4thDayMarketCenter

若さの脆さ〜FC東京U23vs琉球(5月6日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京と沖縄、、、硫黄島って東京都ですよね。そういう共通点がありますね。平和こそ宿願。

■前半

キムジョンソン監督率いる琉球って、地味に評判が良いですよね。だから、てっきり、風間さんや大木さんみたいにつなぎ倒す系のパスサッカーなんだと思っていたのですが、あくまでそれは先入観。決して爽快なパス交換で相手をてんてこ舞いにするって感じではない。むしろ、今ひとつ特長が伝わってこないようなサッカー。千鳥のノブならば、「クセがスゴいんじゃ!」と言わずに「クセの無さがスゴいんじゃ〜!」って嘆きツッコミしそうなスタイル。     そんか、なかなかスタイルの要領がつかみづらい琉球は、とにもかくにもキックオフとともに「ワ〜ワ〜!」と攻め立てて、そのままセットプレーがらみで先制してしまう。開始5分とか10分とかの先制ゴール。FC東京U23の面々は浮き足立ちます。そして、そんな浮き足立ったメンタルをコントロールできないまま、小川がイエロー2枚で退場します。よりによって、小川か。2種登録とかが多いなか、数少ないトップチームでの公式戦出場がある選手。それが退場しているようでは、暗雲たちこもるってもんです。     それにしても、ワタクシって疫病神なんですかね。だって、この前はジェフvsヴォルティスで馬渡の退場を目の当たりにしているんですよ。一週間で2回も前半でのレッドカードに遭遇しますかね。。。なんか、スマン。そして、これをきっかけに、琉球のスタイルが垣間見えてきます。普通、10対11になったらボヤけてしまいがちなんですけど、琉球、千鳥のノブの口調を借りるなら、「ペースダウンがスゴいんじゃ〜!」。これぞ琉球スタイル。     1人減ったことで、FC東京U23としてら441というか、423みたいな形になって、その3トップが左からユインス・ネイサンバーンズ・久保健英。これはこれで、なかなか、というか、相当に魅惑的じゃないですか。ただ、久保君は取り立ててスピードがあったり守備で貢献できるわけでもないし、バーンズはバーンズでハイボールに競り勝つってところまでは出来ていなかったので、バーンズとユインスの単独突破型両サイドにメッシ久保の0トップの方が効率的だったような気がしないでもない。       ■後半

まあ、前半のうちに勝負はあったんですよ。先制して数的優位になってから、ソツなく富所の2ゴールで琉球が引き離していましたので。ちなみに、FC東京U23の2失点目はGK波多野が股下をぶち抜かれたもの。とりあえず落ち込んでおけ、波多野よ。さらに、ゲームが荒れるなかで米本がイエローをもらい、いろんな兼ね合いを鑑みて、そそくさと交代していたので、この時点でFC東京U23が、この日のマックスを表現できる状況でもなくなっていた。     となれば、残された選択肢は「ユインス、頑張れ!!」大作戦、バーンズも60分の試運転で御役御免になっていましたし。ユインスは、昨シーズンから明らかにJ3では格の違いを見せつけまくっていたので、それなりに琉球守備をアタフタさせたりもします。でも、琉球はしたたかななんです。相手のハイテンポに付き合わず、わざとらしくペースダウン。FC東京U23としては、無駄に走らされて気づけば蟻地獄に。そう、試合展開に応じた意思統一こそ、琉球スタイルなんだと思われます。     そんな琉球スタイルはカードインフレ状態にあったこの試合で十二分に発揮されます。そうなんですよ、この試合の主審さん、家本さん系だったのですよ。で、その家本さん系モードに対応できないどころか、ますますヒートアップしたFC東京U23は内田までイエロー2枚で退場となります。内田のプレーは確かにイエローものだったので致し方ないところ。主審さんの傾向を踏まえるならば、あまりにも不用意であったと言わざるを得ません。     逆に琉球は、そういうトリッキーな主審の傾向と対策を完全に把握して転がしておりました。だって、琉球にはほとんどカードとかファウルは出ていませんでしたもん。しかも、リードされて数的にも不利で焦りまくる相手チームを手玉にとって、あざ笑うかのように、統一された意識のもと、ダラダラと試合を進めるんですもん。FC東京U23の若武者たちは、空気の読めない審判だけでなく、空気を読みまくった相手チームへのフラストレーションを押さえきれず自滅してしまいました。FC東京U23の完敗です。       ■日本代表への推薦状

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
FC東京
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Jリーグ青田買いリスト 水戸のかぶき者、前田大然【赤の血潮と、青の魂】

【おかえり】続くホーム未勝利【ドクトル】【紫熊のサンフレ観戦記】

前俊を諦めない【鳥取】【強小の力】

普通にピッチ内で溶け込んでることが既にスゴイ!久保建英がJ1トップデビュー!【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

ピーカン☆味スタで何とか勝ち点3を奪取!【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

永井謙佑「Time is running out」【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

FC東京U23vs鹿児島(4月2日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

隠れキーマンは上本大海?〜FC東京U23vs鹿児島(4月2日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
なるべく多くのチームをみたいと思って、関東圏のスタジアムを行ったり来たり。所用があれば、そのついでに遠いところのスタジアムにもいたりしますが、埼スタとかフクアリに比較的よく出没する模様。
  • 昨日のページビュー:7100
  • 累計のページビュー:4447914

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss