4thDayMarketCenter

前半のスタンスによる明暗〜東京Vvs大分(3月5日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

大分にもヴェルディにもゆかりのある選手って、案外、少ないですね。この試合のメンバーでは大分のベンチにいた鈴木淳だけだった模様。林容平と林陵平がややこしいですけど。

■前半

トルシエ以降、3バックが急激にマイナー化したなか、当時、広島の監督に就任したミシャ・ペトロビッチの3バック革命は衝撃的でしたね。攻撃と守備とで基本陣形を変えることで、それまでの3バック解釈を一変させました。で、その画期性にも影響されつつ、Jリーグでは、着実に3バックを採用するチームが増えております。増えておりますが、当初と違ってミシャ流変則システムまでが採用されることは、ほとんどなくなったと思われます。     で、ヴェルディも今シーズンから343で臨んでいるわけですが、ミシャ流か非ミシャ流かでいうと後者。なぜなら監督がスペイン人のロティーナさんだから、ミシャ流3バックは携帯電話ばりにガラパゴス的発達を遂げた日本に特異な様式。ロティーナさん的には知っちゃこっちゃないって感じでしょうね。なので、オーソドックスな、決まりごとをしっかり落とし込んで、流れの中でも、そこまで極端にスタートポジションからの逸脱は発生しない。     対する大分も、今シーズンから343です。ただ、こちらはヴェルディとは違って、ミシャ流的要素が少なからず見られる。具体的には、ビルドアップに際して、姫野が最終ラインに落ちてきてゲームメイクするってシーンが非常に多いのです。それによって左右のCBが半ばSB化したり、あるいはバランスを整える人員が1人多めに確保されるというので、流れに身を任せて流動的に動き回ることが許される。ボランチのはずの小手川とかは、ほとんどサイドにいたし。     惜しむらくは、両WBの攻撃参加が抑制的であったこと。守備に重心を置いていたというか、そうそう槙野や森脇みたいなことはできないというか、ともあれ、「高い位置取りで相手を押し込む!」って感じではなかった。ゆえに、前半のうちはヴェルディの圧倒的な攻勢状態にあったと思います。ミラーゲームで一方が引いたら、そりゃ、もう一方は前に出ますよね。井上潮音と高木善朗のコンビネーションとかで、ズカズカとトリニータ陣内に侵入しておりました。       ■後半

まぁ、前半をスコアレスで折り返せれば、大分的にはオッケーだったんだと思いますが、如何せん、堪えきれなかった。前半の終了間際にアラン・ピニェイロやらドウグラス・ヴィエイラやらにワーワーやられて先制を許します。ちなみにアラン・ピニェイロもドウグラス・ヴィエイラも去年からいる選手ですが、2人同時にピッチに立つことは少なかったような。その2人を使いこなしているのだから、ロティーナさんの手腕も侮れません。     そして、さらに侮れないのが、ドウグラス・ヴィエイラのブラジル人力。相手ゴール前で自爆的にこけたときに、さもタックルを受けたかのようにうずくまったりするのです。みんなシカトしているのに。こういうところはブラジル人選手らしい。おそらく、日本人が団体旅行とかでレストランに行ったときに、「じゃあ、一緒で」っつって、全員が同じメニューを頼んでしまうようなことなのでしょう。ついつい、無意識的にそうなってしまう、みたいな。     ともあれ、視点を大分に移すと、ハーフタイムがあけるなり、途端にペースアップ。縦への意識が非常に強くなって、しかも、ポンポンと相手ペナルティーエリアに侵入していく。ハリル系のアタッキングですね。そして、ガンガンとシュートを撃っていく。負けているんだし、シュートを撃たないことには始まらない。だから撃つ。これができそうで、なかなかできないこと。そういうことが、ちゃんとできている。挙げ句の果てにはCBの福森がWBの松本を追い越したりもする。イケイケです。     このあたりは、片野坂さんの修正力なのか、そもそもゲームプランだったのか。修正力とするならば、「できるなら最初からやれよ」状態ですが、たぶん、後半勝負というゲームプランだったのでしょう。後半は、前半とは逆に大分がヴェルディを攻め立てる展開となりました。とはいえ、スコアは最後まで動かせず。大分が徐々にトーンダウンしていった印象もありますけど、あるいはヴェルディがボランチを攻撃的な井上からベテランの橋本にスイッチしたことの効果かもしれません。だとしたら、「橋本英郎、ここにあり!」ですね。       ■日本代表への推薦状

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
東京V
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

前半のスタンスによる明暗〜東京Vvs大分(3月5日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

■鳥脳 さん

ご無沙汰しております。
そうですか、姫野、トップパフォーマンスではなかったのですね。
確かに、一つ一つのプレーは印象に残るような感じではなかったかも。
とはいえ、手数ですよね。試合から消えない。
ボールをもらうこと、プレーに関与することを怖がらないってのは、それだけでも評価に値するなぁ、と。

岩田君については去年も見たような気がしますが、お若いのに安定感系なんですかね。
坂井君は、そのうちステップジャンプとなるでしょう!

前半のスタンスによる明暗〜東京Vvs大分(3月5日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

久しぶりです。鳥脳です。

この試合、姫野は少し低調だったと思います。開幕戦なんてもっと凄かったですよ。
サイドバックの岩田、トップ下のセカイのサカイ、そしてこの姫野くんはトリニータの希望の光です。

これからも注目して下さいね。

こんな記事も読みたい

なでしこジャパンvsノルウェー アルガルベ杯2017第3戦【球マニアのBLOG】

腰が引けてちゃ勝てないよ ~清水戦レビュー~【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

【J2・第2節_vs群馬(H)】 『猪突猛進』◯3-1【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

J2第1節 福岡対大分【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

祝2017年シーズン開幕、祝大分トリニータ!!【サッカー馬鹿蔵の戯言】

【J3リーグ・15】2016年5月1日(第7節)/大分トリニータ vs カターレ富山/大分銀行ドーム(大分県大分市)【55キロのぶらり旅 ~スポーツ観戦編~】

J選手の政界への進出を応援して感じたクラブ地域密着度【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

近代日本サッカーの礎を開拓した岡野俊一郎さんを偲ぶ【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
なるべく多くのチームをみたいと思って、関東圏のスタジアムを行ったり来たり。所用があれば、そのついでに遠いところのスタジアムにもいたりしますが、埼スタとかフクアリに比較的よく出没する模様。
  • 昨日のページビュー:4679
  • 累計のページビュー:4377579

(07月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss