フトボル男

アトレティコ・マドリー対ビジャレアル 均衡を破ったエスクリバ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジャレアルがアトレティコに勝利。なぜ勝てたのか分からない。再現性のあるプレーがゴールに結びついたわけではなく、前線のハードワークと血の入れ替え。交代カードって滅茶苦茶大事。SB裏を狙うデザインは後半からの修正。特に2トップのボールサイドのFWがアトレティコのSBゾーンに入って、サイドを崩したい意思は見えた。その中でアドリアンとサンソーネ。ワンサイドカットの守備から全体の連動でボールを追いこむ狙いが90分維持できたのは大きい。それが無失点の時間を長くさせた要因の一つ。2トップはアトレティコの2CH切りからサイド誘導という仕事は徹底できた。そこは素晴らしいけど、ボール保持時のFWの貢献は厳しかった。そもそも前進出来なかったというのもあるけど。アドリアンは器用な選手だからサイドに顔を出しつつ、中央のライン間を狙うこともして欲しかった。そのタスクが出来る選手なのに、あまり絡めず。バカンブなみに受けたいエリアを限定したのは、ゴールをより意識したというのもありそう。全然シュートを撃つ機会無かったというのも皮肉だけど。器用貧乏なアドリアンが、器用さも見せられない時点で入り方は間違っていたと思う。以前、安永さんに「アドリアンはリーガのアタッカーにしては尖り方が無い」と言われたアドリアン。得意な型が無いという意味。でも、その丸みが型に捉われない柔軟さを生むからこそ、ポリバレントな役割が出来ると思っている。でも、彼はアタッカーなのでゴールが欲しい。それが柔らかさを奪うのだから難しい。 サンソーネはソル様と違って、CBに狙われた状態でも収める(ファウル誘発)ことが出来ないから、縦パスの預け所としては不安定。ヘソを自陣ゴールに向けて、DFを背負いながらというプレースタイルではないのは分かるけど、ビルドアップがアトレティコのプレッシングで壊滅的だった展開なので厳しかった。サイドに蓋をされて、サンソーネしか出せないというシーンだから、相手CBも予測できる状況が出来上がっているのも悪循環の極み。 途中交代のバカンブはスペースがあれば独力でなんとかしてくれる。それがゴールに繋がったわけで。アトレティコがラインを上げて保持+ビジャレアルがボールを放棄の噛み合わせが生んだスペースは、バカンブにとっては美味しい。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ・エスパニョーラ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

俺から見たエスパニョール対バルセロナ【バルセロニスタ】

【 乾貴士 】 とてもタフなパフォーマンスだった。 【 アラベス vs エイバル 】【FCKSA66】

俺から見たクラシコ(17’4’23)【バルセロニスタ】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活。ボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年の目標はJリーグで好きなチームを見付けてサポーターになること
  • 昨日のページビュー:144
  • 累計のページビュー:152185

(05月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  4. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  5. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  6. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと
  7. Liga BBVA 後半戦の私的ベストイレブン
  8. 第13節 セビージャVSグラナダ 天才の輝き
  9. SBについての覚書
  10. 戦術家エメリの奇策、そして「バネガ落とし」とは…分析するとか

月別アーカイブ

2017
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss