ウル虎ブログ

【阪神】飛べない鳥、飛ばない虎

このエントリーをはてなブックマークに追加

心機一転、意気揚々と後半戦スタートも巨人にコテンパンにやられ3連敗の阪神。

それに加えて岡崎が骨折、榎田は内転筋座礁、西岡はアキレス腱断裂の大怪我で今季絶望的、ゴメスがまたまた不調に陥るという、もはやノックアウト寸前の瀕死状態。

打てない代わりに守れるのかと言われても、

安心してください、守れませんよ(もはや死語)

と、一向に大事な場面でのミスが減らない。

例えばあまりの酷さにファンを震撼させた某巨人戦での野戦。

“二人に”ランナー鈴木、打者坂本という意識が足りていないのが露呈していた。 もし、鳥谷がもっと速くトスを出していたら。西岡が早くベースに入り鳥谷を急かしていたら、前に出て、伸びて捕球していたら。

と、どこか一つが実行されていれば間違いなくあんな事象は起きていない。

まず、あれだけ跳ねると打者坂本という時点でゲッツーは不可能。 そうするとセカンドでアウトを取りにいくが、あれは間違いなくアウトのタイミングだったので、そこには問題がない。 にもかかわらず西岡はベース上で捕球後スローイングの体勢へ。

ゲッツーを取れると判断したのかどうかは分かりませんが、それならそれで問題アリですし、鈴木が迫ってきていることに対する視野の狭さもそう、そもそも、アウトの優先順位は? 言語道断、セカンドが優先でしょ。

そこまでの意識が足りない西岡の守備に、 そこへマイナス×マイナスでプラスになるはずもなく、

鳥谷の下手な守備が上乗せされる。

もちろん彼自身もあそこまで体勢が高いとランナーの位置が見えたはず、また、鈴木と意識出来ていたらもっと速くトスを出したはず。

そんな二人が重なってこその守備でしたかね。

守備に関してはまっだまだありますが、とりあえずこの辺にしておいて、、、

タイトルにある、飛べない「鳥」、 そうです、鳥谷の件です。

ここ最近ずっと二番でスタメンの彼。 にもかかわらず全く仕事が出来ていないと言っても過言でないキャップ。 ランナーが出ていても進められず凡退するという場面も多い。

まあ、進められずアウトになるのはまだ許せるとしても、 アウトになる内容が悪過ぎるのですよね。

せっかく先頭が出塁して先制するぞと良い雰囲気の中で簡単にポップフライを打ち上げてしまうのが多い。

単純に彼で流れを止めてしまっているのですね。 流れで勝つチーム負けるチーム関係なく、どこのチームにおいてもそう。

だからええ加減二番から外さないと打線も繋がるもんも繋がらないのを気づいて欲しいが首脳陣は執拗なほどに鳥谷二番起用。

では二番でなければ彼は打てるのか? そんなことを考えていると面白いデータが。

http://full-count.jp/2016/07/18/post38659/

それがこちら。

よくもまあここまで細かく調べてくれたなと言いたいのですが、、、

要は、 ①ストライクゾーンに積極的に手を出している ②引っ張った打球が増えている

ということで、やっと鳥谷があれだけ変化球に簡単に抜かれる理由が分かりました。

積極的にストライクゾーンに手を出すという部分に関しては全く問題がない。 同じストライクゾーンでも、アクションを起こそうが起こさまいが、無理に厳しい球をフェアゾーンに入れない限り、結局はストライクなのだから、そこに関しては文句をつける必要はない。 むしろ前が動かなさすぎで、ファーストストライクから甘い球を見逃すという場面が多々ありました。 ピッチャーの球のキレやノビ、タイミングなど、振っていく方が合いやすい場合が多い。 ツーストライク取られると厳しいコースを攻められる訳だし、ワンストライク後でも、バッテリーの選択肢が多い分、ファーストストライクが一番甘い球が来る確率は高いという指標は出ているし、絞るのも容易。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「【阪神】飛べない鳥、飛ばない虎」へのコメント

コメント頂いているのに気づきませんでした、すみませんでした…

確かに鳥谷がずっと物足りないとは言われ続けておりましたが、ホームランを増やそうとすると打率が悪くなる。彼の、あのままの状態からホームランを増やすというのが厳しいということが分かりました。
それも、変えてこそのことですから、決して無駄ではありませんでしたし、来年以降、彼がもっと頑張ってくれると期待しております。

【阪神】飛べない鳥、飛ばない虎

鳥谷の件は、打撃のスタイルを今更ながら変えた
のがよくなかったですね。
言われるとおり鳥谷に引っ張れということに無理
があるんですよ。
なにか鳥谷自身に勘違いさせたというか…
金本監督ももう少し具体的に教えてあげたらよかった
のにと思います。
青木とは全く違うタイプなんだから。

「【阪神】飛べない鳥、飛ばない虎」へのコメント

コメントありがとうございます。

私もそれ、どこかで聞いた記憶が…

左手の押しが強いのなら、外を意識した中で、内が来た時詰まりながらもライトの前へっていうバッティングが出来るはずなのですがね。

昨日のエラーで思いましたが、彼は目を悪くしているのかもしれませんし。

【阪神】飛べない鳥、飛ばない虎

コメント失礼します。

今季の中継の中で、解説者は誰だか忘れてしまいましたが、鳥谷が「左利き」だという話をしていました。

僕も野球をやっていたころは「右投げ・左打ち」でしたが、元々で右打ちからいわゆる矯正された記憶はありません。しかし、普段の生活は殆どが右利き、右手が主で行います。でも、相撲を取れば左手で投げを打つ方が得意だったり、握力に関係なく左半身側が前にあってリードする体勢が性に合ったりします。

その事とは関係ないのかもしれませんが、鳥谷が普段左利きで主な生活様式をこなしていることは、やはり右手よりも左手が強いことを意味しているんだと思いますね。

つまり、バッティングでは右手でリードして、左手で押し込む力が右利きの左バッターよりも人一倍強いということ。即ち、レフト方向への打球がグングン伸びていく、事を表しているんだと思いますね。

通常、走者が一塁に居るケースではゴメスみたいな足の遅い選手以外ではベースに付くので、一二塁間が大きく空きます。引っ張って一、三塁を作りたいんですが、ライトに大きいのが少ないとなるとライトも前に守りますからエンドランをかけないと一塁走者は二塁でストップとなるケースも多くなります。
そうなった時に3番・江越とかになると思わず、これってチャンスなんだろうか?って考えたくもなります。 (笑)

と、なると鳥谷は2番打者としてはあまり適してないのかもしれませんね。

こんな記事も読みたい

2000本安打も通過点。そんな先輩が前を打っていると、鈴木誠也はどこまでも前に行ける。 【千葉からスポーツを語る】

幕張のスピードスター【小坂の守備を肴に酒を飲む】

手負いの虎【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

首位対最下位!【阪神タイガース愛ゆえに】

虎戦士、皆、西岡選手の為に・・・チーム一丸!!【妻を虎党にさせる-おっさんのブログ】

日シリ2003(じゃなくて2005)の西岡は憎たらしかった【野球賭博漫画「カケザル」の原作者の太田ぐいやがスポナビblog始めました】

後半戦初勝利はいつに【トラコ好きの虎男】

西岡・・・代走え~やまと!【阪神タイガース愛ゆえに】

ブロガープロフィール

profile-icon53akahoshi

よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:2446
  • 累計のページビュー:896033

(12月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【阪神】高山の凄さと金本監督の意図
  2. 【阪神】いっそのこと
  3. 【阪神】方向性
  4. 【阪神】本当にこれで
  5. 【阪神】飛べない鳥、飛ばない虎
  6. 【阪神】この状況は監督の責任?
  7. 【阪神】崩壊、そして壊滅
  8. 【阪神】光明と失敗の共有
  9. 【阪神】バツの悪いCS
  10. 【阪神】情けないよ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2015
09
08
05
2014
10
09
2013
07
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss