4thDayMarketCenter

スタイルとスタイルのぶつかり合い〜福岡vs熊本(3月19日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

バカンス真っ只中も真っ只中。この日はアビスパvsロアッソ。結局、加藤清正と黒田長政ではどっちが強いんだ?と。

■前半

この日のスタメンを眺めていると、巻とウエリントンなるターゲットマンが、それぞれのチームにいましたので、特に序盤の戦いにおいては、そこに向かってロングボールを放り込んで、状況を伺うような応酬が続きます。とはいえ、こと熊本に限っていえば、決して縦ポンサッカーといった類ではない。巻に向けて蹴れば、勝てないまでも、必ず競ってくれますから、ボールがスクランブルにはなる。それを拾えてからの熊本は、なかなかのパスサッカーでしたよ。
  Jリーグサポーターなら覚えていると思いますが(願いますが)、昨シーズンも震災が起きるまでは好調だったんですよね、熊本って。その貯金があったからこそ、残留を遂げたのであって。本来なら奇跡の残留だったはずなんですよ。震災後、Jリーグの底力というか、巻誠一郎の人徳によって、表現は大変に不適切かもしれませんが、ロアッソはある種の「感動ポなにがし」チックに取り上げられて、それはそれで復興のプロセスにおいてとてもとても大切だったのですが、なんだか、それまでの快進撃が忘れ去られがちなのが、少し歯がゆいというか、ね。
  例えていうならば、最近になって『ゴッドタン』に出るようになった矢口真里ですよ。『ゴッドタン』を見ていると、「矢口って、バラエティー対応能力ハンパないな」って思っちゃいますもん。例の騒動以降のイメージが強すぎて、すっかりワイプの女王であったことを忘れてしまっている。「それ以前の物語」を軽視しちゃいけないってことです。
  熊本の話が長くなりました。福岡について。福岡は、あくまで福岡です。ウエリントンの高さと駒野&亀川の推進力を生かす。亀川は亀なのに速い。それを司るのは ダニルソンと岩下。この2人の高精度ロングキックが、福岡のストロングポイントを輝かせる。そんな岩下、この日も巻へのラフプレーが取り沙汰されましたね。スタンドからは、大袈裟なリアクションで岩下をイライラさせようとしているのかな、とも思われたのですが、映像だとまた違ったビジュアルがあるようです。岩下はどこまでも岩下である、的な。  
  ■後半

サッカーのクオリティとしては熊本の方が日本人のご贔屓に叶うと思われます。思われるのですが、それでも先制するのは福岡だったりする。さすがの井原イズム。セットプレーから期待の冨安がヘディングで仕留めました。こういう、専守防衛から力業でゴールを勝ち点を奪うってのが、井原イズムの醍醐味。まるでJ1に昇格した年のシーズン終盤みたいだぞ。監督を変えないということは、ブレないことを選んだということ。井原アビスパは、あくまで井原アビスパとしての道を進む。
  先制したことにより、福岡の守備にリズムが出てきます。それまではリトリートすることが多かったのですが、高い位置でのプレスがハマるシーンも目立つように。それでも熊本は、プレスから逃げずに剥がしていく。福岡は小気味よく戦略的なカウンターをしかけ、熊本は小気味よく持ち前のパスワークを披露する。ホント、サッカーしてましたねえ。それぞれの特長の歯車ががっちり合っていた。…バカンス真っ只中だからか、ここ数試合、誉めすぎですかね??
  そんなスリリングな展開のなか、熊本が同点に追いつきます。このゴールはなかなか凄かったですよ。熊本がしっかりビルドアップするも福岡にリトリートされ攻め倦ねる。そこで最終ラインの光永までが崩しに参加し、あろうことかスルーパスとか出しちゃう。それが猛然とライン際まで走り込んだ片山に通っちゃう。この時点までを見るだけでもお金を出せるところに、片山のクロスに巻が執念の身のこなしでヘディングシュート。それが決まる。いやあ、素晴らしい同点ゴールでした。アッパレ、アッパレ。
  ここからは、ガチでオープンな展開が続いたものの、カウンターから抜け出したポッピを防ごうとした黒木が一発レッドで退場になったことで、再び試合が動く。なんだか、一発レッドって、久々に見た気がする。これも映像で見ると賛否両論あるようですが、仮にシミュレーションでなく、当たって倒していたとしても、状況的に「決定機阻止」とまで言えるかなぁ。。ポッピ、たぶん、あの流れで突っ込めたとしても、決められてないよ。ともあれ、一人少なくなって混乱が収まらないうちに、ササッとウエリントンが問答無用で決めて、アビスパか勝ちきりました。  
  ■日本代表への推薦状 □推薦者 ・光永祐也

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017Jリーグ第4節 G大阪×浦和【浦和な生活】

連勝で〆。このインターバルを活かせるか【サッカーをぼそぼそつぶやく】

2017:J2:4節:H:vs京都サンガF.C.「前進!上昇!エース復帰で今季初勝利!」【蹴鞠談議2】

フルマラソンとゴール裏と・・・( ´艸`)【キキアシワアタマ】

【J2リーグ・9】2016年4月9日(第7節)/ロアッソ熊本 vs レノファ山口FC/うまかな・よかなスタジアム(熊本県熊本市)【55キロのぶらり旅 ~スポーツ観戦編~】

Jリーグホームスタジアム訪問記~ロアッソ熊本~【This is J-league】

泥水をすすってでも前に進む〜横浜FCvs熊本(7月16日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

5月以降の熊本復興支援活動について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
なるべく多くのチームをみたいと思って、関東圏のスタジアムを行ったり来たり。所用があれば、そのついでに遠いところのスタジアムにもいたりしますが、埼スタとかフクアリに比較的よく出没する模様。
  • 昨日のページビュー:187
  • 累計のページビュー:4310756

(04月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  7. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss