フトボル男

ビジャレアルの今 4-4-2は最適解なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

フアンマ・リージョ曰く、フォーメーションはメディアといったあなたたちが都合よく解釈するためのものである。彼から影響を受けたペップ・グアルディオラも然り。「フォーメーションの数字は電話番号のようなもの。意味など無い」とコメントをしたことがある。 しかし、彼らとは違って近年のビジャレアルにとってはフォーメーションの数字は決して無意味な数字の羅列ではなかった。システムにソリッドに縛られることで、流動性とはかけ離れたものであるが、秩序を生み出しては結果を出してきた事実がある。 シメオネのアトレティコを模倣したかのような綺麗で強固な4-4-2ブロックは、リーガで確実に勝利を重ねてきた。その守備ブロックを作り上げたのが前任者のマルセリーノ・ガルシア・トラルである。 しかし、今シーズンのビジャレアルを指揮するのはベンチ前で情熱的な姿勢を見せる彼ではなく、フラン・エスクリバだ。今季31試合を消化した時点で失点数24――この数字はアトレティコと並んで最少失点数を記録していることを意味する。 ビジャレアルは失点を抑えつつ順調に勝ち点を重ねており、CL・EL権争いを見据えられる高順位に位置している。 CLプレーオフ前のマルセリーノ監督の電撃退任劇から始まった今シーズンのビジャレアル。慌しいスタートを経て、冬には次期エースと目されていたアレシャンドレ・パトの中国移籍もあったことから、チームを構築する上では不確定な要素が多すぎたと言えるだろう。 フラン・エスクリバは何を思うのだろうか。今季、エスクリバ監督の志向しているフットボールとの乖離は見受けられることがある。それは勿論、前任者の電撃退任劇による準備期間の短さが影響していることだろう。監督のエッセンスを惜しみなく注ぐよりも、安定した成績を出すためにはマルセリーノの遺産を使う方が早くて賢い。勝っているチームは弄らない方が良い。これはフットボールの世界では常識である。エスクリバもそれに倣ったわけだが、ビジャレアルとしては難しい時期に入ったと言える。ある程度、勝利を収めて来たからこその次なるステップの話である。この先に伸び代があるのかどうかという話だ。 シーズンも終盤。新しく試行錯誤の実験をするにしても時間はもう無い。現在のコンペはリーガのみであるが、CL・EL圏争いの最中である。 筆者は今シーズンのビジャレアルを「変化を睨みつつも動けなかったシーズン」と評したい。 恐らくエスクリバとしても、監督としての色を付けるためにも動きたいが動けないジレンマがあったはずだ。マルセリーノの遺産をバランスよく食い繋いでも、チームとしての消費期限が延びることはない。チームを支えている骨格は確実にパフォーマンスを年齢とともに落ちていく。そして、安くて才能のある若手の補強と多額の移籍金ビジネスによる引き抜きを繰り返す。中堅クラブとしての立場を理解しているビジャレアルは、降格を機により堅実な路線を辿っている。それはクラブ運営以外にもチームスタイルとしても現れていることだろう。 しかし、チームとして更なるステップアップを目指すには今のスタイルでは限界が見えてくるのも時間の問題である。降格というトラウマを乗り越えて、欧州やリーガでの実績を次に活かす時期が来たのではないかと感じることがある。 近年のビジャレアルは、4-4-2のセットディフェンスでは流石のパフォーマンスを見せている。しかし、リスクを抱えた時、例えばローマ戦のように先制されて前に出ないといけない場合、守備の強度が怪しくなるのは改善されていない。 フォーメーションはスタート位置を示すものである。ポジションバランスを保つために大きく動かないことで守備のセットを強固にしてきたビジャレアル。逆SHによるボールサイドへの出張は殆ど無い。縦と横のポジションチェンジも無い。ビルドアップ時でもリスク回避をするようにロングボールを蹴ることも厭わない。GKをビルドアップに組み込むことも無い。これらの要素によって、ボールを失うエリアと配置バランスを考慮していることから守備のリターンは非常に大きい。同時に攻撃では失っているものが少なくない。どちらも数字に顕著に表れている。監督の仕事を判断する基準は結果である。だからこそ一概に否定することはできない。本コラムはフォーメーションという単なる数字をベースに、勝つことで芽生えてきた欲望と警鐘である。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ・エスパニョーラ
コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【 香川真司 】 1ゴール1アシスト。完全に復活した? 【 ドルトムント vs モナコ 】【FCKSA66】

広州恒大のボランチめぐってバイエルンとバルサが獲得争い?【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

欧州カップ戦で通算100得点のC・ロナウド「バイエルン相手に達成できて誇り高い【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活。ボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年の目標はJリーグで好きなチームを見付けてサポーターになること
  • 昨日のページビュー:118
  • 累計のページビュー:152598

(05月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  4. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  5. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  6. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと
  7. Liga BBVA 後半戦の私的ベストイレブン
  8. 第13節 セビージャVSグラナダ 天才の輝き
  9. SBについての覚書
  10. 戦術家エメリの奇策、そして「バネガ落とし」とは…分析するとか

月別アーカイブ

2017
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss