4thDayMarketCenter

必殺“リアルメッシすり抜けチャンスメーク”〜FC東京U23vs長野(9月17日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

この対戦については小難しいことを言いますまい、“三浦文丈ダービー”ですよ。

■前半

皆さん、覚えていますかね、今年の梅雨って、関東では空梅雨だったんですよ。でも、個人的感覚として、別に空梅雨なのは、今年に限ったことでなく、少なくともワタクシが上京して20年くらい、あまり関東では梅雨時期に梅雨梅雨しない。むしろ、ここ10年くらいに限れば梅雨明けしてからのゲリラ豪雨こそが、関東の水瓶を満たしているように思えなくない。今年の夏なんかは、まさにそのパターンで、夏場、ずっと雨が降ってましたよね。毎日のように。     もはや“梅雨”って概念は“雨がたくさん降る”という内容を含意しなくなっている。それに対して、盤石の安定感を示し続けているのが、秋雨前線。実はかなり前に誰かのエッセイで読んだのですよ、「週末に草野球を毎週やってる立場からすると、雨で中止になる確率は、梅雨時期よりも秋雨のシーズンのが高い!」という内容を。そんな安定の秋雨が、この日のスタジアムにも訪れており、そこに台風が絡んだものだから、それはそれはなかなかのピッチコンディションでしたよ。     J1の上位対決ならばいざ知らず、J3の試合ですから、劣悪なピッチの影響をモロに被る。そんな簡単に「こういうピッチなりのサッカーをやるぜ!」ってことにはならない。現役当時のストイコビッチみたいに、1人リフティングドリブルとか、無理。なので、グランダーのパスが止まる、止まる。それと、「ああ、そういうものか」と思ったのですが、ピッチがぬかるむと、踏ん張りが利かないので、実はミドルパスが難しくなるんですかね。まあ、そんな感じ。     とはいえ、両チームが志向するスタイルの一端は垣間見えて、長野は両SBがグイッと上がっていく。かなり強気なサイドアタックサッカーですね。表現は悪いですけど、ある意味、一昔前のスタイルです。常道っちゃ、常道。他方のFC東京U23は、オーバーエイジの前田遼一と梶山がダブルでシャドーに入るという反則攻撃。この2人のキープ力はJ1に入っても十分すぎるほど通じますので、ここに入れておけば、まず、失わない。そう、FC東京U23は中央突破のサッカーです。       ■後半

スコアレスで折り返すと、FC東京U23は布陣を微調整して後半に挑みました。微調整とは、前田とユインスの位置を入れ替えたのですね。おそらく、トップチームの「永井&東・大久保」に合わせてるということでしょう、U23でも、スピードのあるトップとキープ力のある2列目(プレーメーカー+ポストワーカー)という組合せ、すなわち「ユインス&梶山・前田」でスタートしたのを、後半途中までに「前田&久保・ユインス」という配置に変えていきました。     一方で長野は前半から松原と東(あるいは佐藤が流れる)左サイドコンビが快調だったところ、後半、サイドが入れ替わって、そこが泥んこ沼になってしまったことで四苦八苦。何度もフリーの場面を作りながらも、突破してからの折り返しに苦戦しておりました。ひょっとしたら、そういうことも見越して、敢えてFC東京U23が、自陣右サイドに追い出すような守備をしていたのかもしれませんが、まあ、そこまでは考え過ぎかな、という気もする。     一進一退の攻防が続くなか、勝負のあやは選手交代にありました。先にもゆるく示唆しましたが、FC東京U23は後半早めの時間帯に梶山から久保君にスイッチします。久保(もはや「君」は不要)、見るたびに成長してますよね。この日の久保は、必殺“リアルメッシすり抜けチャンスメーク”を繰り出しました。要するに、本物のメッシよろしくに、相手守備陣の隙間をすり抜けるドリブル突破でオウンゴールを誘発したのです。ハンパねぇっす。     長野は長野で、浅野監督は穏当なカードの切り方をしていく。後半開始とともに国領を投入すると、さらに岡本と岩沼という経験のある実力者をピッチに送り込む。ちゃんとしているんですよ、選手交代も含めていろんな意味で、浅野監督。でも、ちゃんとしてるが、一方でそれ以上の“+α”に欠ける。この雨でピッチコンディションが悪い状況で、サッカーの内容をどうのこうのいうのはアンフェアなんですけど、J3を卒業するためには、もう一つ“パンチ”が欲しいかな、と。       ■日本代表への推薦状   □推薦者 ・平川怜   □推薦理由   この日のFC東京U23のシステムは3421。3バックと両ワイド、ワントップの間に4人の中盤がいる形ですね。その4枚が梶山・前田・米本、そして、この選手。つまり4分の3の確率でオーバーエイジ、しかも、J1でもバリバリに通用する面々だったわけです。で、平川より1列前に入った梶山はボールに触りたくて「よこせ!」ってな感じで下がってくる。隣の米本は「オラオラオラ〜、中盤でボールは全てオレが刈り取るぜ!」ってなテンション。     普通、ビビりますよね。まだ、この選手、16歳とか17歳のはずなんだから。にもかかわらず、そんな歴戦の“オトナ”に囲まれていても、それでいて凛としていたのが、凄いなぁと。ワタクシが16〜17のときなんて、まだハナをほじってたよ。とにかく、物怖じしない。パブリックイメージ的には久保君の“露払い”的な扱いもなくはないですが、なんだかんだで、この選手の方がJ3デビューとか早いですよね、ほんの僅かながら。アベレージも高いですし、順調に成長して欲しいところです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
FC東京
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】【FCKSA66】

今週の乾/内田/宇佐美(9/20)【POOH - San の蹴球見聞録】

ジェフ千葉は、エスナイデル監督を続投させるべきか?【東京ドームに計画停電を!】

Ben Woodburnと久保健英に見る、欧州と日本における若手有望選手への評価の相違を検証する。【POOH - San の蹴球見聞録】

FC東京vs神戸(8月13日)の観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

Jリーグホームスタジアム訪問記~FC東京~【This is J-league】

サッカースタジアム@代々木公園…【日本のスポーツを元気に!!!】

FC東京にマル!【「読裏クラブ」のワンツー通し】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
サッカーをスタンド観戦するようになって15年くらい。いまになって、少しずつフロンターレとかヴェルディへのシンパシーをほんのり感じるようになりましたが、来年は来年の風が吹く。
  • 昨日のページビュー:460
  • 累計のページビュー:4475842

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss