4thDayMarketCenter

水戸の勇戦〜水戸vs名古屋(9月2日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合前に名古屋サポーター向けに観光案内のVTRが流れて、そこでも言われてましたが、水戸と名古屋は“徳川御三家ダービー”でございます。

■前半

もはや周知の事実となりつつありますが、風間サッカーの考え方は「ボールを奪われなければ失点することはない」というもの。守備というものに対する概念がワタクシを含む小市民的サッカー好きの大多数とは全く異なっているわけですが、そういうなかでも、前半、相手の攻撃を連発でオフサイド地獄に引きずり込んだのは、戦術的なことなのでしょうか、それともただの偶然なのでしょうか。後者のような気がしなくもない。     ともあれ、風間サッカーでは、いろんな概念が我々とは異なる。システムとかポジションについても、それは同じで、ピッチを見てても並びがよくわからないのですよ。442だったとは思いますが、見方によっては小林をフォアリベロ(もはや死語か?)の3バックに見えなくもなかった。仮に4バックだったとすれば、両SBに相当していたはずの宮原と秋山の位置取りの高さがまるで非対称で、秋山を見ている限り、WBとしか思えない、みたいな。     そんな風間サッカーですが、昨シーズンのフロンターレと比較すると、まだまだ構築中という雰囲気。新たな風間スタイルという可能性もありますが、ずいぶんと印象が違う。ワタクシの感覚では、風間サッカーというのは、言うなれば、“無機質なパス回し”なんですよ。感情の籠もっていない、氷のようなオートマチズムでパスを交換し、相手守備陣形をズタズタにしていくような感じ。人工知能が将棋を差しているのと、少し印象が近い。     でも、現状の名古屋は、まだまだ選手に“人間くささ”を感じるのです。言い方を変えると、選手1人1人から“必死感”が伝わってくるというか、一生懸命に“この瞬間の最適解は何であるかを模索してます!”みたいなところが垣間見える。風間サッカーの場合、それではいかんのです。ありとあらゆる感情が封印された、キン肉マンと戦うまでのウォーズマンみたいなサイボーグであることが求められる。そういう意味では、グランパスの面々はサイボーグ化の途次を、いまだ彷徨っているのかもしれません。       ■後半

この試合、先制したのは、実は水戸だったりします。名古屋守備陣の緩慢なプレーに猛烈なチャージをかけた前田がボールを奪取し、そのままシュートを決めきりました。ただ、このゴールは、そこまで押し込みまくるって感じではなかった名古屋の目を醒まさせてしまったようなところもある。ここから、名古屋のギアが一段上がって、水戸のディフェンスが蹂躙されまくる状態への序章となってしまうような雰囲気も漂っておりました。     で、実際に、この夏、爆発的な得点力を見せつけ続けてきた名古屋は同点ゴールをもぎ取ります。シャビエルがコーナーキックを蹴って、シモビッチがヘディングで合わせるという、いわば脱法行為ともいえる力業。コーナーキックを奪うまでは流麗なコンビネーションでズタズタにされ、最後は飛び道具でゴールを奪われてしまうのだから、水戸的には「そんなん、ズルいですやん!」ってグチらずにはいられないこと請け合い。恐ろしや、トヨタンパス!     でも、水戸はここから崩れません。怯みません。よりいっそうの奮闘を見せてくれました。そこには、知将西ヶ谷さんの、割り切った戦略があります。具体的には、2トップが前田と斎藤という快速コンビで、さらに左SHにはキレキレのドリブラー湯澤を配する。この3人衆が、水戸の戦略そのものであったといってよい。縦への推進力に特化した選手を3人も併用するのだから、名古屋は常にカウンターの刃を喉元に突きつけられた状態になる。     また、この3人衆は、名古屋最終ラインはもちろんのこと、GK楢崎にまでスピード感溢れるチェイシングを見舞い続け、名古屋のビルドアップは文字通り“調子が狂う”という状況。どうにもこうにもリズムが整わないのです。保持率では名古屋の方が優位にあったものの、水戸は水戸として、堂々と渡り合っていた。風間監督も、西ヶ谷監督も、ともに慎重な用兵に徹したことも相まって、がっぷり四つのまま、90分+ロスタイムが過ぎていきました。1対1のドローは、妥当な決着かと思われます。        ■日本代表への推薦状   □推薦者 ・前田大然   □推薦理由

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

水戸の勇戦〜水戸vs名古屋(9月2日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

■cfreddie さん

コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまいました。

>水戸戦での名古屋は4-4-2ではなK、3-5-2の布陣です。

あぁ、やっぱりそうだったんですね。ワタクシも、そうかと思ったのですが、いかんせん、最後まで右ワイドが誰なのかが判断が付かなくて。
和泉と八反田が入れ替わり立ち替わりって感じだったんだとは思いますが
和泉はセントラルの位置でばかりボールに絡んでいましたし、
守備で5バックにセットするって場面も皆無でしたので、結局、よくわからなかったのです。。。

>前田選手に関しては、私は今の時点では頭打ちになる可能性が高いと思います。

確かにそうですね。夏前に比べると、対策を採られるようになってからは勢いに陰りがありますし。
とにもかくにも、代表に絡めるくらいにまで成長してもらいたいところですね。


水戸の勇戦〜水戸vs名古屋(9月2日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

はじめめまして。

水戸戦での名古屋は4-4-2ではなK、3-5-2の布陣です。というか、8月の愛媛戦以降の連勝時はずっと3-5-2でした。宮原は3バックの右で、秋山は左のウィングバックですね。まぁ、風間さんのやり方だと攻撃ではあまりポジション囚われた動きをしないですからね。

連勝中の町田戦でもそうでしたが、この試合では、やはり田口がいないのが響きましたね、特に攻撃面でのボール回しがかなり酷いノッキングを起こしてましたから(グラウンドの悪さは差し引くとしても)。
八反田は残念ながらまだ、田口の代役にはなれないなと思いました。

前田選手に関しては、私は今の時点では頭打ちになる可能性が高いと思います。スピードに頼ったプレーが通用するのは日本~アジアまでです。奇想天外なプレーは見ててドキドキするんですが、それだけにあの足下の技術不足が歯がゆくて。長所ばかりでなくその辺を向上出来れば、代表や欧州移籍も夢じゃないと思います。これからがいい方に期待を裏切ってくれることを願ってます。

こんな記事も読みたい

ルヴァンカップ 準々決勝第2戦 浦和☓C大阪 またもやアウェイゴールに泣く【浦和な生活】

オーストラリア戦選手評価 【 大迫勇也。乾貴士。浅野拓磨。井手口陽介。山口蛍。長谷部誠。 】【FCKSA66】

新型エスパルスの守備の弱点と攻撃の変化【猫に小判】

『グランパス』VS 水戸戦~根付かぬ芝と同様に~【赤の血潮と、青の魂】

『グランパス』VS 横浜FC戦~覚悟が足りない~【赤の血潮と、青の魂】

『グランパス』VS 福岡戦~成長過程~【赤の血潮と、青の魂】

『グランパス』VS 町田戦~大天使ガブリエル~【赤の血潮と、青の魂】

『グランパス』非情も情【赤の血潮と、青の魂】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
なるべく多くのチームをみたいと思って、関東圏のスタジアムを行ったり来たり。所用があれば、そのついでに遠いところのスタジアムにもいたりしますが、埼スタとかフクアリに比較的よく出没する模様。
  • 昨日のページビュー:587
  • 累計のページビュー:4453627

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss