フトボル男

バルセロナ対レアル・ソシエダ 彼らが教えてくれた哀しき勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナ4-3-3 守備時4-4-2 レアル・ソシエダは4-3-3 守備時4-1-4-1 バルサのSBにはWGで対応するので6-3-1になるシーンも

カンプ・ノウの観客たちは何を思ったのだろうか。ユベントス戦の敗北。バルセロナは奇跡を再び起こさないといけないことになった。次節はエル・クラシコ。大一番の連続で、弾みをつけるためにも勝利は必要だった。そして、結果的にバルサは勝ち点3を得た。しかし、バルサが失ったものを突き付けられた試合となった。来週に向けて不安は増しただろう。 バルセロナのやりたいフットボールをバルセロナの前で披露したレアル・ソシエダ。ポゼッションによる秩序と安定はソシエダの方が優り、後半により圧力を掛けていた。中盤3枚が支配したバランスのレアル・ソシエダ。一方で中盤がクールダウンできない攻守分業のバルセロナ。中盤の秩序は失われたまま。イニエスタ投入後も彼のキープ力でファウルを誘い、時間を稼いで落ち着きをもたらすといったスキルは流石であったが、バランスは回復されなかった。 レアル・ソシエダは(一時的だったが)ポゼッションを上回り、ゲームをコントロールした。ボールの前進が詰まりそうならサイドチェンジで展開。WGのカットインとIHの裏取りとSBの攻撃力。 足元だけのフットボールにならず、裏のスペースを意識したチームビジョン。それに伴う背後に抜け出す選手のバリエーション。4-4-2のMFラインで空いたラキティッチorパコのスペースを起点にボール保持。ボールを持つ引き出しの多さをカンプ・ノウで見せ付けた。 SBの質的優位を演出する為にSB上げ+IH下げによる左右非対称のデザイン。大外(SB)からのハーフスペースへパスを狙う意図。 バルセロナ対策になっている心臓のブスケツに問題を抱えさせること。ブスケツのカバーエリアを逆手に取る戦術。ブスケツがIHのカバーに釣り出された時、ブスケツがプレス番としてイジャラメンディを観る時、ブスケツが前に出てコースを消そうとする時などといったシーンで、外を使って無力化から背後のスペースを狙ってブスケツを守備に走らせていた。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ・エスパニョーラ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【 香川真司 】 代表戦がある6月までは好調を維持してもらいたい。 【 ドルトムント vs フランクフルト 】【FCKSA66】

まさに、王者のような立振る舞い!! ~ユナイテッドvsチェルシー~【Cher démon rouge】

俺から見たバルセロナ対レアル・ソシエダ【バルセロニスタ】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:186
  • 累計のページビュー:235985

(10月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  4. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  5. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
10
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss