フトボル男

第16節 エイバルVSバレンシア 実験的3バック

このエントリーをはてなブックマークに追加

昇格組ながら16節を終えた段階で9位。開幕前のスペインメディアのアンケートでは降格候補として名前の挙がっていたエイバル。現時点でバスク地方に属しているチームのなかで最も好成績を収めているというのも印象的だが、実践しているフットボールもまたそうだろう。ホームの狭いピッチを可能な限り広く使い、大雑把な組み立てはしない。この試合では、中盤を省略してロングボールを蹴り込んだ場面はとても少なかった。バレンシアの前からのプレスにおいてGKが回避するために前線に蹴り込むことはあったが、必死さ故にその場凌ぎのために闇雲に蹴るのではなく、パレホのところや新システムを採用してきたバレンシアのWBとCBの間にあるスペースを使おうという狙いが見えた。その上で、サイドから迫力を見せるシーンを作りだし、決定機を演出しようとはしていた。冷静に試合を運んでいたのはエイバルの方だろう。それでも勝てないのがフットボールということだろうが。 一方のバレンシアは勝利したもののとても苦しめられた。アンドレ・ゴメスの中盤でのキープや運ぶドリブルによるスペースメイクや相手の引きつけというオプションを欠いていたということもあって、前線と中盤が思うようにリンクしない場面もあったり。また、ネグレドとパコの共存という新システムによって、攻守に敵以上に味方が混乱していたことも印象的だ。まだまだ突き詰めていく部分は多数ある。ブレーク前に課題として大きく残ったが、チームにとってはプラスと考えていいだろう。攻撃面では前線の2人が連携して同時に輝く部分は数回ぐらいしか発揮できなかった。それでも、やはり浪漫がある組み合わせである。終始空回りしていたわけでもなく、形を見せようとする姿勢は伝わったのだからポジティブに考えるべきだ。 そういった実験を手探りでしながらも、この苦しい試合で勝ち点3を得て終えたのだから、バレンシアは4位以上を狙う事も出来る自力があるということだろう。

バレンシアは2トップを軸に前からプレス。また、バレンシアがボールを持ったら、エイバルも前から奪いに行く。どちらもペースの探り合いと奪い合い。エイバルは基本的にビルドアップ要員兼カバー役として3CBを自陣に残しており、GKのイルレタに戻してロングボールを使ってバレンシアのプレッシングから回避。ピアッティ-オルバンの間のスペースや裏とフェグリ-ムスタフィの間のスペースやその裏へ蹴り込むイメージ。

ネグレド、パコの共存のために中盤を削らず、最終ラインから1枚減らしたバレンシア。フェグリといったWBを中央に絞らせて、そこで数的優位を作り、デ・パウルといった間受け職人によるスペースの侵入でボールを落ち着かせたい。そこから前に進みたいものの、エイバルのコンパクトなプレッシングにハマる。ペースが掴めない立ち上がりで、バタバタとした無秩序な雰囲気が漂う。

自陣でブロックをセットするわけでもなく、エイバルも前から積極的に前からプレス。ゴールキックや前プレ回避のためにディエゴ・アウベスからのロングボールはネグレドのフィジカルを活かして基本的にターゲットに。ある程度計算の出来るネグレドは流石だ。

バレンシアのビルドアップ要員でもある3CBにボールが入ったら、エイバルは2、3枚のプレッシング要員が仕掛けるが、パレホが浮くポジショニングを取る。ボールを楽に受ける。エイバルのドブレピボーテの一角でもあるダニ・ガルシアが慌てて奪いに行くが、ワイドに張っているムスタフィを使って、広大な2トップ脇からボールを進める場面もあり、パレホが中盤とビルドアップ要員の鍵を握る存在感を示す。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ・エスパニョーラ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【 岡崎慎司 】 個としてのパフォーマンスは好調だが残り3試合で4得点できるだろうか? 来季にマインツが日本人選手を獲得するとしたら? 【 マインツ vs ハンブルガー 】【FCKSA66】

UEFAクラブランキングについて【欧州サッカーをランキングから眺めてみよう】

プチ同窓会でドキドキ!! ~ CLセミファイナル ユベントス対レアル・マドリー~【Footballに夢中】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:76
  • 累計のページビュー:235454

(10月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  4. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  5. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
10
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss