フトボル男

ビエルサ、大変 リール対ボルドー

このエントリーをはてなブックマークに追加

代表ウィーク明けのビエルサのリール。夏の移籍市場では戦力整備という名の追放劇もあり、結果の出ないピッチ上のバタバタ感のみならずピッチ外のカオスも表面化してきました。それでも、その辺のゴタゴタよりもビエルサの戦術面の仕込みがどれくらい浸透しているかどうかに注目していたので、今のところは定点観測しているリールの戦術がどう変化していたのかを意識して観戦しました。マッチレポは以下。 第1~3節までのリールの戦術的纏め記事 第4節のリールの戦術的変化の記事

リール 4231 ボルドー 433

【リールの守備】 ボルドーのビルドアップはGKを組み込んだ形で、ワイドの2CBにはリールのプレスは走って死んで。それでも枚数が足りないので、1stDFで奪い切るよりも後方のDFライン(マンツーマン的)で捕まえようと。 プレシッングの形は変わらず。迎撃SBはボルドーのWGがハーフレーンでエントレリネアス準備したら、縦パスが入ろうとするタイミングで掻っ攫う気満々。降りる動きにもWGとそのままデート。そのSB裏はCBでスライド。CB間が空かないようにもう一枚のCBも連動。逆SBは絞らないで相手WGをマークする形。ただ、ボルドーのアタッカー(逆WG)の位置がボールサイドではないSBCB間ならば、ボールサイドの処理に追われるCBとのCB間の距離がポッカリ空くので、ビルドアップ時のSBの守備タスクは整理されているけど、押し込まれた場合のWGポジショニング問題(SBCB間)は中途半端。 また、ボルドーが中盤省略のロングボールを行うこともあるので、それに対しては前プレで縦スラしているSB裏を右CHがカバーすることも。SBをそのまま高い位置に送り込みたいので、もともと一枚のCHはリスク管理的ポジショニングで残り気味~ボルドーの1トップ脇

撤退時は442 ボルドーのバックパスには犬のように走ることが義務付けられているから、死ぬまで走るしか無いのだけど、前線の猟犬プレスに後ろが縦スラしていない場合、前線が捕まえきれずにワイドから前進された時、ドリブルでするすると運ばれるのでマークが気持ち良くズレていく。それでボール奪取後のポジトラ問題。ネガトラのマンツーマン的プレスは鍛えられているけど、ポジトラはかなり怪しいまま。自陣でボールを回収した後、SHにスペースある状態で仕掛けられるような状況をどのように作り出すか。

【リールの攻撃】

攻撃のデザインは、サイドの縦の速攻をイメージ SHの縦の仕掛けとSBのオーバーラップ。早い仕掛けならクロスに対するエリア枚数は2枚(CFとSH)でも大丈夫攻撃。でも、それは定位置攻撃の場合に限るようで、ポジトラ時はSHのドリブルで如何に頓智期待できるかの割合濃いめ。追い越しが弱いので、枚数的にも足りていなかったり。 ビルドアップは2CBで出来るだけ運びたい。3CB化はしたくない派閥。CHのポジショニングを下げたくないから。ボルドーが433前プレするわけでもないから。そのため、ボックス型ビルドアップとして2CHは関わるし、ボールサイドのSB(非対称型)もある。でも、基本は2 CBをどれだけ自陣高いエリア(ハーフライン付近)まで運べるかどうか。SBが低い位置で組み立てに参加すれば、SB-SH間が空く。SHは外張りでは無くてHS~裏抜け準備をしているから。そこでSBの縦関係が存在しないので、CHがパラレラで前進して、サイドに偏らせてから逆サイドへ展開してSHのアイソレーション。判断の連続性がスムーズで面白い展開だったので、多分練習している形。CHのダイナミズム、展開力、SHの単騎突撃力を活かすという意味で楽しいアイデア。メインは、裏取りロングボールかCH脇~WG-IH間での受け手になるSHから前進。ボルドーのCHを如何に動かすかが鍵。それにはトップ下かCHのポジショニングが必要。相手が食い付けば、MFラインとDFラインの距離が長くなるので後ろが連動しなければ、そのままスペースが広がった場所(MFライン―DFライン間)のハーフレーンか外を使える。DFラインが連動した場合は、裏へ抜けるために一本送り込むみたいな。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ビエルサ
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Borussia Dortmund II vs SV Rödinghausen @Regionalliga West【J-UNITED BLOG】

アルメロで安堵のため息(第4節:ヘラクレス-uit)【我がフェイエノールト】

【 柴崎岳 】 何かを変えようとする必要があると思う。 【 レガネス vs ヘタフェ 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:231073

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  4. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  5. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss