4thDayMarketCenter

怪人ニウド〜北九州vs福島(9月9日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

北九州と福島、、、小倉と会津。なんだか、幕末に長州と仲が悪かったもの同士ですね。ということで、この1戦は“「長州ファイブやら『花燃ゆ』とか、そういうムリヤリ、もうええねん! 誰に忖度してんだ?」ダービー”です。

■前半

今シーズンの福島を率いているのは、田坂さん。開幕直後は我らの田村翔太が大活躍したこともあり、首位戦線に躍り出ていました。現在は“下の上”といったところで、これまでの福島というクラブの歩みを踏まえると、まずは健闘しているといって良いでしょう。田坂さんは大分を率いていた頃から、強気な指揮官でしたが、それは現在のチームにおいても不変。代名詞ともいえる“352(中盤逆三角形)”で上位の北九州に乗り込んできました。     ただ、中盤の構成的は352というより、3人バック+WBに、ダイヤモンドの中盤+1トップというようにも見えなくもなかった。そんなトリッキーなシステムを支えていたのは、逆三角形の3人、すなわち、ニウド・星広大・前田尚輝です。福島のシステムで特徴的なのは、WBが最終ラインに下りるのではなく、3ハーフのうちの1人ないし2人が最終ラインに吸収されるカタチで4バックなり5バックを作り出すところ。なんだか、ヘンテコなのです。攻撃では2バック状態が頻出するし。     対する北九州を率いるのは、これまた新任の原田武夫監督。セレッソとかにいましたよね。昔むかしのサッカーゲーム(たぶん初期のウイイレだったと思う)で、しばしばお見かけしたような。ペリクルスとかが画面の近くで目に入ってくる印象。そんな原田さんが指揮を執っても、北九州はやはり伝統の442です。2ラインのゾーンで守って、組織的でソリッドなカウンターを突き刺していくやり方。北九州って、柱谷さんのときも、三浦さんのときも、なんだか、こういうイメージ。     簡単に言うと、“ポゼッションの福島”が攻めて、“カウンターの北九州”が受けるという、分かりやすい構図だったということです。で、こういう構図になると、往々にして、「ポゼッションする側が手数は多いのだけど、決定機の数に限ればカウンター側の方に多い」という状態になって、焦ったポゼッション側が自滅するってことになりがちなのですが、幸いにして、この日の福島は中盤の星が「練習でもできたことないやろ!」ってな反転ジャストミートシュートを決めて、前半のうちに先制しました。       ■後半

ビハインドを負ってハーフタイムに突入した北九州は、後半、攻めるしかありません。必然的にピッチ内の状況には変化が起こります。当たり前の話ですが、お尻に火がついた北九州が攻勢に立ち、本来はポゼッション志向の福島が受ける立場となります。前半とは逆の構図ですね。攻めに出た北九州の起点となっていたのは花井。えぇ、えぇ、あのグランパスユースの貴公子だった花井聖ですよ。期待のプリンスも流れ流れてJ3にいるわけですが、そのプレーは相変わらずエレガント。     花井を起点とした攻撃にサイド、特に左サイドを崩されまくった福島の田坂監督は「Z①」作戦で対応します。「Z①作戦って何だ?」って話ですよね。ワタクシもよく解りません。ベンチからピッチに指示を伝えるカンペに書いてあったんだから、「Z①」作戦としか言いようがないわけですが、要約するに、茂木を投入すると同時にシステムを442に変更して、ミラーゲーム状態に持ち込んだのです。システムのギャップを消したかったのでしょう。     それに対し、北九州は「茂平に3000点!」とか言いつつ(わかるアナタはもはや老人の手前のはず!)、福島ゴールをこじ開けようとしましたが、そこに立ちはだかったのが怪人ニウド。つい先日、福島に加入したばかりですが、ヴェルディ時代と何ひとつ変わらない怪人ぶり。周囲の運動量が落ちる中でも、1人で中盤の広大なスペースをカバーしてしまう。運動量とランニングスピードが人間離れしている。漫画家ならば、ずっと足を渦巻き状のグルグルに描くに違いない。     しかも、ニウドは(自称)演技派。勝ってる試合の終盤における痛がり方は、誰がどう見ても、サッカーを知らない小学生が見ても、わざとらしい演技だとわかるレベル。もうね、『スラムダンク』の桜木花道そのものなんですよ。そんなニウド花道の牙城を北九州は最後まで崩せなかったのですが、でも、実際の敗因は自滅ですね。先にも述べたように北九州の攻撃の起点は花井だったんですが、彼が交代で退いてから、ビルドアップの起点がDFの刀根しかいなくなってしまいました。それで攻撃のカタチを作れなくなったままタイムアップを迎えた感じですね。       ■日本代表への推薦状

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

クラブ初のACLベスト4へ【コラム風ブログ】

【J2・第32節_vs山口(A)】 『柔のストライカー』○5-3【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

8月月間ベストゴールを受賞した北川が、先発定着できない2つの理由【1Q92】

Jリーグホームスタジアム訪問記~ギラヴァンツ北九州~【This is J-league】

【GVK】輝いた刀と新たな一歩目(VS F東京U23) 【向日葵よ前へ進め!】

【GVK】変革の時?(VS藤枝)【向日葵よ前へ進め!】

【GVK】急募!アイデア力!(VS栃木)【向日葵よ前へ進め!】

【GVK】ベクトル(VS YS横浜)【向日葵よ前へ進め!】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
なるべく多くのチームをみたいと思って、関東圏のスタジアムを行ったり来たり。所用があれば、そのついでに遠いところのスタジアムにもいたりしますが、埼スタとかフクアリに比較的よく出没する模様。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4453041

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss