4thDayMarketCenter

ハリルはジーコか、トルシエか〜日本代表vs中国代表(12月12日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

■前半 慣れない代表戦にはいろんな〝まさか〟が存在するわけですが、この試合にもいろんな〝まさか〟に遭遇しました。まず、かつて10年以上聖蹟桜ヶ丘に住んでいたワタクシとしては久々に帰宅時間帯の京王線に乗ったわけですが、ここで一つ目の〝まさか〟が。京王線って、朝の上りはたもかく、少なくともワタクシがユーザーだった時代は、下りはかなりダイヤに正確でした。それが、まさかのダイヤ遅れ。しかも、事故とかそういうのではなく、自然渋滞的に。     スタジアムに到着したら、2つ目の〝まさか〟が。カテゴリー2の指定席を買っていたので、そのカテゴリーへの適当な入り口から入ろうとしたら「ここはM16ですのでM18ゲートからお入り下さい」とか言いやがる。もちろん入ってしまった内部に区切りはなく、どちから入っても同じこと。それで、止めます? ほんと〝まさか〟ですよ。余りにもナンセンス。少し前のエントリでも書きましたが、運営のノウハウは圧倒的にJリーグクラブの方に蓄積がある。   試合は試合で〝まさかのまさか〟なわけで。なにが〝まさか〟って、そりゃ、選手のポジションですよ。もう皆様お気付きですよね。植田直通が右SBときたもんだ。相手の高さへの対策とか、そういうことなんだと思われますが、それにしてもビックリですよ。確かJリーグが発足して直後のアントラーズでは秋田がSBをしていた記憶がないわけでもないですが、それにあやかったのだろうか。ってことは、ハリルはジーコを意識している?     最後の〝まさか〟は中国代表のフォーメーション。韓国戦も見ているので確認してなきゃいけないのですが、初めて343であることに気づいたよ。なんとなく4バックのイメージがあって、そう思い込んでいてので、少し意外。冷静に考えれば、監督はリッピなわけだし。3バックでも、別におかしくないか。イタリア代表を率いてワールドカップを優勝したときは3バックでしたっけ? もはや忘却の彼方ですが、カンナバーロとかいると、なんか3バックっぽい。       ■後半 試合は、特に後半、拮抗した展開となりました。リッピチャイナには必殺パターンがあって、サイドからグランダーで球足の速いパスを相手DFのギャップに差し込んでいき、そこに中盤の選手が走り込んでダイレクトシュートを撃つ。韓国戦の先制点もこのカタチだったような。そのサイドアタックを繰り出したのが55分過ぎ。ここから日本が攻め込まれる時間も増えていく。全体としては日本の方にイニシアチブがありましたが、俄然、ピンチが増える。     なぜそうなったかというと、まず、433と343のシステムギャップがありました。基本的に中国のWBは日本のSBが見ることになっていたかと思われますが、スタートポジションにギャップがあるので、相手がスピードに乗ってから対応せざるを得ず、厳しそうでした。逆に攻撃に出ればサイドで数的有利を作れるマッチアップでもあったわけですが、ハリルのサッカーではサイドで数的有利を作ってどうのこうのってのは、あまり重視されないので、ミスマッチのプラス面は活用できず。     ともあれ、結果だけみれば完勝でした。キッカケとなったの川又の投入。そして小林悠を残した。この采配は結果論ながら素晴らしかった。確かに川又は前の試合でも爪痕を残しましたし、川又と小林悠の相性もかなり良かったですよね。このまま川又が等々力の人になったり、小林悠が7733の愛弟子になったとしても、そりゃ、もう「あの日のことを忘れない」ってなことで宜しいのではないかと思ってしまうくらい。先制ゴールは川又のシュートを小林悠が拾ったことで生まれましたし。     それにしても、凄いゴールでしたね〜、小林悠。あんなん、そうそう見られませんやん。完全にあの瞬間、ゾーンに入っていた。ついでに言えば、その後の昌子も凄かったですけど。もはや、あれは、謎ですよね。ミステリー。これまた、ゾーンに入ってなければ決まらないゴール。試合の終盤になって、こうやってゾーンに入った戦士が活躍して劇的な勝利を収めるとか、もはや完全にジーコジャパンとしか表現のしようがない。やっぱりハリルはジーコを意識しているに違いない!       ■日本代表への推薦状

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
日本代表
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

北朝鮮戦選手評価 【 金崎夢生。高萩洋次郎。倉田秋。小林悠。井手口陽介。今野泰幸。車屋紳太郎。室屋成。昌子源。谷口彰悟。中村航輔。川又堅碁。伊東純也。阿部浩之。 】【FCKSA66】

ノリさんなでしこならどちらにも勝てるはず〜韓国女子代表vs北朝鮮女子代表(12月11日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

2-96 コーナーキックの事情 E-1選手権 なでしこJAPAN 1-0 中国代表【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
サッカーをスタンド観戦するようになって15年くらい。いまになって、少しずつフロンターレとかヴェルディへのシンパシーをほんのり感じるようになりましたが、来年は来年の風が吹く。
  • 昨日のページビュー:42
  • 累計のページビュー:4491966

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss