フトボル男

第14節 エルチェVSアトレティコ・マドリー 果敢な挑戦者を捻る王者の構図

このエントリーをはてなブックマークに追加

アトレティコファンは安心して観ることが出来た試合と言えるだろう。クリーンシートに抑えて完勝。お世辞にも決定機が多かったわけではないアトレティコだが、2点をきっちりと決めきる決定力。ガツガツとエルチェを押し込んで攻めまくっていたわけではなくても、要所できちんと沈める辺りは王者の貫録なのだろうか。終始アトレティコのターンではなかったが、両チームの力の差は歴然であった。アトレティコファンは気持ちのいい1週間を過ごせるだろう。 エルチェは降格圏内に沈んでいるものの、アトレティコ相手ということを差し引いても内容としては悪くない。エスクリバ監督の前日会見で話していた通り、守備のみならず攻撃面でも姿勢を出すことは出来た。ただ、圧倒的に足りない部分も。守備一辺倒ならずボールを運べることは証明した。後はチャンスメイクの演出方法。フィニッシュに繋げるアイデアや連携が欠けていた。前線に流動性とその距離感を変えるために2点ビハインドになってから途中交代で若手を積極起用したが、あまり見せ場は作れず。 そういった采配含めて試合途中でチーム全体が修正・振り切るほどのクオリティは無く、前に出ることが求められた場面で果敢に出ることは出来ても、アトレティコに剥がされたりと上手くコントロールされていた。 試合全体を通してアトレティコは強かった。その一言以上は蛇足かもしれないと思わせる試合だった。

試合について

エルチェはピボーテのモスケラが降りてきて、ビルドアップ要員になって後方でボールを回す。アトレティコの最終ラインで張っているだけではなく、バイタルエリア付近でジョナタスが降りて、そこにボールをシンプルに当てる。ヒメネスやゴディンが前にガツンと出てきて寄せきれないような上手い位置とテンポでボールを収めることが出来る。当然前からプレスを仕掛けているアトレティコ。捕まえきれなかった時にピボーテのティアゴの脇のスペースを使って、狭い所でボールを回す上手さを見せるエルチェ。終始、ジョナタスを起点に狭いところでも繋ぐように意識していたエルチェの技術。それを運動量豊富に走る戦闘集団のアトレティコ相手にどこまで貫けるか。そこがポイントの1つになるのが分かる立ち上がり。

アトレティコはフアンフランを高い位置に上げる従来のスタンス。同サイドのアルダは中央に絞って、ガビと右サイドで三角形を作る。2トップのマンジュキッチとラウール・ガルシアは押し込むために最終ラインに張り付いていたが、途中からマンジュキッチがサイドに開きエルチェのSBにマッチアップのズレを誘発。ラウール・ガルシアはバイタルエリアで受けるイメージに。 フアンフランの上がったスペースをガビが埋めて、ビルドアップ要員兼カバー役。ティアゴは前後のバランスを整えつつビルドアップ要員として残る。コケは神出鬼没で広いエリアをカバー。前にティアゴが出たら、コケが下がって恐い所をカバーすることも。プレスが掛からない最終ラインからゴディンがドリブルで攻め上がったら、ティアゴが下がってカバー。ガビは右SBのスペースを埋めつつ、必要に応じてボールホルダーのサポートのために上下動。ガビやフアンフランを使って右サイドからボールを前に進める。

対するエルチェはマッチアップのズレやマークの受け渡しをきちんと修正して、アトレティコの最終ラインがボールを保持している時はプレスを掛けることはなく、自陣にボールが侵入してから活動開始。ワントップや2トップを併用しているが、基本的にジョナタスはトップの位置に居て、その脇が空く。そこを使ってボールを運ぶアトレティコのビルドアップ要員にエルチェの2列目の選手達が飛び出してプレス。そのプレスは強烈なものではなく、ボールを奪ってそのままカウンターという狙いのあるものではない。ガビが間受け職人や裏抜けも出来るアルダに縦パスを出すものの、そこはきっちりと警戒されており、チェックが早い。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ・エスパニョーラ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

俺から見たコルドバ対バルセロナ【バルセロニスタ】

注目されるアトレティコの対バルサ戦の本気度【ジョルディのバルセロナ通信】

第13節 セビージャVSグラナダ 天才の輝き【フトボル男】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:76
  • 累計のページビュー:235454

(10月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  4. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  5. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
10
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss