4thDayMarketCenter

結局、北野誠は良い監督なのか??〜横浜FCvs讃岐(5月17日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

カマタマーレの監督さんは誰かさんと同姓同名の北野誠。そして、横浜FCのベンチにいるセカンドGKは北野貴之。そういう意味では北野ダービーだった試合てす。

■前半

週の真ん中水曜日。ミッドウィークの試合というのは、週末と少し趣が違って、スーツを着ている中年サラリーマンが多い。おそらくスポンサーさん絡みということなのでしょう、管理職っぽいロマンスグレーもちらりほらり。そんなスタジアムが迎えた相手は瀬戸の花嫁カマタマーレだったわけですが、北野さんって実は熱血漢なんですね。前半の早い時間帯からなんだかフォースオフィシャルと丁々発止していましたよ。落ち着いていこうぜ!     そんな北野さんが率いる讃岐って、個性派揃いですよね。左サイドでは馬場と高木和正がコンビを組み、右には渡邊大剛。我那覇は帯同しておりませんでしたが、2トップの片割れは西則弘だったりする。北野監督が侮れない面々に叩き込んでいるサッカーは、一言で表現するならば“キック&ラッシュ”。左SBにコンバートされた高木和正あたりの高精度ロングキックで一気の縦パス。前線の選手は迷わず「ワ〜ワ〜!」と裏抜けを繰り返します。     対する横浜FCは、先日見た試合のマッチレポでも書いたような気もしますが、意識が完璧に共有された美しきカウンターで相手を追い詰めていきます。ともかく、ボールを奪ってからの意思統一が素晴らしい。強いときの鹿島のようです。おそらく、中田監督がチームに植え付けていることって、そんなに複雑なものではないのではなかろうか。こういうのって、植え付ける内容がシンプルであればシンプルであるほど、状況に左右されずに機能するような気がする。     で、横浜FCのカウンターを見ていると、実はカウンターってのは、個人能力に優れた選手たちをシンクロさせるための戦術なんじゃないかと思われてくる。機能美を発揮するカウンターって、まず、相手のボールをしっかりとマイボールにして、素早くルックアップした上で、ワンタッチのパスを繋いでいかないといけない。ロングボールならば、相手に競り勝ってボールを収められるタレントが前線にいないといけない。しかも、誰が攻撃の起点になってもアベレージ高くプレーできないといけない。そんなん、タレント集団じゃないとムリですやん。       ■後半

そんなわけで、キックオフ直後にさっさとPKを奪い、あっという間にイバが決めて先制した横浜FC。ビハインドを負った讃岐は後半の開始とともに、西を下げて仲間をピッチに送り込む。後半の10分くらいには仲間を2列目に落として、弟の方の木島こと、木島徹也を投入。続けざまにトップをテコ入れして、状況の打開を図ります。     こういう選手交代を見ていると、北野監督的には前線の動き出しというか、貰うための工夫に対する不満があったんですかね。先発の2人にせよ、途中交代の2人にせよ、電柱系というよりもムービング系。しっかりスペースを見つけてカウンターを発動させろ、ということだと思われますが、ただ、これは相当に高難度なミッションなのではなかろうか。なんせ相手は組織においても個においてもJ2屈指の守備力を誇るチーム。そんな簡単に剥がせませんよ。     ってことに気づいたからか何なのか、後半の25分過ぎに漸く原一樹を投入。これで木島とともに、比較的相手を背負える系のFWが2トップを組むことになり、それまでも攻め込めるようになっていた讃岐が加速します。そして、大黒柱ともいえる馬場が見事なミドルシュートを突き刺しました。馬場はベルマーレユース育ちの湘南ボーイだったように記憶しておりますので、隣接エリアの横浜で、故郷に錦を飾る的なことになったものと思われます。     同点に追いつかれた横浜FCはジャンボ大久保を投入し、イバとジャンボという、J2では反則的なツインタワーで勝ち越しゴールを目指します。でも、なんだか今ひとつ機能しません。それでも横浜FCは勝ち切ることに成功しました。決勝ゴールは佐藤の反則的なループシュート。あんなん、ムリですやん。というか、観客が2000人かそこらの試合で見せちゃいけないですやん。それくらい芸術的でしたよ。皆さんも是非、動画で見てください。     ■日本代表への推薦状

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
横浜FC
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

湘南0-3福岡【吉塚FC日記+】

湘南に完勝【avi背番号12】

2017:J2:14節:A:vs愛媛FC「負ける逆算悪しき伝統」【蹴鞠談議2】

J2リーグ 第13節 讃岐x東京V(0:0)【J2にしがみつく】

J2リーグ 第12節 京都x讃岐(1:0)【J2にしがみつく】

J2リーグ 第11節 讃岐x千葉(1:1)【J2にしがみつく】

J2リーグ 第10節 松本x讃岐(4:0)【J2にしがみつく】

J2リーグ 第9節 讃岐x岐阜(1:3)【J2にしがみつく】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
なるべく多くのチームをみたいと思って、関東圏のスタジアムを行ったり来たり。所用があれば、そのついでに遠いところのスタジアムにもいたりしますが、埼スタとかフクアリに比較的よく出没する模様。
  • 昨日のページビュー:2360
  • 累計のページビュー:4358811

(06月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss