フトボル男

戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月22日土曜日

私は浦和レッズ対コンサドーレ札幌を観るために埼玉スタジアムへ足を運んだ。普段、観戦する際にはゴール裏では観ないけど、今回は理由あってゴール裏を選択。浦和レッズのゴール裏である。浦和レッズのサポーターは日本一のサポーターと呼ばれている。海外サッカー好きの私でも、それくらいの知識は当然あった。フランス誌の「世界のサポーター10選」にも掲載されたのも知っていた。熱狂的で情熱的なサポーター。時にはそのパッションが行き過ぎることもニュースなどで見聞きした。過激的で問題行動やトラブルはサッカー界という枠のニュースを超えて、世間に知れ渡っていることも。ゴール裏はサポーターが彩っている聖地。人によっては戦場といっていいかもしれない。率直なイメージとして、浦和のゴール裏は「恐い」であった。先日、知り合いに「今度、埼スタのゴール裏で観戦するんだ」と話したら、変なリアクションで驚かれた。様々な人に話した。皆が同じような奇妙なリアクション。好奇と不安が入り混じったようなトーン。浦和レッズのゴール裏に抱くイメージは、あまり私と変わらないようであった。ゴール裏は物騒であると。

そんな私が埼スタのゴール裏に行こうと思ったのには理由がある。ただ、その前に書かないといけないことがある。 私はサッカーの戦術が好きだ。世界のトレンドを把握したいために、自分なりに分析してツイッターやブログに纏めている。サッカーメディアのQolyにも戦術的なコラムを寄稿したこともある。システム論といった選手の配置や監督の修正力などのピッチ上に表れる現象が好きだ。自分でもサッカー観戦における楽しみ方がマニアックだと思う。その傾向が強くなっていく過程で、いつからか価値観が変わっていった。試合の結果に対して一喜一憂しなくなった。ワンプレーに痺れることも無くなった。選手がゴールを決めても、ゴールという価値よりもゴールまでのプロセスに目を向けるようになり、極端な話、結果よりも過程や内容に価値を置くようになった。ゴールよりも喜びや楽しさを感じるものがあることを知ってしまった。現象についての反応や結果に対する分析が、ステレオタイプなオタク気質な自分に性に合っていたことも大きいかもしれない。サッカーを観れば観るほど、情報として知れば知るほどにのめり込んでいった。もっと深く知りたいと。 けれど、サッカーを観始めた頃はそんなオタク気質であったわけではない。段々とサッカーをプレーし始めた頃のような情熱とは徐々にかけ離れていった。情熱の種類というかベクトルが変わったというか。好みが変わったからか。怪我などでプレーヤーとして身を引いたことも影響しているかもしれない。

98年W杯のオーウェンのゴールが初めて観たゴールだったと記憶している。その時はまだサッカーのルールも知らなかった。手を使ってはいけないスポーツくらいの理解で、オフサイドなんて意味不明。ゴールマウスにボールを入れた方が良いって具合。それでも敵陣を切り裂いたオーウェンのプレーは凄いと直感的に理解できた。それから小学生の時にボールを蹴り始めて、2002年には毎日テレビにかじりついてW杯を観ていた頃、開幕戦でアンリが退場したことにショックし、ベルギー戦の稲本のゴールに叫び、チュニジア戦のゴールラッシュに友達の家で観戦して盛り上がったこと、トルコに敗れて観戦会が静まり返り、母親がひっそりと涙を流していたこと。それらに子どもながら抱いた感情。そういうのが今は無いかもしれない。W杯後にサッカーをたくさん観た。そこから海外サッカーに触れる機会が増えていった。初めて観た海外サッカーはフェイエノールト。小野伸二が私のスターだった。永遠のファンタジスタである。小学生時代、私が初めて貰った背番号は14 14という数字を縁に私は小野伸二を追いかけた。初めて買ったユニフォームも小野伸二。そこからプレミアリーグやリーガ・エスパニョーラにハマっていった。 徐々にサッカーを詳しく知りたいと思うようになり、戦術を勉強し始めた。そこからだと思う。それが今に繋がっている。今ではそのストックが掛け替えのない財産だ。これからもサッカーを観ていく上で、サッカーを語る上で、私というパーソナルには不可欠なもの。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
散文
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた

TCE00077371さん、コメントありがとうございます。
こちらこそ同じ時間を同じ場所で過ごせて幸いでした!
また行きます!色んな浦和サポの方にこれほど暖かなリアクションをされると行かないわけにはいきません。そのときはよろしくお願いします!

戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた

浦和サポです。
私も北側(ホーム側)ゴール裏にいました。
同じ空間を共有できてうれしく思います。
またぜひお越しください。
共に歌い叫びましょう。

戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた

TCE00076557さん、コメントありがとうございます
好意的に受け取ってもらってうれしいです。個人的には見たもの、感じたものをそのまま記したつもりです。
小野が蹴ると思っていましたが、あの「間」は上手かったですね笑
ちらほらと空席も目立っていた中でも、あの臨場感だったので満員なんて想像が尽きません。どれだけ興奮するのか…是非とも、また行きたいと思います!

戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた

私は浦和のサポーターです。
私もこの試合をゴール裏ではないけれど、スタジアムで観戦していました。
普段浦和サポーターの記事は悪く書かれることが多いので、この記事には好感を持ちました。
この記事を読まれた方はぜひスタジアムで試合観戦をされることをお勧めします。
浦和でなくても、どこのスタジアムでも
スタジアムの雰囲気を、ゴールが決まった瞬間の情熱を味わってほしいと思います。
私も小野伸二には思い入れがあり、久しぶりの埼玉スタジアムでの小野伸二を見たくて、
出場した時には拍手で歓迎しました。
あのフリーキックは、小野伸二に蹴ってもらいたかったと思いましたけど。
22日は36,000人でしたが、満員の埼玉スタジアムの雰囲気は違うので
是非、優勝が懸かった試合を見に来てください。

こんな記事も読みたい

《セレッソ》交代カード切ってからの戦い方ですね【南大阪に吹くマリンの風】

J2リーグ 第9節 讃岐x岐阜(1:3)【J2にしがみつく】

【所感】植田について【考える足】

是が非でも【ゆるゆるレッズサポ】

【浦和レッズ】札幌相手に薄氷の勝利。柴戸海くん「森脇さん、あんたからレギュラー奪うよ」とは。【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

2017Jリーグ第8節 浦和×札幌 小野伸二が埼スタに来た【浦和な生活】

【浦和レッズ】本田圭佑獲得を考えてみる。毒となるか薬となるのか?【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

【浦和レッズ】チケット転売という蔓延る無法地帯。誰も涙を流さずに済む方法はないのか?【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:3306
  • 累計のページビュー:230015

(09月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  4. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  5. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss