フトボル男

第21節 レアル・マドリーVSレアル・ソシエダ クロースとイジャラメンディの序列

このエントリーをはてなブックマークに追加

キックオフ直後のSBのユーリの大外のドリブルに対してあまりに無防備なマドリー。ハメスがプレスに出た後のスペースのケアにピボーテが絞って対応せず、スライドが遅れる。迎撃に出るべきだったカルバハルもピボーテの対応のカバーに回るため、中へのコースは消しつつ縦へ誘導させる守備をしたが、サイドハーフ-ピボーテ-サイドバック間のインサイドのスペースへのドリブル侵入に対する甘さを露呈。あっさりとコーナーキックを与えて、そのまま失点と。まさに最悪な立ち上がり。 SB-CB間のスペースから裏抜けを準備しているカナレスにラインを下げさせられ、中途半端なプレッシングに全体が連動せず、バランスを欠いたマドリー。その時にきちんとドリブルをしていたユーリへのサポートで、ライン間に侵入したヴェラへのケアといった要因もあったが、カルバハル-ピボーテ間のマークの受け渡しが甘く明確にしておくべきだった。また、ヴェラへのコースも消しきれず。 そういったことで、迎撃に出たかったカルバハルだが、ヴェラにボールが入った場合に備えて最終ラインにステイ。ユーリのドリブルに対して完全に後手に回ったのは必然ということに。

しかし、即座にハメスによる同点ゴール。僅か3分でスコアは1-1と波乱の予感。

大外のユーリに緩く対応したことから失点したマドリーは、今度はハメスが全力守備。同じようにはやらせず。 攻撃面ではハメス、イスコがサイドや中央付近で狭いスペースで息の出来る選手。ソシエダの4-4-2の隙間に入って、あらゆる位置でボールの受け手に。 ボールを持つ時間が増えるマドリー。マドリーの最終ラインにプレッシングは仕掛けないソシエダは、ブロック形成で構える。

ビルドアップ時にクロースとイジャラメンディが被る。ソシエダの前線の2枚に対して、クロース、イジャラメンディが同時に降りて4VS2の枚数過多になる場面も。それなら前に出て、受け手としてスペースに侵入しようとするイジャラメンディ。それはそれで噛み合わず。空回りの様相。 ボールに触りたいクロース。イジャラメンディも然り。攻撃のやり直しをする際に両者ともにポジションが重なる。中継地点としてのポジショニングを取って右サイドと中央を管轄にしたいイジャラメンディ。しかし、ボールは当然のようにクロースに集まる。すると、ビルドアップ要員としてイジャラメンディのポジションが曖昧に。中継地点として起点になりたいイジャラメンディだが、クロースは一発でサイドを変えられる選手。イジャラメンディを経由することなく、一本でハメスやカルバハルが躍動。それならば、イジャラメンディはカルバハルの上がったスペースのカバー兼セカンドボール回収係に。途中からクロースを意識してプレッシングのカバーに入ったりと、曖昧だった役割を明確に。 イスコも降りてきて(イスコのところにベンゼマが降りて、受け手と出し手の距離感を調整)、クロースと絡んで空いた逆サイドのハメスやカルバハルへ。また、同時にイスコの中心としたパス交換とドリブルによる状況打開で左のニアゾーンの攻略も。 ボールに多く絡んでタクトを振りたいイジャラメンディは、クロースによって追いやられるような形(語弊があるかもしれませんが)で彼の保険に。それでもサボらずパスコースを作る動きを見せて、中盤に安定感を。 ドブレピボーテの役割というか序列がハッキリしたお陰で、イジャラメンディもタスク(ソシエダのプレッシングラインを冷静に見極めて、ビルドアップ要員のヘルプやカバーに徹する黒子に)が整理されて攻守に判断が良くなる。そう思いきやミスもあったり、不用意にイエローを貰ったり、とこれではレギュラーの座は遠そうな気がする。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ・エスパニョーラ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ちょっと早いけど。【Manchester United fundamentalism】

リーガ・エスパニョーラ第37節 vエスパニョール【レアルマドリードのある生活】

バルセロナ:チャビの父親が退団を認める発言【ジョルディのバルセロナ通信】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:124
  • 累計のページビュー:235800

(10月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  4. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  5. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
10
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss