4thDayMarketCenter

マリノス10番のバトンタッチ完了〜横浜vs磐田(4月8日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

そういえば、あんなに強かった黄金期のジュビロに引導を渡したのが岡田マリノスでしたね。そんな一戦。   ■前半

なんだか、序盤からヒートアップしていましたね。「荒れる」って程ではありませんでしたけど、互いの気迫と気迫がぶつかり合うような肉弾戦。ガチンコの潰し合いというか。イエローは控えめでしたけど、熱い展開となったのは、志向しているサッカーが似ているからでしょうか。どちらも、ボールを大切にしながら、テンポよくビルドアップしていこうというサッカー。J1においては、常道ともいえるスタイルの攻防が繰り広げられました。     序盤の主導権を握ったのはマリノス。ジュビロは、なかなか長いボールが川又に収まらなくて苦労していましたが、俊輔と松浦がポジションを替えてからは、全体的にリズムがよくなり、ペースを引き寄せることに成功しました。キーマンは俊輔。この試合ではマリノスの俊輔ではなく、ジュビロの俊輔。でも、マリノスサポの俊輔愛は永遠。だって、俊輔がボールを持つと一斉にブーイング。あんな一糸乱れぬブーイング、愛がないと発生しませんやん。     そもそも、日産スタジアムはスタンドからピッチまでの距離が果てしなく遠い。背番号とか、ゴール裏からでは確認できない。それでも、俊輔がボールを持つと、それが俊輔だってみんなわかるんですよ。そんなん、愛がないとムリですやん。とはいえ、マリノスというチームではすでに俊輔のいない日常が始まっている。皮肉なもので、どういうわけだか、俊輔がいた頃よりもリズムカルなパスサッカーが実現している。厳密にいえば、実現しかけている。     そんな前半のマリノスサッカーをオーガナイズしていたのは、中盤のアタッカー陣でもなければ、若きボランチコンビでもない。中澤を中心とした最終ラインが相手のクリアを回収しつつ全体を司っていたような。そこから、序盤は右へ左へパスを展開していた。していたのですが、攻撃の多彩さという部分では、あまり長続きしませんでした。気がつけば、やがて斎藤学のドリブル突破に依存するようなパターンばかりになっていった。       ■後半

前半は1ー1で折り返しました。マリノス新10番斎藤学の絶妙なアシストをマルティノスがヘッドで叩き込んだ先制ゴール。それに対し、マリノス旧10番俊輔も黙っていない。やはり、大井の同点ゴールをアシストしました。で、後半の戦い。ハーフタイムが明けると、前半とは趣が異なっていた。前半がビルドアップ合戦だったとするならば、後半はカウンター合戦。どちらもスピーディーな突破から相手ゴール前に押しかけていきます。     その傾向はジュビロの名波監督が太田に代えてアダイウトンを投入したことで、いっそう顕著なものに。アダイウトンと斎藤学、キャラ的にもポジション的にも完全にミラー状態やないですか。そりゃ、どちらも左サイドのカウンター突破に特化していくってもんですよ。さながら“マウストゥマウス”。もちろん、マウストゥマウスといっても、中学生がときめいた人工呼吸法のことではないですよ。ゴールマウスからゴールマウスへという展開となったっつうことです。     そんな攻防を繰り返すなかで、スコアを動かしたのは、マリノス。セットプレーからの流れで斎藤がロビングを放り込み、それがまるで吸い寄せられるかのように金井の足元にスポッと収まり、金井が決め切りました。斎藤のロビングも金井のトラップも、ほとんど偶然としか思えませんけど、えてしてそうやって得点は決まるもの。この時間帯、どちらかというと優勢に試合を進めていたジュビロとしては、落とし穴とかエアポケットにハマってしまった気分でしょう。     リードしたことで、マリノスのモンバルエツ監督は逃げ切りモードに突入。扇原をトップ下としてピッチに送り込みます。守備的な大型ボランチのトップ下起用。どこかで聞いたことあるなと思いきや、セレッソにおける山村状態。セレッソ育ちの扇原が、現在のセレッソで鹿島デビューの山村がつとめているのと同じ役割をマリノスで担うというのも何だか皮肉ですけれども、そんなことはピッチにゃ関係ない。終盤には同じくクローザーとして栗原も途中出場したマリノスが、堅実に逃げ切りました。       ■日本代表への推薦状

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
横浜FM
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

OSAKA Sports tour!! その2 【You's world news co.,】

狂ったリズムの方程式〜ジェフLvsベレーザ(4月8日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

なでしこジャパンvsコスタリカ 親善試合【球マニアのBLOG】

前年度的中率72.2%!2017J1リーグ順位予想~ジュビロ磐田編 ~【キキアシワアタマ】

[考察]今シーズンのジュビロ磐田(GK編)【全ては磐田の勝利のために】

ホーム開幕カードが決定 開幕節、ジュビロ磐田はアウェーでセレッソ大阪との対戦【全ては磐田の勝利のために】

中村俊輔選手がジュビロ磐田へ完全移籍加入【全ては磐田の勝利のために】

【現地観戦記】2016年10月16日 カールスルーエSC VS 1FCニュルンベルク【ブンデス観戦記など】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
なるべく多くのチームをみたいと思って、関東圏のスタジアムを行ったり来たり。所用があれば、そのついでに遠いところのスタジアムにもいたりしますが、埼スタとかフクアリに比較的よく出没する模様。
  • 昨日のページビュー:2523
  • 累計のページビュー:4345613

(05月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss