フトボル男

第17節 アトレティコ・マドリーVSレバンテ ルパン三世のようなアタッカー陣

このエントリーをはてなブックマークに追加

エル・ニーニョことトーレスの帰還で盛り上がったカルデロンの地で、3-1というスコアで順当にアトレティコが勝利を収めた。アトレティコのゴールは全てヘディングによるもの。今のところリーグ戦17試合で、全34ゴール中18ゴールがヘッドによって得たものと言えば、アトレティコの空中戦の強さと上手さが分かる。 局面で流石のクオリティを見せたアトレティコだが、試合を通して圧倒することは出来なかったところは課題か。緩めたまま勝つというよりも、最後までシメオネイズムを貫いて勝利した方が観ていて気分は良いが、長いシーズンをそのペースで走り続けるのは難しい。シメオネ監督がローテーションをあまり採用しないという点も今後どのように響くのかも気になるとこだ。 また、試合に関しては流したまま完勝するという内容でもおかしくなかっただけに、前半で1点しか奪えなかった部分も反省の材料としては十分だろう。 とはいっても、これらの要求するレベルは高いものだ。しかし、それほどのクオリティがあって当然という見方をさせる数少ないチームの1つでもある。そこの次元まで手を伸ばしているチームなだけに、今後さらに化けてくれるのか楽しみは尽きない。 一方のレバンテは、采配が裏目に出たり、殆どの時間を守備に追いやられた。攻撃に出るべき瞬間でも前線に人数を掛けられず、と終始リスク管理に回ってしまった。軸となるドブレピボーテを消されたのが大きかった。 それでも綱渡りの守備でなんとか首の皮一枚繋ぎ止めていたが、アトレティコの得意な形をあれだけ作られたら防ぎ切るのは至難の業と言えるだろう。正直、納得の3失点という感想しかない。 それでもレバンテはアトレティコのシステムやセットプレーを研究していたのは窺えた(その時点でシメオネ監督が1枚上手だったのだが)。そういった状況でも、〝分かっていても止められない空中戦の強さ〟がアトレティコの持ち味の1つでもあるということを再確認することが出来たことに。

レバンテはアトレティコの最終ラインがボールを保持してもプレスを仕掛けない。プレッシング要員は不在の状態。レバンテのビクトル、ラファエウの2トップ+サイドハーフ1枚がアトレティコのビルドアップ要員にボールが入った時に、アトレティコ陣地に顔を出す動きは見せるが、奪う事を目的としたものではなく、パスコースの限定を第一としている。ゾーン・ディフェンス主体でしっかりと構えたいよう。

ボールに寄せてこないと分かれば、アトレティコはガビを下げて(フアンフランのスペースを埋める)、フアンフランを上げるいつも通りのやり方。ガビ、フアンフラン、アルダで右サイドにて三角形を作る。

細かいパス交換でボールを進めるも、レバンテがボールを回収。レバンテがボールを持つと、マンジュキッチが1枚のCBに張り付いて、もう1枚のCBに対してはグリーズマンが持ち場から飛び出してプレス。アトレティコは前から奪いに行くスタイル。2枚のCBに関してはグリーズマンとマンジュキッチがプレスを仕掛ける役割。すると、レバンテはSBを使ってサイドから逃げたい。百も承知のアトレティコはコケが連動してSBへプレス。ヘルプに行くレバンテのピボーテ1枚にはグリーズマンのプレスバックで付く。SBにプレッシングをしたコケの空けたスペースはティアゴが埋めることで、局地的に数的優位を作って、ロングボールを蹴らせる。

アトレティコの2枚のCBは悠々とボールが持てる展開。そのため最終ラインの配球力が試される流れに。 ガビ、ティアゴが落ちてビルドアップ要員を増やすのか、中盤に厚みを作るのか迷う場面が立ち上がりはあったが、時間と相手を観察して役割分担を。また、中央にコケが絞って間受け職人に。シケイラを上げる時間とスペースを作る。両SBを上げてレバンテを押し込む。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ・エスパニョーラ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

またしてもファイナルでクラシコ実現ならず【巨人 大鵬 卵焼き】

レアル・マドリード、カルロ・アンチェロッティ監督に続きセルヒオ・ラモスも今シーズンに別れ【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ブランディング【Manchester United fundamentalism】

ブロガープロフィール

profile-icon505room

リーガ・エスパニョーラを中心に生活していた男。ビエルサやボールを持つデザインや戦術的話題が好き。Qolyに寄稿経験あり。2017年からフットサル漬けに。フットサルは府中アスレティックが気になっています。
  • 昨日のページビュー:76
  • 累計のページビュー:235454

(10月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 戦術オタクが浦和レッズのゴール裏に行ってみた
  2. 歴代ビジャレアルベストイレブン
  3. マンチェスター・ユナイテッドの気になる三つの点
  4. ペップの2年目 マンチェスター・シティの戦術の変化
  5. 2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について
  6. マニータを経て ネイマールとの本当の別れ
  7. Liga BBVA 2014-2015シーズン私的ワーストイレブン
  8. Liga BBVA 前半戦の私的ベストイレブン
  9. レアル・マドリー対アトレティコ カゼミロと3センターの再確認
  10. カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

月別アーカイブ

2017
10
09
08
06
05
04
2015
08
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss