フトボル男

暑中見舞い ビエルサ試行錯誤中 アンジェ対リール 

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事でビエルサのリールの序盤の戦術を纏めた。先ずはこの記事を読んで下さい。 →おかえり、ビエルサ!リールの戦術分析 絶賛苦悩中のビエルサといった状況。ビエルサ曰く「8節くらいまでは様子見」というスタンスを打ち出したらしいので、アンジェ戦は変化が無かったら記事化は無いだろうと思っていましたが、戦術の変化がありましたので書きました。

見て分かるように3331ではなく4231 図は相手との噛み合わせのイメージ。 3バックではなく4バックという大きな変化。後ろの枚数が変わったので、ボール保持時の形も当然変わっていました。ポゼッションのこだわりも。詳しくは以下に。

【リールの4231による攻守の変化】 リール、ボール保持時の2CBはワイドに位置取り。GKを使う際には中央にCHを配置して菱形化。 相手ボール保持時の守備の形は442ブロック形成よりも、SH圧縮で2SH+2CHで相手IH+WGを捕まえるマンツーマンDF 二度追いは当たり前のタスク。その際にはSHが相手CBやSBにプレスを掛ければ、味方SBは縦スラ。CBが横スラ処理のケースとCHが相手アタッカーがサイド流れした際にはそのまま付いていく。結果的にCHがSB裏を埋めるけど、もう一枚のCHは相手CHと逆IHを見たりしないといけないので、ボールサイドや中央という感じでもなく、人への意識が強かった。 とにかく2CB+CHには前のCFとトップ下の2枚である程度は走って死んで貰うスタンス。SBはWGに迎撃デートだけではなく、CBもCH横に飛び出してそのままプレッシング隊になることも。CH横には頻繁によく出る。その場合、後ろは2、3枚になる。相手がサイド裏に取る時はSHが死ぬまでデートすることも。カオス。マンツーマンDF度は高くなっている。今季のリールで一番のマンツーマンDFだったと思う。狂気の祭典度高め。

相手SBにプレスに行くべき選手(SH)が相手アタッカーに守備で引っ張られた場合には、CHが中央のスペースを捨ててプレスやSBが縦スラのまま二度追いするので、SHとSBの前後関係はプレス時には入れ替わることがある。WGが絞って受ければ、潰すSBはプレスに出ているから不在なので、CBがデート。スペースを離して相手を捕まえる。猟犬の類。最終ラインはCB+逆SBの2枚になっても前で潰せばいいのよ守備。流石にボールサイドではないCHがDFラインのカバーに入るけど。

ポジトラ時、逆SHが張っていてもサイドチェンジよりも速攻的な展開。DFラインの裏を狙おう。横幅起点にCH脇~SB裏で、押し上げられるならCHを前線参加で枚数確保も。後方でのサイドチェンジはあるけど、そこからサイドは変えずに(やり直しよりも)、そのまま速いテンポで相手CBを引っ張り出す狙い。前線は4枚(FW-トップ下、2SH)。これまでの試合と同じような前の三角形状況で、横幅はSBになるけど、追い越しという点では前回のシステムとは異なる。前線の4枚の両HSにはFWとトップ下を配置。ピヴォ当ての要領で前進。相手DFラインを広げるようにSBの死角にはタッチラインを踏む勢いのSHが位置取り。 ポジトラ→カウンターの移行の意識はこれまでの試合とは比較にならないほどの強さがあった。前回の記事(1節~3節)からとは異なるサイドチェンジ狙わない+守備の変更に伴うもの。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コラム
ビエルサ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ミラン補強レポート~前半編~【G&AC】

vs Deportivo Alavés 2-0 ◯ 【ティトビラノバ政権のデジャブ】【no title】

リベンジどころか大惨敗……【プレミア雑記】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:382
  • 累計のページビュー:231869

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  4. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  5. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss