フトボル男

ビエルサ後 マルセロ・ガジャルド編―リーベル・プレート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年はリーガ・エスパニョーラという箱全体だけ集中的に追ってきたので、偏っていた中で情報のアップデートの要素が欠けていた。人間なのだから偏るのは当然なんですが。ペップのマンチェスター・シティはチラ見していたけど、それを痛感したのが昨季のサッリ・ナポリ。感動した。素晴らしかった。 以前は、カテゴライズするならリーガのみ「狭く深く」派だったけど、ナポリやホッフェンハイムとかを観ると「なるべく広く」触れた方が良いと思わされた。勿論、その2チームは質的に別格なんだけど、そういったトレンドやらイノベーションみたいなのは起きていて、全体のリンク性を感じ取るためには「なるべく広く」と。でも、人間一人でどうこう出来る情報量ではないので、ある程度の割りきりは大事になるわけで。 千葉雅也は『勉強の哲学 来たるべきバカのために』において、「勉強は自己破壊である」と述べている。それが個人的にはサッリのナポリだった。コンセプトよりもクオリティにビックリし、破壊された。観たことのないチームを真面目に観てみようと思わされた要因である。

それで今回取り上げるのはマルセロ・ガジャルドのリーベルプレート。ロマン・イウチ氏曰くビエルサの影響を受けているとのこと。昨季の試合含めてリーベルプレートの試合を観たので戦術的要素を纏める。だけど、これがコンスタントなものなのかは分からないので、詳しくはアルゼンチンサッカーファンに訊いて下さい。その辺りが「なるべく広い派」の弱い点なんだけど。 月刊フットボリスタ6月号45刊は「16-17を支配した5つの戦術トレンド」特集だった。その中で興味深かったのは、ビエルサの弟子たちの記事。そこでアルゼンチンの新世代監督5人について軽く書かれている。マティアス・アルメイダ、ガブリエル・エインセ、マルセロ・ガジャルド、ネルソン・ビバス、ギジェルモ・バロスケロット。 「ビエルサの魂を継ぐ者たち」なんてフットボリスタのコピーを見たら試合を観たくなるのが性よ。ビエルサ最高だからね。 今のビエルサが分かるのはこちら→ おかえり、ビエルサ!リールの戦術分析

暑中見舞い ビエルサ試行錯誤中 アンジェ対リール

リーベルプレート 442(4312 or 4222) ポジトラ時4411 最前線のCFは偽ピヴォ的要領のサイド流れで中央を空けて2列目以降の飛び出し用スペース  最終ラインでのボール保持時、CBはワイドに位置取り、CH落としあるけど、GKは蹴っ飛ばす。

【4312の攻守の特徴と課題】 ボールサイドのプレッシングの掛け方→最終ライン込みでの縦スラ+1列目の守備に横スラで走って死んでよりもチェックする相手は固定気味なので、1stDFが決まっていない状況では2列目から兎のように飛び出す。IHが外の選手にプレスを掛けて、前のシャドーはバックパス狙いで残り気味。だから撤退時は綺麗な3ライン(442)よりもプレッシング時のカオスからポジトラを計算して、サイドをやや残しで442~433のような形。相手のサイドからの前進に対して、IHが飛び出したCH脇をSBが前に出てケアも。SBが空けたスペースはCBの横スラ処理。CB-CB間が空いたらCHが埋めるところまでセット。CHがバイタル捨ててミドルゾーンの攻防にダブルチーム化で潰すことも。すると、CH~最終ラインまでには相手がポジショニングされている状況で、最終ラインの各選手にはマンツーマンDFの要領の対応。南米の香りそのまま。 ロングボールなどの縦の展開はCFのサイド流れが基準で、そこに蹴っ飛ばして零れてもボールサイドの選手(IH)は下がり気味の位置取りを取っているからリバウンドや1stDFを狙える状況込み。逆のFWは絞ってダイアゴナル狙い。IHは前線が孤立しないようにバランスを取るためにポジショニングを上げる。CH周辺が空くので、IH裏は最終ラインからの補填的カバーで処理。そのために最終ラインが絞るので対角は空くし、相手2列目からの飛び出しには付き切れないので結構怪しい守備。 CBが飛び出して処理したのに前線に収まらず、跳ね返されてピンボール化した際にはもう一枚のCBがスペースを埋める必要があるが、そのCBも相手FWに付いているので、スペースよりも人優先状態。SBも迎撃として中盤プレスに加わっている時は広大なスペースがある。早くボールを前に送れば早く戻って来る論の従兄弟みたいな感じで、相手ボールとして戻って来るのもしばしば。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ビエルサ
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ASモナコが、今夏の移籍市場で稼いだ金額を計算してみた。【東京ドームに計画停電を!】

リバプール vs アーセナル / ジャパン vs オーストラリア【くうねるサッカー アラウンド】

今季(2017-18シーズン)のプレミアリーグの順位を予想する。【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:1059
  • 累計のページビュー:231073

(09月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  4. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  5. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss