4thDayMarketCenter

Jリーグ的指揮官同士によるJリーグ的好ゲーム〜長崎vs金沢(3月18日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

バカンス真っ只中。広島から長崎へ。戦後日本の繁栄の起点となるシンボリックな2都市ですが、修学旅行なりなんなりで、その辺の学習は経験済みですので、今回は純粋にフットボールを楽しみます。

■前半

高木琢哉と柳下正明、かつての青年監督もいまやキャリアをたくさん積んで、貫禄さえ感じるのはワタクシだけでしょうか。どちらも、その特徴は「安心安全」とか「信頼と実績」みたいな感じ。特別に目立つようなところはないものの、確実にチームを仕上げてくる。そのうち、柳下さんは4バックのイメージが強かったのですが、金沢ではトレンドに漏れず3421を採用していて、この試合のマッチアップはミラーゲームとなりました。     基礎をみっちり叩き込む系の好指揮官同士の対決で、システムもミラー状態となれば、一般論的には、詰め将棋を見ているような固い固い展開になりそうなところですが、スコアがポンポンポンと動きます。まずは開始早々、コーナーキックをヘディングでズドン、長崎が先制します。しかし、長崎は最終ラインのもたつきをかっさらわれてしまい追いつかれてしまう。まあ、セットプレーとミス絡みですからね、失点のしかたとしては、教科書的。両指揮官のカラーを反映していると考えられなくもない。     セットプレーやミスでの失点って、英単語のテストでナイフを「n」から始めたり、読みを「クナイフ」って発音しちゃったりするのと同じくらい教科書的な過誤ですよね。ついでに言えば、得点者が長崎の先制点は木村で、同点弾が金沢の西川。どちらも3トップの真ん中、要するにCFなわけで、スコアラーがCFというのも、なんとも教科書的ではなかろうか。やっぱり、両指揮官のカラーを反映している。     そんな、イメージがかぶってしかたない両チームですが、それゆえ、個の差というものも浮き彫りになる。個については、明確に長崎が上でした。島田と養父からなる魅惑のWボランチといい、木村と澤田と幸野からなる魅惑の3トップといい。なかでも、島田の黒子っぷりは素晴らしかったですね。「気づけば、そこに島田」みたいに、守備も攻撃もどちらもですが、特に守備において、「面倒事は全て島田が処理してくれます」状態でした。       ■後半

さて、後半。前半のうちにもう1点、スコアが動いていて、翁長のミドルで長崎が勝ち越してました。左アウトサイドの選手が、右に持ち替えてデルピエロゾーンからのミドルシュート。このパターンも、やっぱり教科書的だったわけですが、特筆すべきはそこではなく、後半に入っても、両チームとも連動したプレスが衰えなかったところ。いくら春先のナイトマッチで走りやすい気候だったとはいえ、「鍛えられたチームは違うなぁ」と実感させられます。     ゲームがともかく引き締まっているのですよ。特に守備が。良くも悪くも90分間つぶし合いがエンドレス。逆にいうと、双方ともに自分たちのカタチで攻撃をしている時間が短いということですから、それぞれの必殺パターン、エグいヤツってのが、よくわからない。上品な表現をするならば、「クセがない」。どれくらいクセがないかというと、千鳥のノブが激怒するくらいにクセがない。     例えば、アンジャッシュの児島が、名字を間違えられて「児島だよ!」ってツッコミたいのに、敢えて周りが間違ってくれず、「間違えろよ!」ってなるときのように、ノブ的には「『クセがすごいんじゃ』って言わせ〜よぉ」ってツッコんでしまうくらいにクセがなかった。敢えてクセを挙げるなら、金沢はボールを奪うとゴールに向かって一目散な雪崩アタックであったのに対し、長崎はボールを奪うとサイドに一目散してからクロスを入れていくといったくらいの差はあったような記憶がなくもない。    「ボールを奪うとゴールに向かって一目散」と表現しましたが、要するに金沢は縦ポンなんですよね。でも、それを非難するのはお門違い。まずはじっくり時間をかけて守備などベースの部分を作り上げる。中途半端に攻撃への色気を見せて自滅しない。そういうところが、いかにも柳下さんらしい硬派っぷり。垣田を投入して、とにかく圧をかけて同点を目指しながらも、怪人ファンマの奮闘などもあって結局は追いつけなかったですが、それは、この段階において不可避的に発生する成長痛みたいなものでしょう。       ■日本代表への推薦状 □推薦者 ・高木琢哉

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

J最強のアタッカーコンビ誕生か~ウタカと大久保~【ダブルボギーの憂鬱】

ナカユビ【しみずにっき】

初黒星【ダブルボギーの憂鬱】

《放送予定》3月18日 J2第3節ツエーゲン金沢vs湘南結果 柳下監督会見、廣井・作田・野田・宮崎・佐藤選手インタビュー ウェルカム活動についても【情熱サッカー@kanazawa】

《放送予定》3月11日 J2第2節ツエーゲン金沢vs水戸 柳下監督会見、廣井・太田・中美選手インタビュー  水戸 橋本選手(金沢市出身)インタビューも【情熱サッカー@kanazawa】

富山に行ってきた@入れ替え戦【北陸ダービーが見たい】

《放送予定》3月4日 J2第1節ツエーゲン金沢vs愛媛 結果、柳下監督会見&白井、野田、山藤、大槻選手インタビューを【情熱サッカー@kanazawa】

《放送予定》2月25日 J2ツエーゲン金沢 開幕直前!柳下監督、大槻・山藤・廣井選手インタビュー【情熱サッカー@kanazawa】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
なるべく多くのチームをみたいと思って、関東圏のスタジアムを行ったり来たり。所用があれば、そのついでに遠いところのスタジアムにもいたりしますが、埼スタとかフクアリに比較的よく出没する模様。
  • 昨日のページビュー:1120
  • 累計のページビュー:4278030

(03月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  7. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss