フトボル男

第13節 セビージャVSグラナダ 天才の輝き

このエントリーをはてなブックマークに追加

終わってみれば5-1でセビージャの大勝。とても5点も奪うほどの圧倒的な強さを見せつけたかと言うと、実はそうでもない不思議な試合。まともなシュートチャンスもなかったグラナダが、前半の終了近くにセットプレーからのトリックプレーでハンドを誘い、PKでスコアをタイにするのだから、どれだけ観戦数をこなしてもフットボールというものはよくわからないものだ。 個人能力の高さを要所で見せたセビージャであるが、グラナダのヒューマンエラーに付け込んだというよりも、交代策や後半に向けて修正してチームをあるべき姿に舵を切ったエメリの采配の賜か。勿論、ミスを犯したからグラナダは大量失点をすることになったのだが、そこに付け込む一歩が物足りなかった印象のセビージャ。そこに光が射す。途中出場の天才レジェスの攻守に輝く上手さが際立ち、連続的にゴールを決めた。チームとしての勢いをカンプ・ノウでのメッシ・パーティーとELでのフェイエノールト戦での2連敗で完全に失っていたが、これで息を吹き返せるか。 一方、グラナダは深刻な得点力不足(現時点でリーガ最下位の得点数)と攻撃の形が示せない受け手のフットボールは変わらず。盤石な成績を収めるには物足りないどころか、深刻な面が多い。特に前線のエル・アラビの相方とシステムの模索。そして前線の孤立する場面の多さは紛れもない課題の1つ。

試合について

セビージャのスタメンは、 ベト ビダル、パレハ、カリーソ、フィゲイラス クリホヴィアク、エムビア デウロフェウ、バネガ、ビトロ、 バッカ の4-2-3-1。 コケはサスペンションにより欠場。トレムリナス、イボーラは負傷中。右ラテラルにはビダルを起用という大胆采配。

対してサンチェス・ピスフアンに乗り込んだグラナダのスタメンは、 ロベルト・フェルナンデス フルキエ、バビン、ムリージョ、ファン・カルロス イトゥーラ、フラン・リコ ピティ、ハビ・マルケス、シソコ エル・アラビ の4-2-3-1。 エル・アラビ+サクセスやジョン・コルドバで組み込むことも多かった今季だが、ワントップに。しかし、ハビ・マルケスが試合途中で負傷してエル・アラビとピティの2トップに回帰。攻撃時も守備時も4-4-2になる安定のグラナダの感じ。

開始直後から、前からボールを奪い行くグラナダだが、セビージャのピッチを広く使った3バック(カリーソ、パレハ、フィゲイラス)+クリホヴィアクでボールを回されて容易に回避される。その後は、徹底的に前から来るわけでもなく自陣撤退をして、ホアキン・カパロス監督のチームらしい4-4ゾーンを敷く。受け手のフットボールでショートカウンターの構えは小休止。

ビダルを上げて、フィゲイラスは自陣に残していたセビージャは押し込めると踏んでから、両SBを上げてドブレピボーテのクリホヴィアクとエムビアがローテーションをして、最終ライン付近に落ちてビルドアップに参加。

クリホヴィアクの浮いたポジションには無理して突っ掛らない構えのグラナダ。そういうこともあって、敵陣までボールを運ぶのは簡単な作業に。グラナダは守備時4-4-2であるが、「2」と「4」の間のスペースをセビージャのビルドアップ要員に使われている。 最終ラインの位置に問題があり、その前の「4」が連動する様子もなく、前からボールを取るのは諦めているよう。中盤付近でボールを取りたいわけでもなく、ひたすらロングカウンター狙い。相手を引きつけて食ってやろうという腹だが、その辺はセビージャの最終ラインでもあるパレハやカリーソも承知済み。

さて、どこからグラナダのディフェンスを潰していくかという所で、セビージャ側にも問題発生。運動量の低さと動き直しの少なさにより、自陣でどんと構えているグラナダの守備網に捕まる。グラナダ陣地で浮いているクリホヴィアクがボールを持っていても、出し所が無く、バックパスをして呼吸と位置取りを変えることもしばしば。 押し込みながらもなかなか手詰まり感あるが、デウロフェウを中に絞らせて、ビダルを上げて右サイドを押し込むセビージャ。出し手が困ったときは、グラナダのSB-CB間のゾーンに大外のビダルやビトロを走らすボールを供給する。しかし、あくまでもショートパスを基本とした組み立てを志向するセビージャなので、苦しい形ではあることには変わらない。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ・エスパニョーラ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

失点に繋がった香川のDFBポカール準決勝のパスについて。【FCKSA66】

[PL] チェルシーvsレスターシティ @キングパワースタジアム【週末はいつも寝不足】

攻防のバランスとバルサの脅威【にわかFowさんのサッカー戦術論】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活。ボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年の目標はJリーグで好きなチームを見付けてサポーターになること
  • 昨日のページビュー:23543
  • 累計のページビュー:95323

(04月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  4. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  5. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  6. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと
  7. Liga BBVA 後半戦の私的ベストイレブン
  8. 第13節 セビージャVSグラナダ 天才の輝き
  9. SBについての覚書
  10. 戦術家エメリの奇策、そして「バネガ落とし」とは…分析するとか

月別アーカイブ

2017
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss