4thDayMarketCenter

J3における実力差はやむをえない〜YS横浜vs鳥取(5月7日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥取とか日本海側って、江戸時代には北前船的なあれこれで、それはそれは繁栄したそうな。米子とか。で、今や世界屈指の港が横浜。なわけで、このカードは新旧港町ダービーですな。

■前半

J3の試合を見ていて、よく感じるのですが、やっぱり、かつてJ2に所属していたクラブというのは、その頃の蓄積がありますから、サポーターが多いですよね。去年の大分は極端なパターンであるにせよ、鳥取も元J2としての沽券が偲ばれます。ただ、ピッチの中で繰り広げられた光景に関して言えば、前日に観戦したFC東京U23vs琉球よりもJ3臭が香ばしめ。見ていて「まー、J3だからなぁ」と感じることが多かった。     どの辺がJ3っぽかったかと言うと、それはそれは縦ポンスペシャルだったのですよ、鳥取さん。ビルドアップという概念などに惑わされることなく、ただひたすらに前線の選手を相手DF裏に走らせ続ける。そんな鳥取を率いるのは、今年から森岡隆三監督ですね。森岡さん、プレーの途切れ目などには選手を呼び寄せて、何か細かく指示を出しておりましたが、守備の指示だった模様。攻撃の指示を出してアレだったら、ある意味でミラクルです。     「守備は約束事、攻撃はインスピレーション」なんてことがしばしば言われますが、森岡さんもそう考えているのでしょう。その証拠に、あの前田俊介が先発でしたし。組織ではなく個を重視するならば、このタレントを起用しないわけにはいかない。ただ、肝心なところが解決できてない。最前線を徘徊する前俊にどうやってボールを届けるかってところに問題が山積みでした。というか、そもそも前俊が貰おうとしていなかったような気もする。     対するYS横浜は、ある程度そのあたりはトレーニングされている。ボールを奪ってから、どうやってボールを前に運んでいくかってところで、一定の決まり事が共有されていたように思います。こういうところは、YS横浜を去年から率いている樋口監督らしいですね。この監督さんは、どこに行っても、「当然、最低限これだけは教えるよね」ってことをしっかり教えるイメージ。その一方で、スペシャルワンな何かを感じさせないイメージでもありますけど。。。       ■後半

試合は前半のロスタイム前後に動きます。動いたようです。その直前に蹴り出されたボールがスタンドに飛び込んできて、その行方を眺めているうち、スコアが動いてしまいました。その後、大型ビジョンのスロー再生で確認しましたけど。ともあれ、リードした状態で折り返した鳥取は、後半開始まもなく、ソツなく追加点をあげます。決めたのはハーフタイム明けから投入された河合。その起点となったのは前俊の、いわゆる“鬼パス”でした。受け手がアタフタしているうちに、結果オーライ的にチャンスになって、河合がズドン!     リードを広げた鳥取は、余裕の試合運び。全体として、YS横浜の方が洗練されていたんですけどねえ。サイドチェンジとか横幅を使った攻撃なども織り交ぜて、テンポよく攻撃を仕掛けるYS横浜なんですが、そこからゴールまでが遠かった。もうね、こうなってくると“個のクオリティ”としか要素が見出しがたい。ゴール前でモタついたり、失点についても、なんだかエアポケットみたいなものができてしまったり。小さなミスを帳消しにする部分のクオリティが足りないのかもしれません。     で、そこの不足を補うべく投入されたのが仲村京雅。ユース年代では国際舞台でも活躍した選手だけあって、テクニックはJ3レベルを軽く超越している。この選手にボールが渡れば、あっという間にチャンスとなる。ただ、それでもYS横浜は決め切れません。やっぱり、J2経験があるかないかの壁って、かなり高いようですね。例えば、YS横浜でいうと、辻なんかはしっかりプレーできていましたが、それ以外の選手は、最後まで“やり切る”ってことができなかった。妨げられてしまっていた。     それでも、町クラブの希望としては、町クラブならではのサポーターの後押しを裏切るわけにはいかない。鳥取GKの遅延行為だかバックパスだかで得た間接フリーキックをスイっと決めて1点差に追い上げます。残念ながら、コーナーキックのチャンスで一度ならず上がっていったGKフィリップの奮闘も報われず、そのままタイムアップとなりましたが、最低限の意地は示せたのではないでしょうか。鳥取サポは鳥取サポで素敵なGWの締めくくり。月曜日からは頑張って働きましょう。       ■日本代表への推薦状

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
YSCC
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017Jリーグ第10節 浦和☓鹿島 気迫はいざこざではなくプレーで魅せろ【浦和な生活】

《セレッソ》アノ失点はいただけないなぁ~【南大阪に吹くマリンの風】

J2リーグ 第12節 京都x讃岐(1:0)【J2にしがみつく】

前俊を諦めない【鳥取】【強小の力】

天皇杯 鹿児島戦【鳥取】【強小の力】

【スーパーラグビー サンウルブズVSストーマーズ戦を見て】【横浜港北ラグビー観戦部】

凱旋【鳥取】【強小の力】

2017シーズン開幕【鳥取】【強小の力】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
なるべく多くのチームをみたいと思って、関東圏のスタジアムを行ったり来たり。所用があれば、そのついでに遠いところのスタジアムにもいたりしますが、埼スタとかフクアリに比較的よく出没する模様。
  • 昨日のページビュー:7100
  • 累計のページビュー:4447914

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss