチェルシーとの大一番で、今週はナショナル・ダービーと厳しい相手が続くユナイテッド。リヴァプールはストーク、アストン・ヴィラ相手にクリーンシートで勝利を収め2連勝中。前節からミッドウィークのリーグカップで負傷したトゥーレに代わってシュクレテル。対するユナイテッドは、ルーニーが練習中に負傷したことでベンチ外となり、更に右でプレイしていたヴァレンシアをベンチにしギグスを右に置き、ヤングを左で......続きを読む»

マンチェスター・ユナイテッド×チェルシー(PL:2節)

サー・アレックスがユナイテッドのマネージャーに就任してから四半世紀以上たっていたので、9973日ぶりに新たなマネージャーが、オールド・トラッフォードのホームチームのベンチに座ることに。日程に文句を言っていたけど、2節目でチェルシーというのもね。チェルシーはCLとEL優勝チーム同士で戦う一戦に挑むことで、ミッドウィークにアストンビラと対戦。後方から中盤はメンバーをほとんど変更をしていないけ......続きを読む»

スウォンジー対マンチェスター・ユナイテッド(PL:1節)

ユナイテッドとして初めてサー・アレックス以外の監督で臨むプレミアリーグ。プレシーズンマッチでは思うような結果が出なかったものの、先週行われたウィガンとのコミュニティーシールドで2-0の快勝。先ず初タイトルを獲得した。戦前、モイーズ自身の口から対戦相手の組み合わせに不満を述べていたが、それだけ初戦から5節ほどまでの成績如何でモイーズへの風当たりが大きく変わりそうな予感も ●コンデ......続きを読む»

アルカンタラからセスクへ、ルーニーが負傷し、モイーズ最初の試合は負けた

今週も移籍について。 ●ローン移籍完了 昨季U21で主にレフトバックとしてプレイしていたリース・ジェイムスが、来年1月1日までリーグ1所属のカーライルへローン移籍することが決定。 トップにエヴラを中心にファビオ、ビュットネルがおり、U21でもブラッケットや、昨季アカデミーでプレイしていた選手がプレイするとなると、早めにローン先を決めることができたのは、チームと連携を深め......続きを読む»

モイーズ最初の記者会見等があった1週間

移籍について書き始めて3週目。変わらず今回も書いていく ●イタリア?それともロシア? ナポリとユベントスが興味を持っているが、それに加えてローマもなに獲得レースに参戦。ディレクターのウォルター・サバティーにが、マンチェスターに訪れ、交渉のテーブルに着く【ガゼッタ】 先週初めにイタリア方面で流れたナニの噂。それを英国のタブロイド紙が報じた。その後、代理人のジョルジュ・......続きを読む»

マッツ・ダーリがスールシャールの下へ移籍

色々妄想を書いていく。 昨年の今頃、フリーとなってポグバやフライヤーズが新天地を見つけ、現状よりも2倍の給与を提示されたにもかかわらず、残留を決意したペトルッチと下部組織の中で話題が集まり、毎年夏になるとこのようにフリーとなる期待の若手の契約で悶々とした日々を送るのかと感じていたが、今年も将来を嘱望していた若手がユナイテッドから退団した。 ただ、フリーでなく移籍金によっての退団。......続きを読む»

モイーズ始動から1週間、具体的な名前がちらほら出てきた

移籍第2週。7月1日からモイーズがユナイテッド正式就任。加えて練習場はキャリントンからエーオン・トレーニング・コンプレックスに改名されました。 とりあえず、此処まで出た移籍で気になった所を書いていく。 ●単純ですか? 先週の情報では、クラブには退団を申し出たと報道されて以降、今週は特に進展は無かった この1週間は基本的に、チアゴの父親で代理人のマジーニョが、ユナイテッ......続きを読む»

6月17日からモイーズが仕事を始めたようなので、17日から23日までに報じられた移籍情報について、軽く書いてみる

タイトル通り。とりあえず書いてみる。 ●Nos Vemos en Manchester 先週イスラエルで行われていたEURO-U21が終了。スペイン代表が2連覇を果たすことになったのだけど、その決勝でハットトリックを達成し、MOTMに選ばれたチアゴ・アルカンタラは、その時使用したボールを受け取る事に。チームメイトが色々メッセージを書いている中、デ・ヘアが書いた言葉が、マンチェスタ......続きを読む»

ノルウェーU21×イタリアU21

グループAの1位、2位対決。互いに消化試合の様な雰囲気で始まったこの1戦は、共にチャンスらしいチャンスを作り出す事無く試合が進み、スコアレスドローで終わるかと思った後半終了間際、エリア内でイタリアがホールディングのファールを犯してしまいノルウェーがPKを獲得する。これをしっかり決め首位での勝ち上がりを決めたかに思えたが、アディショナルタイムに右サイドからのクロスに対しGKがキャッチ、もしくは......続きを読む»

イスラエルU21×イングランドU21

2戦を終えて勝ち点0のイングランドは敗退決定、勝ち点1のイスラエルはノルウェーがイタリアに大敗した上で勝利を納めなければならないと可能性が低い中での1戦は、イングランドが基本的にボールを保持する中、少ないチャンスを得ようとするイスラエルで試合が進むと、決定機をお互いに作れないまま時間だけが過ぎていき、後半35分にエリア少し外からクリアフが決め、これが決勝点となり、イスラエルが今大会初勝利、予......続きを読む»

第三四半期£91.7Mを計上したマンチェスター・ユナイテッド

今週、ユナイテッドが第三四半期の収支を発表した。多様な収益を獲得する事が出来る結果、他クラブを寄せ付けない収益を計上する事が出来た。良く分かって無いけど、書いてみる ●コマーシャル収入:£36M 昨年の同時期に比べて31.9%上昇したコマーシャル収入。この内訳は、 スポンサー収入:£21M(52.2%上昇) マーチャンダイジング収入:£9.2M(9.5%上昇) ニュ......続きを読む»

ユナイテッドは誰を狙ってるのか

ほぼ12/13シーズンが終わりに近づく今、チャンピオンズリーグや降格圏で苦しむクラブが、毎節ノックアウトの様な気持で挑んでいる中、ユナイテッドは優勝を決め、カップ戦も無いので、気持ちは既にシーズン終了。勿論、ロビンが得点王を目指しているかもしれないし、退団と残留の当落線上にいる選手は最後のアピールの場と感じて頑張っているかもしれない。ただ、それでもユナイテッドの首脳陣は既に来季へ選手の売買に動いてい......続きを読む»

アーセナル×マンチェスター・ユナイテッド(PL:35節)

前節優勝を決めたユナイテッドは戦う気持ちはあったのかもしれないけど、身体が付いていなかった。一方、まだチャンピオンズリーグ出場権を獲得しておらず、尚且つチェルシー、トッテナムと言った相手と枠を争っているので、明らかにモチベーションはホームのガナーズにあると思っていた ●最終ラインと中盤の間 前半早々に試合が動く。ロビンのミスからボールがギブスに渡り、DFとMFの間で受けたポド......続きを読む»

マンチェスター・ユナイテッドのタイトル獲得は、結果としてグレイザーの勝利を意味する

およそ76、000人に加えて、ディレクター・シートで観戦していたグレイザー兄弟を含めオールド・トラッフォードに集まった群衆が、今季の鍵となるロビン・ファン・ペルシーのボレーがマンチェスター・ユナイテッドを20回目のタイトル獲得を目の前で見た時、憎悪の時代が終わりユナイテッドが盟主となる新たな幕開けを意味していた。2005年アメリカ一家による、借金を押し付けの買収は、激しい抗議に発展した後に、2010......続きを読む»

ルーニー退団騒動

09年には残り数年となっていた契約に対して、何時でも延長したい、ユナイテッドで残りのフットボール人生を全うしたいと語っていたものの、2010年10月にギル達と話し、退団の旨を伝えたとして、大きな衝撃を与えた。結果として数日後には契約延長にサインをし、クラブ最高週給を獲得するとともに、クラブ残留する事になったルーニー。あれから3年経った今、再び退団の噂が出ているようで、発端が3月レアル・マドリー戦のベ......続きを読む»

クラブの為に働いたギル。そして後任は...

13年6月30日をもって現在の職、CEOから退任する事を発表したデイヴィッド・ギル。03年にピーター・ケニヨンがチェルシーに引き抜かれた事で就いてからの10年間、本当に苦しい時期を常にクラブの為に働いてくれてたんじゃないかなと思う 思えば、就任早々からクラブの転換期だった事もあり、ピッチだけでなく、外からはグレイザーと当時サー・アレックス・ファーガソンと共同馬主だった男が移籍時におけるマー......続きを読む»

クインズ・パーク・レンジャーズ×マンチェスター・ユナイテッド(PL)

最下位と首位の対戦。ユナイテッド相手とは言え勝ち点を考えると、最低1は欲しいQPRに対して、ユナイテッドも2位との勝ち点差を更に広げる為にも勝利が欲しいこの試合、先ずホームQPRはほぼ予想通りか。負傷のレミがベンチに入り、ローン中のファビオはベンチ外、タウンゼットがエヴラと対峙する事にんっているが、これは中へ切り込む相手を苦手とするエヴラ対策かなと思う。対するユナイテッドはFA杯から1週間経......続きを読む»

レアル・マドリ―×マンチェスター・ユナイテッド(CL:1stleg)

10年ぶり5回目、欧州カップ戦でレアル・マドリーとの対戦。マドリーはリーグタイトルがほぼ絶望的、可能性があるのが国王杯とこのCL。そして、10回目のタイトルを目指して早10年の月日が経っているので、そろそろ欲しい所。ジョゼ・モウリーニョも選手や様々な所と確執を引き起こしており、限界説も囁かれる中、此処でタイトルを置き土産に他クラブへ移動したい気持ちもあるんじゃないかと思う。前回ベルナベウでは......続きを読む»

ポグバの発言で思う事

どの様な形であったとしても、個人的には少しでもユナイテッドの下部組織に在籍していた選手は応援してしまう。なので、数年前にブラックプールのチームとしてカスカートが、今季もピルキントンやキャンベルがユナイテッド相手にゴールを決めたが、一つの恩返しと感じる部分もある。また、ケンカ別れの様に去った選手も当然いる。今冬スパーズに加入したゼキ・フライヤーズがそうだ。出場機会を求め、ある意味規則の網を掻い潜った形......続きを読む»

マンチェスター・ユナイテッド×エヴァートン(PL)

代表明けと言う事とミッドウィークにCLレアル・マドリー戦が備えているので、この試合への入り方が難しいと思ったが、前半でほぼ試合を決め、後半も相手に思うような戦いをさせず、クリーンシートで完勝。昨季4-4のドロー、今季開幕でも苦しめられたエヴァートンに好きにさせることはなかった ●采配的中と効率 入りが心配されたユナイテッドは、気持ちを前面に出しボールを相手ゴールに近付......続きを読む»

フラム×マンチェスター・ユナイテッド(PL)

数週間前にFA杯、ホームで対戦したフラムと、今度はリーグ戦のアウェイで対戦。前半早々チャンスを作るも相手の好守に阻まれ先制する事が出来ないでいると、徐々に悪い流れになりずるずる時間だけが過ぎて行く。79分に後方からのロングボール1本からルーニーが走り込み嘗てロナウドと思いだすゴールを決め先制。その1点を守り抜き、難所クレイヴン・コテージで勝ち点3を獲得 ●アウェイで良くあるある ......続きを読む»

マンチェスター・ユナイテッド×サウサンプトン(PL:H)

ミッドウィークのサウサンプトンと対戦。週末FA杯でフラムと戦ったユナイテッドは中3日程に対して、サウサンプトンは10日程スペインに行って調整を行ったのと比較すると、コンディションの差は気になる所。また、ここ数日天気が悪かった様で、ピッチコンディションもかなり悪かった ●相手の守備の方法如何で まったりした感じで入った両チーム。パスミスからカウンターを受けるも、しっかり......続きを読む»

冬の移籍をまとめてみた

冬の移籍が終了。12月頃に新選手は連れてこないと発言したサー・アレックス。移籍は成立したものの、ザハは夏にやってくるので、結局この冬新加入選手は0と言う事になった ●加入 ウィルフレッド・ザハ(クリスタルパレス:£15M) チャンピオンシップで名を上げ、代表にも召集された将来の原石とか。確か昨シーズンカーリングカップで一度見たけど、それ以降は殆ど記憶が無いので、何とも言えない。映像......続きを読む»

マンチェスター・ユナイテッド×フラム(FA杯:H)

FA杯3回戦はプレミア同士の対決だった。リプレイの末ホームで勝利を収め、次ラウンドに進出したユナイテッドは再びプレミアで戦うクラブと対戦する事に。ユナイテッドは怪我明けのアンデルソンとナニを先発で起用。その他には若手2人をCB出来ようする位で、ほぼベスト。フラムも此処数節見る限りメンバーを固定出来ていないと思われるポジションがあるが、それ以外はほぼベストで来た感じがする 試合は......続きを読む»

1 3

このブログの記事ランキング

  1. フラム×マンチェスター・ユナイテッド(PL:10節)
  2. リヴァプール対マンチェスター・ユナイテッド(PL:3節)
  3. レアル・ソシエダ×マンチェスター・ユナイテッド(CL:4節)
  4. アルカンタラからセスクへ、ルーニーが負傷し、モイーズ最初の試合は負けた
  5. マンチェスター・ユナイテッドがニューヨーク上場するとか
  6. 6月17日からモイーズが仕事を始めたようなので、17日から23日までに報じられた移籍情報について、軽く書いてみる
  7. ジェームス・ウィルソンについて思う事
  8. イングランド×ウクライナ
  9. ユナイテッドは誰を狙ってるのか
  10. マンチェスター・ユナイテッド×エヴァートン(PL)

このブログを検索

月別アーカイブ

2014
05
2013
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss