フトボル男

ビエルサ後 マティアス・アルメイダ編-CDグアダラハラ分析

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝手に連動企画!第二弾。フットボリスタ2017年6月号のビエルサの弟子特集記事からインスピレーションを受けて、アルゼンチン新世代監督をチェックしてみようという企画記事。ビエルサ以降の新世代監督紹介記事の具体的な内容が気になる方は是非とも購入を検討して下さい。 前回のマルセロ・ガジャルド編に続いて(ロマン・イウチ氏曰く「ガジャルドはプレッシングと縦の展開はビエルサの影響を受けている」)、今回はマティアス・アルメイダのチームを今季の数試合から分析してみました。 メキシコリーグを真面目に観るのは初めて。RBライプツィヒのストラテジーアドバイザーのヘルムート・グロースが、「(戦術的に)アルゼンチン、チリ、メキシコでは驚くべき発想にたびたび遭遇する」と述べていたので、期待は大きかったわけですが。

【グアダラハラの攻守の特徴】 攻撃時4231 守備時 前プレ4231→撤退442

前プレはマンツーマンDFでCBの縦スラは当たり前。ビエルサの影響大。メキシコのクラブチームを真面目に観たのは初でしたが、ラテンの香りがとても強い。普段、観ているリーガに似ている。 ビルドアップはGK込み。菱形化~ボールサイドの(非対称的)SBでバランスを取りながら、ワイドにボールを動かしていくコンセプト。底変化のCHは固定ではないのが特徴。相手の前プレに対しては、ペップの「ビルドアップは7対5に収斂する」の典型的モデルに落ち着く。CHは前プレ1列目突破~縦関係でボールサイドに1枚と中央に1枚配置よりも、どちらもボールサイド寄りで降りてきたトップ下と列調整もある。 常に逆SHは外張り。DF時には相手SBにSHが死ぬくらいデートだから、DF時そのままのMFラインのSHの場所がエアポケット化するからクロス~HS狙いは大変。あとは、どちらもCHがボールサイドに寄りすぎるので中央もCBの縦スラ頼み。その辺のアグレッシブさは南米的ケースをそのまま。 一方で、CBの横スラは曖昧。単純なロングボールはハッキリしているけど、縦スラよりも微妙で、あまりエリアから動かしたくない派閥。ポゼッション~ネガトラ~組織回復で、ポゼッション時のワイドのCBを絞らないといけないから。特に中央ゾーンにおいては、CHのボールサイド寄りポジショニングから、リスクはCB依存という一面もある。

ポジトラ~ポジショナルな組織回復~定位置攻撃準備は鍛えられているけど、ポジトラからの(単騎)スプリント込みの仕組みはアバウト。カウンター機会は前線へのアイデア任せ的要素が強い。SHが単独でどれだけドリブルで運べるか勝負。前の選手も抜けるよりもDFライン前でレシーブ派だから、追い越しの面が弱い。基本はボールを愛するポゼッション型のチームデザインで、クリアよりも低い位置からでも繋げるなら繋ぐ。

ビルドアップ時 ビルドアップの出口はサイド。トップ下は底変化ローテCHとの兼ね合いで、相手MFライン間~手前のスペースを意識したポジショニングはCHとの列調整(トップ下込みでのローテあり)~サイド 具体的には、GK+ワイド2CB +CH(CHは2枚間でローテ)+SB(ボールサイドは低めで逆サイドは高く)→サイドの数的優位(SH、トップ下、CH、SB)から、ビルドアップを破壊しようとする相手プレッシングを回避しながら、逆サイドの展開も込みで。 ライン間でトップ下がエントレリネアスで蹂躙するパターンではなく、そこへの縦パスはあまり見られず。それよりも、2列目前のスペース込みでのHS~サイドに掛けて人を集めて展開。ただ、逆サイドにはSBとSHが配置されているから、CBへのバックパスから含めて一発でということもあるのでワイドの展開がある。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ビエルサ
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スタメン発表でスポンサー企業を訴求する。スポーツチームのSNS有効活用を考える 後編【スポーツマーケティングレポート】

ヨング・オランイェ、スコットランドに敗れる(EK予選:スコットランド-uit)【我がフェイエノールト】

ロシア・ワ-ルドカップ予選 スロヴェニアvsスロヴァキア戦【 コーチング備忘録   濱吉正則公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:231488

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  4. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  5. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss