フトボル男

マニータを経て ネイマールとの本当の別れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

エスパニョールを一蹴したバルサ。今季のエスパニョールはキケ2年目の下、実に成熟した442が選手の特性にハマっている印象が強い。今季はEL圏争いもあるのではと開幕戦のクオリティから妄想したくらい。特に、レオとジェラールの2トップの破壊力というか前進する力はリーガでも上位クラスであるし、ハビ・フエゴ、ダルデル、マルク・ロカ、グラネロ、ディオプといった442を締める豊富なCHの存在感は立派なものがあるし、SHとして攻撃のみならず守備時のポジショニングとしても際立ってきたピアッティのセンスも目立つエスパニョール。 それをマニータで蹴散らしたバルサには驚かされた。 本記事は、エスパニョール戦でのバルサの変化について書いたもの。

【本当の意味でのネイマールとの別れ】

ネイマールとレオ・メッシの関係性は互いに意識したリスペクトであり、フレンドリーでありつつも、タフな関係だったと思う。MSNというサッカー史に残るような破壊力を有したトリデンテの両翼。試合の中、メッシはネイマールを見て、ネイマールもメッシを見て。今夏の衝撃的で歴史的なビジネスは、ネイマールがメッシをリスペクトしつつもライバルという立場へ踏み出すために、そして超えるために、パリの街でチームの顔として君臨する立場を選んだ。それはメッシへの畏敬の念だけではなく、王国ブラジルを率いるスターの宿命として選ばざるを得なかったものだと思う。

ネイマールの移籍は、左SBのアルバを透明人間から復活させた。横幅としてのSBの役割だけではなく、サイドを抉ることが出来る縦への速さ、繰り返されるオーバーラップは、ネイマールを助けるものではあったが、アルバ自身が報われるものでは無かった。ネイマールは4-4ブロックを舐めるような横断ドリブルから中に切れ込むことも出来る。その視線の先にはメッシがいる。フットサル仕込みのボールを受ける技術(デスマルケ)が飛び抜けており、横だけではなく縦への仕掛けも単独でこなせるので、相手SBを混乱に陥れるのは難しい仕事ではなかった。 その圧倒的パフォーマンスは左サイドをネイマール単独で管理するようなもので、バルサがチームとして停滞した時でも、ネイマールに預ければ前まで運べてしまう事実。ネイマール自身の責任感、エンリケ時代のMSN至上主義的前輪駆動型のように歪んでいくチームモデルのバランスを考慮した時、ネイマール自身の守備時の負担も増していった。 以前は、ネイマールが降りる動きをしてからSB裏に抜けることを頻繁にしていたシーズンもあったが、攻守におけるペース配分を考えてからか年々足元への要求が強くなっていったのは仕方ないことかもしれないが、個人的には喪失に近い感情も湧いたのを覚えている。

そのネイマールが居なくなった今季。左サイドをそのまま空けるという、ネイマールのスペアで埋めるとは違う手法を披露したバルベルデ。スペアをそのままのモデルに使用しても、それは昨季のサッカーからネイマールを引いて付け足したようなものでしかならず、ネイマールよりもダウン・グレードしたものでしかならない。そういう意味では、今節のシステムは論理的で従来のバルサに正したと言える。時計の針を少し戻したような錯覚を覚えるが、選手の加齢もあって確実に落ちていくもの。特にトランジションの面が顕著であり、それに悩まされてきたバルサだが、IHとブスケツで相手を捕まえるインテンシティは際立っていた。変則的システム変更によって仕掛けるエリア(中央のメッシ)が限定的になったので、ボールを失うスペースが予測しやすくなったことが大きい。従来のメッシが右WG~中央だった場合、右サイドから中に入っていくスタイルだと、ダイレクトにメッシの守備問題が浮上する。そこからラキティッチが釣り出された後のスペースと消耗していくブスケツ問題と向き合ってきたバルサ。それらを整理して一気に解消されたかどうかは様子見であるが、今節のようなブスケツのパフォーマンスならば安心安全のような気もする。それくらいトランジション面が向上していた。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ・エスパニョーラ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

攻撃力不足で尻に火が点いたぞ!クロアチア!【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

スハーケン 「僕は決してラッキーだったわけじゃない」【我がフェイエノールト】

vs RCD Espanyol 5-0 ◯ 【メッシ依存】【no title】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:3306
  • 累計のページビュー:230015

(09月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  4. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  5. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss