4thDayMarketCenter

最後はグダグダ〜栃木vs盛岡(8月26日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

秋田新幹線とか山形新幹線とかが出来る前って、東北地方に行く新幹線は、基本、盛岡行きでした。当然、宇都宮にも停車します。ってなわけで、この試合は東北新幹線ダービーでございます。   ■前半   長谷川アーリアジャスールって、今、大宮にいるんですよね、確か。いつの間にやら欧州から帰ってきて、湘南からもいなくなって。この選手を一躍有名にしたのはFC東京時代のチャントであるといって過言ではないと思いますが、あの歌、「長谷川」「アーリア」「ジャスール」の3要素の順番をアベコベにしても成り立つと思いません? 例えば、ジャスール長谷川アーリアとかの順番にしても。見たーい♪見たーい♪なわけですよ。     この試合、先制点をあげたのは右のMFに入っていた牛ノ濱だったわけですが、なにゆえ、長谷川アーリアジャスールの話を枕に持ってきたかというと、牛ノ濱拓についても、長谷川アーリアジャスール現象が発生するのではないか、と。すなわち、さすがに「ノ」の位置を変えるわけにはいきませんが、「牛」「濱」「拓」の3要素に分解して、それぞれを適当に並べ換えても、それっぽい名前になりそうな。例えば、濱ノ拓牛みたいな。     ともあれ、栃木が先制したのですが、そんなことよりも印象的だったのが、芝のコンディションがそれはそれは劣悪だったこと。栃木グリーンスタジアムといえば、町田の本拠地である野津田と双璧をなすくらいに大自然なところ。どれくらい自然豊かかというと、虫除けスプレーが必要なのですよ。真夏の夜に煌々と照明がたかれていても、一般的にJリーグのスタジアムで虫除けスプレーが必要になることは、あまりない。少なくとも関東近郊では。     でも、栃木グだけは、念のため虫除けスプレーを振りかけておきたくなるのです。それぐらい豊か自然に包まれているのに、植物であるはずの芝のコンディションが悪いというのは、いったい、どういうアンバイなんだ?と。まあ、日本で「芝」といえば、「手入れの行き届いた庭」を連想させるみたいなところもありますし、そういう意味では「自然の象徴」というよりも、「人工物の象徴」という要素が強いと言えなくもないんですけどね。       ■後半   栃木リードのまま、試合は後半に。それにしても、前半は、いかにも“J3の試合”って印象が強かった。まず、両チームともシステムが442。欧州とかは知りませんが、日本ではカテゴリーが下がれば下がるほど442が多くなる。そして、そういう442対決となれば、特に前半においてとられる戦術は、ある程度、パターン化される。そう、「相手最終ライン裏にロングボールを出しておけ!」大作戦ですね。栃木も盛岡も、まずはそれ。     そして、アクシデンタルなボールの奪い合いを制し、攻撃を仕掛けられそうな局面ができれば、そこからは、よーいドン! 縦へ縦へと相手ゴールに向かって押しかけるのですよ。少なくとも前半の45分については、そういう応酬の繰り返し。唯一相違点があるとすれば、栃木の側にはネイツ・ペチュニクという明確なターゲットマンがいたこと。そら、東欧の国でナショナルチームの一員に選ばれたりもする選手ですから、収めますよ。     そんな前半と比べて、後半はパスが繋がるようになります。もっとも、それは攻撃のクオリティが上がったからではなく、守備の問題。真夏ですからね、後半ともなると、運動量が落ちて、途端にスペースができるのです。それが日本のサッカー。キンチョウの夏、Jリーグの夏なわけです。特にサイドはスコスコになります。両チームとも、SHをSBが追い越して攻撃をしかけ、でも、シュートまでは持ち込めないままボールを奪われ、そして戻りきれずに相手のサイドアタックを受ける。ってのを繰り返します。     それでも、気合いと根性で最後は守る。エリア内でワーワーとカラダを張り、ブロックしたり掻き出したりしてゴールを守る。真夏の消耗戦、しかもJ3ですから、そりゃもう、そうなるしかない。その中で栃木は西谷が2ゴールを決めて、勝ち点3をゲットしました。ただ、西谷が決めて2ー1になってからは、一気に緊張の緒が切れたということか、とてもとても大味な展開になって、最終的なスコアは3ー2。勝った栃木としても、あまり褒められた試合とは言えないでしょう。       ■日本代表への推薦状   □推薦者 ・栃木の黄金カルテット   □推薦理由   いや、栃木の中盤って、J3水準でいけば、なかなかのメンツじゃありません? まずボランチが仙石と岡崎建哉。柏ユースのゴールデンエイジを代表するテクニシャンである仙石と、J1のチャンピオンチームでもそれなりに試合に絡んでいた岡崎ですから、J3としては豪華。で、オフェンシブな2枚はゴールを決めた牛ノ濱と西谷。アビスパ時代に既に試合に出ていて、大成を嘱望された濱ノ拓牛と、大卒ながら栃木生え抜きで、もはやチームの看板になりつつある西谷。     栃木、そんなクオリティの高いMFがカルテットを組んでいる。黄金の中盤。懐かしい響きですね、ジーコ時代にもてはやされた言葉です。あの時はものの見事に大失敗でしたが、別にだからといって黄金の中盤を封印する必要はない。「あの時はジーコに問題があったわけであって、黄金の中盤という構造に本質的な問題があったわけではない!」と強弁しようとすれば、できなくもない。ってことにして、そろそろ見たくないですか? ファンタスティックに振り切れた日本代表ってものも。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

初めまして。【「柏から世界へ」の下に集う民】

いざオーストラリア&サウジ戦!日本代表にインサイドハーフ導入を!!【蹴球オタクの古今東西】

2017:J2:30節:A:vsロアッソ熊本「攻撃の機能不全解決も中位や上位のチームに通用するかどうかが課題」【蹴鞠談議2】

DFラインをどこにするか?【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

Jリーグホームスタジアム訪問記~栃木SC~【This is J-league】

灼熱の逃げ切り劇〜SC相模原vs福島(7月31日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

ムリキが話題でしたが・・・〜FC東京U23vs栃木(5月1日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

J2栃木のJ3降格について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
なるべく多くのチームをみたいと思って、関東圏のスタジアムを行ったり来たり。所用があれば、そのついでに遠いところのスタジアムにもいたりしますが、埼スタとかフクアリに比較的よく出没する模様。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4453041

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss