4thDayMarketCenter

女子に引き続き男子も完敗〜日本代表vs韓国代表(12月16日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

  おかげさまで、Eー1の全開催日参戦を果たしました。全試合を見ているわけではないですが。      ■前半 まあ、いろいろとツッコミどころの多い試合でしたよね。例えば、エスコートキッズ。この大会の公式スポンサーということなんだと思われますが、エスコートキッズはスポンサード・バイ・au。auということでキッズのユニフォームがオレンジ色。サッカーのユニフォームでオレンジっていったら、そりゃ、大宮アルディージャですやん。アルディージャの親会社はNTT。auなのにNTTサッカー部状態ってのが、なんだか皮肉でツッコミを入れずにはいられない。     もちろん、ピッチの中にもツッコミどころはありまして、幸先良く先制したのですけれども、サイドからのクロス一発にピッタリとヘディングで合わされて同点とされました。ツッコミどころは対応にあたったSBの植田。中国戦では絶賛された植田のSBなのですが、確かに攻守において空中戦の強度も上がりますし、攻撃参加にも意外な才能が感じられました。でもね、やっぱりサイドでの守備での駆け引きとか、微妙なポジショニングとかには難があって、あんな簡単にクロスを上げさせちゃ厳しい。     とはいえ、それくらいのリスクは重々承知だったでしょう。プラマイ0と思えば責められない。植田に限らずチーム全体のプレーとしてより大きな問題がありました。それは守備から攻撃へのトランジション。せっかくマイボになりかけたところで、不用意にロストして大ピンチを迎えるの連続でしたよね。特に危なっかしかったのが、土居とか昌子とか。あるいは井手口も。ガンバと鹿島。どちらも直近の成績的にはウイニングメンタリティを欠いてしまっていて、おかしなことになってしまうのかな、なんて思ったりしましたが、そういうことではなささう。     というのも、その後、韓国に勝ち越されたときには、同じように、守備からマイボにしてのトランジションで、車屋が奪われて、ファールで止めてのフリーキックでしたからね。Jリーグチャンピオンも同じようなミスをする。要するにハリルホジッチの戦術だと、どうしても、こういう陥穽にはまりこむのですよ。「奪ったら、出来るだけ素早く狙いすました縦パスを出せ!」だから、ハッキリとクリアをするわけにもいかないですし、丁寧にバックパスを絡めつつマイボにしていくって作業も許されない。必然の自陣前バタバタなのです。       ■後半

ちなみに皆さんご存知の通り、もう1点失ってハーフタイムです。これも淡白な対応からエアポケット的にPA内でスペースを与えてしまって、簡単に失点してしまいました。どうにもバイタルでの守備に粘りが感じられなかったですねえ。というか、基本的に韓国の得点って、全てカウンターから少ない手数でシュートまで持ち込んで、それを決めきったもの。どう考えても韓国のが方がハリルホジッチが指向するサッカーを実現できているじゃないですか。     対する日本は、正直、あまり良いところはなかった。せっかくボールを奪っても前線に運ぶグランダーのパスは韓国の出足の前に繋がらずカットされ、苦し紛れに大きくボールを蹴り出せば、ハイボールの競り合いに勝てない。となれば横パスとかパックパスを織り交ぜていきたいところですが、そもそもハリルはそういうサッカーを目指していないので、選手たちもショートパスを繋げるような距離感に配置してもらえてません。全く突破口を見つけ出せないまま駄目押しの4点目も奪われて、完敗となりました。     絶賛工事中でいつも以上に混雑する飛田給駅までの道をトボトボ(落ち込むほど代表に思い入れはないが)歩いて京王線に乗る。流石に決勝戦となった土曜日の日韓対決には35000人くらい集まったので混んでる。FC東京とかヴェルディサポじゃないので、みんな一目散に新宿を目指す。そういう代表的世界観に疲れてしまったワタクシとしては、調布→稲田堤→南武線と逃げ回り、溝の口に辿り着く。そして溝の口の地主とも言えそうな、玉井西口店で安く飲んで帰ったとさ。     ちなみに試合前には新宿の思い出横丁に行ってましたよ。なんせ、昭和の生まれですから、観光というより日常をあのエリアに感じるのです。で、Eー1の味スタ開催3試合の日は、必ず行きか帰りに立ち寄ってみた。まあ、こういう横丁ですから、必ずしも接客のレベルが安定しているわけではないですけどね、でも、楽しいことには楽しい。で、穴場というかなんというか、とりあえず確実に座れて、かつ、お腹が溜まる若月というラーメン屋に寄りました。ラーメンを頼んだはずが、何故か焼きそばが出てきたのですが、それを許せるユルさあってこその大人の社交場。むしろ、満足度が上がりました。       ■日本代表に一言   □テーマ ・キングアマラオスタジアム   □内容   相手が韓国ということで選手紹介のときとかにブーイングせずにいられないスタンドの雰囲気になることは想定通りだったのですが、少し意外だったのは、イグノとかキムミヌとかチョンウヨンみたいな元Jリーガーや、チャンヒョンスやキムジンヒョンみたいな現役Jリーガーに対しても、その辺のメリハリは特にないんですね。同じように、味スタ開催であっても、室屋とか権田とか高萩とか三竿みたいな関係者への声援が大きくなるわけではない。     そんな、いつものJリーグ的世界観とは全く無関係な、ハレの異空間と化した味スタにおいて、唯一、日常的なケの要素を感じさせてくれたのが、バックスタンド2階中央に掲げられた「キングアマラオスタジアム」のダンマク。これが唯一のJリーグ的要素であるという現実を見ていると、このブログを始めた頃から、終結となる今に至るまで、日本サッカー界宿年の課題はまだまだ解決していないのだな、と痛感する。つまり代表に集う人々と国内リーグに集う人々が有機的に結合する構造が存在しないという課題。NPBの延長としてサムライさんたちがプレーする野球界には、なかなか追いつけそうにないです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
日本代表
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

浦和レッズ、2017シーズン総括【地球は青い!】

北朝鮮戦(女子) 【 もう1つレベルが不足していると確かめられた。 】【FCKSA66】

韓国に惨敗。【猫と観るスポーツ】

11月1日は何の日かご存知ですか?【「読裏クラブ」のワンツー通し】

今週の乾/久保/森岡/小林/堂安/伊藤/宇佐美/南野/中島(10/30)【POOH - San の蹴球見聞録】

戦えない俺のトーキョー!【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

10/14 <U17WC2017> 日本 vs. ニューカレドニア【POOH - San の蹴球見聞録】

FC東京U23vs長野(9月17日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
サッカーをスタンド観戦するようになって15年くらい。いまになって、少しずつフロンターレとかヴェルディへのシンパシーをほんのり感じるようになりましたが、来年は来年の風が吹く。
  • 昨日のページビュー:42
  • 累計のページビュー:4491966

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss