フトボル男

ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-18のシティのシステム 攻撃時3142 守備時532

2016―17のシティのシステム 攻撃時 3223 守備時 4141

開幕戦のブライトン戦と2節のエバートン戦を観た。2試合を消化した時点でのペップ・シティについて書く。

【変化に伴う課題】 昨季の被カウンターのモデルの反省を踏まえたペップの試み。偽インテリオールは封印。3142では、あまり質的優位として圧倒的になれなかったWGをWBとして起用。プレッシングは継続だけど、WBにすることで帰陣の位置がより深くなる。昨季同様に2枚のIHに如何に自由を与えるかが鍵であるから、システム的にWBの奥行きのスペースに人が入り込むようにはなっていない。結局はWBの質でサイド奥の攻略が図れるわけだけど、その一環にはIHとFW(主にジェズス)の旋回があったりするから、2列目のDFを動かしつつボールを循環。前線のスペースは(上)下左右できちんと仕事が出来るFW2枚。傾向としてはニアポストのスペースには入らず、DFライン前で受けたりする手前で勝負したいのがどう響くか。そこはWBの能力に大きく依存することになりそう。後方を3CBにすることで、被カウンター時に枚数を確保。フェルナンジーニョの位置をやたらと動かすことが無いようになっているのも目立つ。中央の管理を徹底のイメージ。ビルドアップ時にCHが大きく組み込まれていないこともあり、相手を撤退させた際にサイドの入り口としてワイドのCBをそのまま活用。だから、3人+αとしての機能を働かせている。 アーリークロスの時や、相手MFライン前のパス交換の際に相手DF(主にCH)を消すように抜ける3人目の動きで、スペースを空けてパスを回す時はIHの直線的なランは効いているし、それらはFW(特にアグエロ)が気持ち良くプレー出来るような形を速いタイミングで演出しないといけないためのものだけど、結局はDFライン前のスペースであったりするので、押し下げた相手DFラインの前後のスペースの使い方は曖昧。そのための2トップなのだろうけど、既に相手を完全に撤退させている中でのDFライン前の有効活用や更なる奥行きという点では欠けているように思える。

【ブライトン戦】 ポゼッションとWBを高い位置に送り込むのは安定しているシティは開幕戦からニュートラルに動いていた。問題は1stラインの突破の仕方。2トップ間を狭くするようフェルナンジーニョ配置で3CB保持。 ブライトン戦の前進のキーポイントは、2トップ脇にシルバを降ろすことor3CB+斜めのWBで横スライド誘導orジェズスがCH前に降りてクッション。動的なのは左中心のように見えるけど、右も同じように使われているから偏りが無いのは試合後のパスマップにも表れていた。 ファイナルサードはWB(ダニーロ)のペナ角カットインやクロスやHS侵入ラン。右の方が深い位置に入り込めている。気になったのは左IHのシルバ。ポゼッションのアクセントとして働いている。2トップ脇からの前進をシルバにやらせることで、サイドの人員が気になった。全体でコントロールするのは当然として、ディティールで見れば左で管理して右のオープンなスペースに鋭くみたいなイメージ。しかし、アイソレーションほど極端ではない。 サイドの前進について、CB(オタメンディ)のドライブは前半34分辺りでやっと発動。個人的に引っ掛かっていたシルバの左IHとしての2トップ脇からの前進ケースはあまり旨味を感じない。ボール保持する時間を管理する点では大事なんだけど。シティ相手に構えるチームが多いのは当然だから、そこをどう崩すのかがテーマ。それは、デ・ブライネとの位置交換でわりと解消。デ・ブライネの右足のアングルで右WBまでのサイドチェンジあり、FWへの浮き球あり。その代わり、ダニーロは空気になる。ダニーロは利き足の都合上、カットインが多くなるのだけど、そこからの工夫はチーム的にも無かった。左IHがシルバの場合は外の活用が増えるが、ダニーロの左足クロスがアレなのでこれもまた旨味を感じさせなかった。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プレミアリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ウェイン・ルーニー、イングランド代表からの引退を発表【Cher démon rouge】

バルセロナどうなりますかね?【蹴球。独り言】

バルセロナ:ハッキング被害、補強の遅延、主力選手からの不満【ジョルディのバルセロナ通信】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:230015

(09月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  4. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  5. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss