ウル虎ブログ

【阪神】拭えぬ不安

このエントリーをはてなブックマークに追加

多忙につきブログ更新もままならない最近ではありますが、一応試合は見ています(笑) そして、試合を見ていたり、記事にされているチームとしてのコメントを聞いていると、どうしても今後のビジョンとして明るいものが見えない最近であります。

まず1つ目として、掛布監督引退に伴う首脳陣の若返り(?)について。

掛布監督とのいざこざがあったのかどうかは分からないですけど、このタイミングで二軍監督を変えるという部分には、疑問符が付きますかね。 それも”世代交代”と言っておきながら久保コーチらの比較的優秀な人材までも切り落としてる部分には本当に大丈夫なのかな?と考えてしまいます。

ただただ、ベテランを切って若手を起用することが本当に世代交代と言えるのか?という部分。

否。当然、技術なり経験なりを、若い世代へ受け継がないと、結局また時間がかかるだけの話。 ましてや、チームとして今はまだまだ力を付けないといけない状況。 そんなタイミングで、二軍の首脳陣の力量足らずで、選手のバックアップなんて出来るのか?

それこそ、本末転倒である気がするのですがね。

例えば、少しパターンは違いますけど、今のチームの捕手事情が特に物語っているように思います。 矢野、城島、藤井辺りのベテランから当時の若手へ(清水、岡崎、小宮山ら)の引き継ぎが出来ていないのか、しようとしなかったのか、はたまた若手達が応えなかったのか、分かりませんが。 とにかく、そこがスムーズに行えなかったから、いきなり梅野や坂本頼りになってしまい、彼らの上の世代ではベテランと言われても経験の浅く中身の無いベテラン捕手が完成してしまい、今や若手を育てられず自分のことに手一杯。 そしてそれは、現に足枷として現れてしまっているわけで。

広島(石原→會澤)や巨人(阿部→小林)では上手く作用してきっちり結果も出せている。これは首脳陣を育成するという面でも同じわけで、若いコーチを育成するためにはその指導者はいらないの?っていう、非常に本人任せの放任主義に見えた次第です。

さっきの捕手の件に関しては選手だけの問題じゃないのでそこを責めるわけではないですけど、 ポケモンを始めて、せっかく優秀なのを捕まえ育てて強くしたのに、また弱いポケモンと入れ替えて育てジム戦だなんていうような、確率の低く時間のかかることをしているような気がしてならない。

また、若い有望なコーチとはそれをどこから調達するのか? 他球団なんて簡単に出すわけがないので、結局それも自前で揃える必要があり、そして現時点で、そのアテがあるのか?

アフターケアを考えておらず、後付け後付けで変に言い訳も作ってしまい結局、自分で自分達の首を絞めているようにしか見えない、なんとも滑稽な光景とも私には見え、ただの経験値リセットにしか思えません。 二軍の未来は大丈夫なのか…

そして2つ目としてはCSに向けて。 相っ変わらず速球に対しての意識がからっきしダメなようで、ベンチとしてもそれを認識出来ているのかどうか。 認識出来ているのなら、チームとして対策している部分がまったく見えてこないし、していてもそれは対策になっていないですし、認識出来ていないのなら、それはそれでチーム状況が見えてなさすぎ。

というよりも、一応その辺りは認識があるのでしょうかね? 昨日、高山がレフトに久々にホームランを放ち、それに対しての監督のコメントが、「まだ振り遅れてる」ですって。 いやいやいや、他の選手を見てくださいな、全くストレートに合ってない選手ごっそりいますがな? 百歩ならず一万歩譲ったとして、それを置いとくとして、 「振り遅れている」とはなんぞ??

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「【阪神】拭えぬ不安」へのコメント

コメントありがとうございます。

私も、全くの同感です。
本塁打を打っても打率が低いと「打率がー」などと嘆き、球威があってもコントロールが悪いと「ファーボールがー」と嘆くなど。
役割分担というところにもう少し焦点が合ってくればいいと思うんですけども…
出来ないことがあっても誰かに任せ自分の役割を果たす。

適材適所が上手く回せないところってのは、こういうことが浸透していかない根深さがあるのですかねえ。。。

今後ともよろしくお願いします。

「【阪神】拭えぬ不安」へのコメント

こんばんは、コメントありがとうございます。

古臭いというのに対しては本当に私も感じるところであります(苦笑)
首脳陣でも、何かと生え抜きにこだわってしまったりとか…

連覇がなかったり強い時期が長続きしない部分や、最後に競い負けする部分、ここ一番で結果を出せないのが長年続いているのだからいい加減に、原因を探る様子が欲しいですね。。。

「【阪神】拭えぬ不安」へのコメント

コメント失礼します。

おっしゃる通りで共感するところが多いです。拭えぬ不安、感じざるを得ません。

若手かベテランか?
生え抜きか補強か?

特にネット上で顕著ですが、二者択一、0か1かで語るのは危険だと思います。
若手の育成を見ても、確かに金本監督のやり方で出てきた選手は多く、成果を上げつつあります。
しかし一方で藤浪のようにマイナスの側面も大きいです。和田監督中西コーチの時代には毎年着実に勝ち星を増やしていた藤浪には金本監督のやり方は合わないようです。
ここでも和田監督を全否定し、金本監督を全面的に正しいとする二者択一の考え方は危険です。

じゃあ金本監督を疑ってかかるべきか?というと、私はまだ金本監督を全面支持しています。

阪神球団とファンは超変革を求めています。
変革とはそもそも危険なものですし、いったん二者択一的に極論に振るくらいじゃないと変革はできないと思うからです。

最後に掛布さんのフロント入りについては掛布さんの功績と人気を考えると、フロントは良い仕事をしたと思いますが、掛布さんにフロントの仕事を期待するのは無理があるように思います。
やはり掛布さんは現場でこそいきる人だと思うので。

亡くなった中村さんと中日の落合さんを比べると、落合さんの方が監督としては素晴らしい結果を残しましたが、GMとしての結果は惨憺たるものです。
やはり人は万能ではなく、適材適所があるということ。
選手や二軍監督として有能だったからと言ってフロントとしての能力は別だと思うのです。

「【阪神】拭えぬ不安」へのコメント

阪神は星野氏の時も思いましたけど
運営能力皆無ですよね

名門の割に中途半端
人気だけが先行していて、成績は微妙(二位や三位でも満足ならそれでいいが)

金本もまあ器じゃない
海外監督で良くある二年目三年目だけはそこそこで、四年目辺りからチーム崩壊する監督と同じ匂いしかしない(表面的な改革しか起こせないタイプ)
それでもまだ今年広島に勝ててれば別でしたが、それも成らず


昭和経営から頑固として変えない(変え方を知らないだけだが)巨人や、戦力が薄いながらもジリジリ経験を積んでる横浜と違って、球団側がどうしたいのか漠然としてる印象

それでもヤクルトよりはマシな気はするけど、ヤクルトは二年前優勝って結果出してるからね

金本さんはモウリーニョ大先生の劣化バージョンって感じかな
来期や再来期内紛が起きる確率は高いと思う

こんな記事も読みたい

逞しく映った石田の背中、それに答えた戸柱と筒香の効果的な一発で快勝【1998の感動をもう一度】

【タイガース】由伸の 阪神勝てやの 声がする【no title】

公式戦最後の2試合【酔竜の館 スポーツナビ別館 カープの間】

2017/9/29(金) 何しとんねん、タイガース【甲子園浜通信】

9/27~9/29 対DeNA戦(横浜)ダイジェスト~二年ぶりのCS確定も2位確定はならず~【愛媛の虎党の呟き】

相手バッテリーの気迫に負けた試合、後はメンドーサ交代に関して【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

【タイガース】CS進出も決まり、内容的にも浮かれてもいい快勝でしたが【no title】

2017/9/28(木) CS進出をきめたが出てたのはおっさんばっかり【甲子園浜通信】

ブロガープロフィール

profile-icon53akahoshi

よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:13033
  • 累計のページビュー:892329

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【阪神】高山の凄さと金本監督の意図
  2. 【阪神】いっそのこと
  3. 【阪神】方向性
  4. 【阪神】本当にこれで
  5. 【阪神】飛べない鳥、飛ばない虎
  6. 【阪神】この状況は監督の責任?
  7. 【阪神】崩壊、そして壊滅
  8. 【阪神】光明と失敗の共有
  9. 【阪神】情けないよ
  10. 【阪神】超変革で思うこと

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2015
09
08
05
2014
10
09
2013
07
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss