フトボル男

第15節 バレンシアVSラージョ 開始30分で終わった試合

このエントリーをはてなブックマークに追加

番狂わせは起きず、バレンシアが上手かった。スペインのメディアによっては「およそ30分でバレンシアがラージョ相手に試合を終わらせた」と揶揄された試合。前半でフェグリとピアッティが3点決めて、危なげなく試合を殺した。途中でアンドレ・ゴメスが退場したことで、守備に比重を傾ける際でも守備一辺倒になることもなくバランスを欠かず、きっちりと跳ね返してカウンターに繋げていた。選手層含めた両チームの前線で起点になる選手のクオリティの違いが、ハッキリと差が出るシーンもあったり。それは順位表通りの力関係に直結しているということだろう。 バレンシアの攻守でのバランス面の良さに比べて、ラージョはやはりバランスの悪さが対照的に目立つ。それがそのままスコアに反映された形とも言える。これは仕方ないことなのだが、ラージョはその部分を改善しないと順位をより上げるには難しいか。それでも今季はそれほど悪いシーズンを過ごしているわけではないが。安定感という意味においてまだまだである。 パコ・へメス監督の一貫したスタイルに愛らしさはあるけれども、それは第3者から観た場合。サポーターはスペクタクルな超攻撃的フットボールに夢は観るだろうが、現実は壁として立ちはだかり厳しいものだ。確かに夢は託せる内容であるが評価は難しい。 ボールを保持する時間を増やすための仕掛けは整備されている。しかし、攻守の切り替えでの強度とビルドアップ面でのミスに数的優位を作って余った際の状況判断はまだまだ修正して、突き詰めていく部分はある。 今後も注視していくだけの価値はあるパコ・へメス監督の妥協しないフットボール。追いかけて行きたいと思わせるだけの魅力はある。あくまでも第3者としてだが。

試合の立ち上がりから後方で落ち着かせたいバレンシア。前から積極的にボールを保持する時間を増やそうとするためにプレッシングを仕掛けていくラージョ。 レオのプレスバックを用いて、アキーノ、ブエノでガヤのサイドでボールを刈り取ろうと挟み撃ちを狙う。レオは中盤のみならず、GKのディエゴ・アウベスまでプレスを掛けに行き、ラインも高く維持するラージョのディフェンス陣。繋ぐためにワイドに広がるバレンシアの2枚のCBに対して、ボールが出た方にブエノが猛烈に追いかける。守備的タスクを課されている職人のハビ・フエゴは最終ラインとリンクすることが多いが、そこにホサベが飛び出してトップ下(ブエノ)の位置まで上がり、マンマーク気味に付く。ミドルパスやロングボールを蹴らせて、ラージョはボールを回収しようとする。

バレンシアもラージョ陣地から奪いに出るスタイル。激しいプレッシングによる攻防。ボールサイドに偏って人数を動員。ネグレドのプレスバックで中盤に厚みを。ラージョのショートパスを主体とした難しい場面で足元への繋ぎによるエラーやイーブンボールをバレンシアが回収して最終ラインにボールを預けると、ホサベがスルスルと上がりピボーテ番に。ブエナも同様にもう一枚のピボーテを見張る。

そこでバレンシアが修正。ハビ・フエゴが最終ラインに加わり、3CBの形に。ピボーテ番のホサベをより前に釣り出して、中盤に降りてくるデ・パウルをフリーにさせる。度々、デ・パウルへのマークが甘くなり、パスを引き出させてしまうラージョ。デ・パウルを捕まえきれないラージョのディフェンス陣。デ・パウルは前にチェックに出たピボーテ番と後ろのサポート役になっている選手の間にあるスペースに出入りをしている。対応が遅れる。 ホサベもピボーテ番としての役割が曖昧となり、最終ラインに入ったハビ・フエゴのところまで行くべきなのか迷う。 相方のバエナはやや後方でビルドアップ要員兼中央を埋める役割(甘いが)。プレッシング要員の枚数が揃えば、バエナがポジションを捨ててボールホルダーに行く場面もあり、兎に角バレンシアがボールを持つ時間を削りたいという狙いは見える。しかし、ホサベの仕事が中途半端に。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ・エスパニョーラ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アンチェロッティ監督との再会を喜ぶピルロ「僕を最高のプレーへと導いてくれた恩師」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

第14節 レアル・マドリーVSセルタ ただいま連勝街道なり【フトボル男】

観戦者として【no title】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活。ボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年の目標はJリーグで好きなチームを見付けてサポーターになること
  • 昨日のページビュー:23543
  • 累計のページビュー:95323

(04月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  4. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  5. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  6. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと
  7. Liga BBVA 後半戦の私的ベストイレブン
  8. 第13節 セビージャVSグラナダ 天才の輝き
  9. SBについての覚書
  10. 戦術家エメリの奇策、そして「バネガ落とし」とは…分析するとか

月別アーカイブ

2017
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss