フトボル男

フットサルと出会ってサッカーのことを考えました

このエントリーをはてなブックマークに追加

フットサルを観始めてから三ヶ月が経ちました。フットサルから得た衝撃は近年でもトップクラスの体験で、今ではフットサル観戦が趣味の一つとなっています。マジ感謝。 詳しくはこちら→フットサルにめちゃくちゃハマった

本記事は、フットサル×サッカーの可能性について…それを書けたらいいですが残念ながら私には書く能力が無いので、フットサルを観てから思ったことについてだけです。なので、普段の分析記事とは違う内容となっています。

【ピッチ内外と未熟者】 私は自称サッカーの戦術オタクです。自分なりに色々と記事を漁ったり、試合を観たりして戦術的要素を学んできました。それは、試合中に発生した現象について「何故、起こったのか?」という疑問を突き詰めたくなったからこその情熱によるものといっていいでしょう。その疑問のモヤモヤに対しての明快さが欲しかったからで、それは何よりサッカーが好きだったから維持できたものかと思います。多くの人と同じように私は大して好きでは無かったら、そもそも流してしまいますから。 それでよく分かったのは、90分という文脈の大事さ。ゴールには不運な要素もあるけど、デザインされたものもある。つまり必然性=再現性の高いゴールです。一つのチームを追っているファンが描き易い自軍のストロングポイントみたいなものですね。選手の特性とチームとしてのスタイルのハメ方を監督たちは日夜マネジメントしています。 贔屓のチーム以外は観ないって人もいるでしょうが、その他のチームも観るよって人もいますよね。 その時、普段あまり観ないチームを観ることでの新鮮さと情報量の多さには目が眩みますが、1試合観ただけではなかなか判断が付かないことはよくあることだと思います。どこまでがデザインなのか。それは毎試合観戦している熱心なファンでさえも、スカウティングの範囲内外の見極めって難しいでしょう。それでも、だからこそ複数の試合を観て、意見交換をすることで知識のアップグレードを図る…血肉になるのは大変ですよね。何事も。その楽しくて面倒なことをしても、ピッチ上の現象からしか結局は読み取れません。ピッチ外は観測できないですから。だから、突き詰めると真の解ってのは内部関係者に訊くか、スパイを送り込むかくらいしないと分からないものです。ただ、熱心であればある程度は予想が立つかもしれません。その姿勢を維持することは一つのチームだけを追い掛けるのも大変なのに、相手チームのことも計算するとなるとこれはもう途轍もない情報量に迫られたりしますよね。 だから、持論ですが、濃密なプレヴューを書ける人は雲の上のような人だと思っています。ぶっちゃけ、試合が始まったら予想と展開が違ったなんてよくあることじゃないですか。それこそ的外れなことも。それでも両チームを検証して想定を見極める価値って、試合が終われば流されてしまうプレビューなどは、圧倒的情報過多の社会では霞みがちですが、そういう書き手の存在がいるからこそ情報が渇かないと思ったり。とても私にはできない芸当なので憧れのようなものですが。 観測できる範囲と観測できない範囲。 そういった壁に真面目に悩んで、一時期はサッカーが観れなくなりました。自棄です。カッケー風にいえばスランプです。ただ、野村克也の「未熟者にスランプは無い」が刺さりますが。

【フットサルによるファーストインパクト】 そんな時に、フットサルに出逢ったわけです。もうビックリしました。私が知っていたフットサルってフットサル紛いのものでした。所謂ミニサッカーの延長のようなもの。フットサルに対する理解があまりにも無かった自分が恥ずかしかったくらいです。 それから、試合を観つつ本を読んでフットサルの観戦のノウハウを学ぼうと思いました。その時に役に立ったのが、ミゲル・ロドリゴ『フットサル日本代表監督ミゲル・ロドリゴのフットサル戦術 パーフェクトバイブル』でした。マジ感謝。フットサルに興味ある人は読んでみて下さい。 戦術を学ぶことで、サッカーの時と同じようにフットサルについての疑問を解消しようとしました。 そして気付きました。そもそもフットサルに文脈ってあるのか? サッカーと同じようにシステム的分析記事が書けそうに無いのです。フットサルはサッカーと違ってピッチは狭いです。プレスを掛け続けるのは当然。そのためサッカーのように数的優位を作り出すよりも、フットサルは均衡状態をどのように崩すのかが主題になります。だからこそFPの質がより必要というか。サッカーでも下手くそはいますが、人数が多い(10人)ので技術的なカバーが出来ます。フットサルはゴレイロを除いてFPは4人だけです。4人の技術力がダイレクトに戦局に反映されます。 フットサルの試合を観ると分かりますが、偶然発生した現象(ミス含めて)が失点に繋がります。デザイン性の攻撃もあります。定位置攻撃、カウンター、カウンター返し、セットプレー、パワープレーなど。 しかし、サッカーと同じようなノリでシステム論的に分析するのって無理。どこまでがデザイン(応用的)なのかよりも、その辺ってセオリーの領域だったりするので。オーガナイズされたパターン化の応酬って意味。そのディティールには個人戦術が集約されています。その攻撃者、守備者のミスがゴールに繋がるイメージ。偶然的発生した現象とデザイン性の区別は解釈の仕方次第というか。観戦者、書き手によるところが大きいです。ただ、プレーの連続性を一つ一つ細分化して分析するのは可能。それを行うと、2枚~3枚の関係性が大半なのでチーム全体(FP4枚)のデザインと言っていいのかどうか。どちらかというとグループ的であるので。だから、フットサルの分析記事を書ける人は、私にとってはこれまた雲の上のような人。住所は雲海ですよ。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フットサル
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017関東リーグ 3,4,5節【フットサルチームZOTTの活動記】

2017年 関東リーグ1節2節【フットサルチームZOTTの活動記】

Fリーグ開幕 初めてのフットサル観戦 代々木セントラルに行ってきた【フトボル男】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:224
  • 累計のページビュー:235677

(10月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  4. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  5. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
10
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss