ウル虎ブログ

【阪神】追い風と逆風の狭間で

このエントリーをはてなブックマークに追加

独走を決定付けるために譲れない広島と、優勝するためには絶対に負けるわけにいかなかった阪神の一戦。

そんな意地と意地がぶつかり合う試合だったように思う。

そういった”チーム”としての集団を”個”の力で打ち破る、そんな形で絶対王者に引導を渡され、破綻してしまった、そういう風に終盤は見えましたかね。

うちとしても、チーム全体としてそういう戦う姿勢は見せれていたけども、それすらを打ち砕く広島の絶対的な強さが見え見えになった。

無論、だからと言って課題が全くなかったわけではありませんが。

アキレス腱断裂の大怪我から復帰した西岡が、文字どおりに雰囲気を変える。

「こいつならやってくれる」 そういった各々の期待は周りと合わさって、雰囲気を作る。 作られた雰囲気は当然相手に伝わり、不安を与え、「こういうプレーをしたい」から、「こういう失敗はいけない」という危惧した考え方に変わる。 脳内のイメージを具現化する力を持った人間は、いけないと分かっていても、不思議とそれをしてしまう、そして痛打される。

こういう選手がいることで、バッターに注意が向きすぎたり、前のバッターへの攻め方が甘くなったりと、メリットはたくさんありますが、本当にそういった選手がいなかった。

一発でムードを変えることもなく、糸井も欠け大人しくなってしまっていたであろうチームには、本当に大きな復帰だと思います。

さて、前述の通り、広島3連戦一番の敗因として、「最小失点」という部分だと思う。

それにはどうしても、長打が絡み、それをさせない攻めが出来なかった。 ここに対してのアプローチが甘かったからこその、あれだけの大量点に繋がっているのだと思う。 もちろん、西岡やマテオの落球(未遂)然り、守備の部分もまあ、酷かったですけどね。

二戦目で言えば岩貞、三戦目だと桑原に対して、簡単に踏み込んでくる打線に、高低も左右もない、”意識付け”の全くない攻め。 もちろん、高めを使うことにはそれ相応のリスクも伴うが、チェンジアップを活かしたい岩貞、高めのストレートで空振りを取れていた小野を見ていると、 高めを意識させた中での低めの変化球を使えていたのなら、もっと結果も変わっていたのでは。 と思います。

繰り返しますが、高めを使うのはリスクがある。 しかし、たとえそれが相手が釣られずボールになったとしても、相手の目線が高めにあるため、次の低めの球が少し浮いたとしても、低く感じて見逃してくれたり、打ち損じてしまったり。 残像を与えられない攻めになって、三振も取りにくく、球筋に慣れられてしまったのでは。

まあ、諦めてしまったわけではないですけども、間違いなくこの「大敗」は、今季を決定付けるものになったのではないですかね。

虎テレのTwitter公式アカウントも運用停止してしまい、私がテレビを見ていて勝ったのは最後いつなんだろうかと、 何か色々失い悲しくなった敗戦でありました。

※虎テレさんのコメントについて、「こんな試合」と言った部分に批判が集まってしまってるようですけど、

糸原が怪我してしまったり、大敗してしまったり、それを含めての「こんな試合」という感想になってしまったんでしょうから、 「公式アカウントがこんな試合ってどういうことなんだ」等々も、監督が「こんな試合してしまって申し訳ない」と言ってるのと一緒なんだろうから、

私には、ファンのチームが負けた腹いせをただ単に八つ当たりとしてぶつけてるだけのようにしか見えなかったですけどね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「【阪神】追い風と逆風の狭間で」へのコメント

コメントありがとうございます。

もちろん、仰る点を踏まえた上での文面だったんですけど、貴方が出してる例も全く一緒だと思いますよ。

貴方のいう日本の政治家は、チームの球団の監督で言うなら日本の総理大臣と同等でしょう。
日本の公式アカウントが言うのと、日本の総理大臣が発言するの、そこにはどこに違いがありますでしょうか。
また、日本の総理大臣じゃなしに、政治家が発言するのも同じでしょうけど。

「【阪神】追い風と逆風の狭間で」へのコメント

あまり賢くない方?

チームを預かる最高管理者の監督が言うこんな試合(当事者)と

チームに近い存在として存在はしているがそのチームで金を得てる立場のこんな試合(企業としての立場)は意味がまるで違いますよ

公式アカウントの意見はその団体の総意ということにもなりかねません

例えば日本の公式アカウントが存在したとして、他国の批判を発信するのと
日本の政治家が個人で他国について発するのとでは意味が違います
後者は個人の意見であり、それが良いか悪いかは置いて置いてその発言の意図や責任は個人にあります
団体の公式とはそういうことです

もちろん日本人のネットが荒れているのは別の問題です
勘違いされないように

後から便乗して批判している奴らは論外ですが、大元が間違っています

こんな記事も読みたい

気分を変えて…新井さんの記録について【ミーハーなカープファンのブログ】

7/17~7/19 対広島戦(甲子園)ダイジェスト~「大誤算」の連続~【愛媛の虎党の呟き】

心配がないことが心配(笑)【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

明日からどう戦うのか【トラコ好きの虎男】

あの夜のカープ戦に大敗したことが決して無意味ではなかった、と2,3年後に言えるようにしよう!【ぷかちょの、野球はツーアウトから。】

いとまき【言うはヤスシ】

虎は簡単には、倒れナイ【妻を虎党にさせる-おっさんのブログ】

阪神タイガース なんか違う【ラテンアメリカの虎】

ブロガープロフィール

profile-icon53akahoshi

よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:30
  • 累計のページビュー:898708

(12月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【阪神】高山の凄さと金本監督の意図
  2. 【阪神】いっそのこと
  3. 【阪神】方向性
  4. 【阪神】本当にこれで
  5. 【阪神】飛べない鳥、飛ばない虎
  6. 【阪神】この状況は監督の責任?
  7. 【阪神】崩壊、そして壊滅
  8. 【阪神】バツの悪いCS
  9. 【阪神】光明と失敗の共有
  10. 【阪神】情けないよ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2015
09
08
05
2014
10
09
2013
07
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss