フトボル男

第12節 アトレティコ・マドリーVSマラガ 試合巧者な王者

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターナショナルウィーク明けの上位同士の一戦。各国の代表に16人持っていかれたアトレティコは、ミランダを怪我で欠き、シケイラ、マリオ・スアレスはサスペンション。目立ったローテーションもなく、これまでのメンバー通りでほぼ臨んだ。対するマラガは好調で、クラブの歴史上初の6連勝を掛けて臨むものの、前線の起点になるアムラバトとロサレスを怪我で欠くことになったが、軸となる選手を多く抱えている中盤は変わらず。アムラバトの代わりに入ったサンタ・クルスがどこまで色を出して、強烈なアトレティコの守備網相手に中盤とコンビ-ネーションを見せられるかが鍵となる試合だった。

試合感想

スコアは3-1であるものの、スコア以上の差を感じる試合となった。どちらもボール支配よりも縦に早く展開するスピードを活かしたフットボールを実践しているために、速い攻守の切り替えと球際の激しさが目立った。マラガはチーム全体から好調で纏まりを感じさせたが、格上相手のアトレティコ相手にも局面、局面で戦う姿勢は見せることは出来ていたものの、競り負けるという場面が多く、実力で上回られている感は否めず。 アトレティコの試合巧者な姿勢とその貫禄、そして理想的な時間帯にゴールを決める圧力は圧巻の一言。 今シーズンはシメオネ政権になって、最も低調なシーズンのスタートと言われているが、やはりパフォーマンス自体は悪くない。ジエゴ・コスタからマンジュキッチへのストライカーの転換も数字では前任者に劣るが、そこまで低調なパフォーマンスというわけでもなく。チーム全体のカラーとボールの運び方を変える1つの変革期と考えれば、妥当な数字とも言えるし、長いシーズンを思えば改善の余地は大きくあり、可能性としては広がっている。 昨季、リーガを制したこともあり、どのチームもアトレティコを研究し、その対策に向けた対抗策を模索している段階で、このマラガを大きく叩いたことは勝利以上の意味を持つのでは、と考えたり。

試合について

アトレティコはティアゴをピボーテにして4-1-4-1とガビを下げて4-2-3-1の併用。 対するマラガは4-2-3-1をメインにして、守備時は4-4-2としていた。

両者ともにファーストディフェンスが速く、そこでボールを刈り取りたいという意思が見える激しいボールの奪い合いが繰り広げられる。 マラガの中盤はゾーンであるがボールに食い付く守備をするため、サイドでサムエルとミゲル・トーレスの守備時の距離感が空くので、2トップ予想されていたグリーズマンが左サイドを中心に簡単にライン間で受けて、アーリークロスを蹴り込んで、ターゲットマンのマンジュキッチに当てようとする。

マラガは基本的にディフェンスラインを高く設定し、両SBを上げてカスティジェホとサムエルを中央に寄せる。怪我で欠いたアムラバトはボールを収めて起点になるが、サンタ・クルスにそのカラーを出すことはキャラクター的に難しい。そこで、アムラバトのような役割ではなく中盤含めた前線に枚数を掛けて、サンタ・クルスを孤立させないよう工夫。時折、サムエルがサンタ・クルスと2トップ気味に張って、ギャップを目掛けて裏抜けを狙う場面も。その際にヒメネス、ゴディンのCBコンビのラインコントロールは最初バタバタしていたが、冷静にラインを上下動させていく。

徐々にボールも落ち着いてきたら、アトレティコがボールを保持する場面が増える。あくまでもビルドアップの形はゴディンとヒメネスの2枚に、ピボーテのティアゴ。そしてアンサルディかフアンフランが落ちてボールを回す。SBは片方が上がったら、逆サイドのSBは自陣に残って、CB2枚とリスクマネジメント。主にアンサルディが残って、フアンフランが上がるケースが多かった。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ・エスパニョーラ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

未成年の獲得違反でRマドリードとアトレティコにも制裁か?【ジョルディのバルセロナ通信】

カシージャス「どちらか選ばなければならないなら、リーガよりCLを取る」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

スペインVSベラルーシの雑感【フトボル男】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:91
  • 累計のページビュー:236420

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  4. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  5. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
10
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss