4thDayMarketCenter

浦和の貫禄勝ち〜浦和vsC大阪(3月4日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

埼スタ開幕戦、4万3000人ちょっと。多いのか、少ないのか。

■前半

ワタクシは完全なるビール党ですので、ワインとかはほとんど飲まないのですが、熟成が大切だと言いますよね。ホントかウソかは知りませんが。最近では、お肉も熟成させた方が良いなんて言われていたり(最近でもないか…)。当然、サッカーについても、熟成させた方が良いのですよ、多分。そんなわけで、熟成段階になってきた浦和のミシャサッカー。ゼロックススーパーカップのときには怪しげでしたが、やっぱり安定感があります。     ゼロックスのときと違って、浦和のハイプレスがハマりまくっていました。浦和の守備といえば、どうしても「ズルズルとリトリート」みたいな印象が未だ拭えませんが、これぐらい高い位置でボールハントできると見ていて面白い。その中で先制ゴールを奪ったのが武藤。武藤といえば、“ミシャチルドレン”ですよね。浦和に移籍してからのステップアップ加減がえげつない。いまや、完全に浦和の前線に欠かせない存在となりました。     武藤に対してなんかもそうですけど、ミシャさんは父性を感じさせる監督さんですよね。広島から移籍した面々を“私の息子だ”と表現しますし。日本人である我々には理解しづらいのですが、キリスト教社会ってのは、父性の文化らしい。それに対して、日本は“母性の文化”と言われる。「厳格」と「寛容」の相違ということでしょうか。ちなみに東アジアの儒教文化圏全体が「寛容」の文化なんですかね?? だとしたら、ユンジョンファン監督は母性の監督ということになるわけですが。     そんなユンさんが率いるセレッソは最終ラインと2列目が綺麗なツーラインを作る、ガッチリ4ー4ー2。チーム作りは守備から。そして、そのためにはツーライン。常套的、あまりにも常套的なチーム作りです。ただ、ここで1つの問題が発生する。そもそもミシャさんが変則415システムを築きあげたのは、4バックを攻略するためだと公言していますからね。そんなミシャサッカーに対する442。飛んで火にいる夏の虫でございました。       ■後半

前半のうちに興梠のゴールで追加点をあげた浦和は後半になるとラファエルシルバのゴールで突き放します。これで浦和は先発した3トップが揃い踏みでゴールを決めたことになります。ミシャさんの高笑いが聞こえてくるようだ。3トップがそれぞれゴールを決めるというのは、例えるならば、1985年に甲子園で阪神がバース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発を見舞ったのに相当する快挙だといえるでしょう。。。いや、言い過ぎですね。3人ともハットトリックしたのならともかく。     ただ、甲子園3連発を彷彿とさせる状況に、セレッソが黙っているわけにはいきません。ファンorサポーターの気質的に阪神ファンに近いのはガンバではなくセレッソ。ならば、3連発をされる側でなく、する側じゃないといけないってなわけで、追撃のヘディングゴールをぶちかますと、さらに途中交代で清原まで登場しましたよ。清原といえば、甲子園の英雄。スタジアムは俄然、セレッソ頑張れモードに、、、なるわけはなく。     浦和も選手交代のカードを切ってくる。最初のスイッチはラファエルシルバから李忠成。これでKLMが復活しました。李忠成とズラタンがベンチでスタンバってるのだから、さすがは潤沢な資金を誇る浦和だけある。それに対しセレッソは山村をFWとしてピッチに送り込みます。スポーツ新聞のWeb版でそういう情報を目にしていたのですが、マジだったか。高さがあって、ドゥエルも強くて、キックも上手ですから、「そーきたか!」感はあります。     山村が入ったことで、セレッソは高さという部分で優位に立った。ゆえに、これ以降、パワープレーが目立つようになります。加えて、持ち場を離れても山村がスペースを埋めてくれるということで、ソウザが流動的に動き回れるようにもなった。なのですが、全体としては、浦和をリスペクトしすぎましたかね。ラインの低さとか、どこか“名前負け”って雰囲気がありました。地力はあれども、立場的には下部リーグからの昇格組。水に慣れるには、もう少し時間がかかるのかもしれません。       ■日本代表への推薦状

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
浦和
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017Jリーグ第2節 浦和☓C大阪 最後に課題が残る【浦和な生活】

2-58 コーナーキックの事情 アルガルベカップ なでしこJAPAN 2-0 アイスランド代表【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

山口1-2福岡【吉塚FC日記+】

《セレッソ》昨年J1最高勝点チームとJ2PO優勝チームとの差はとてつもなくデカかった【南大阪に吹くマリンの風】

【第2節】 vs浦和レッズ~これがJ1の現在地。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

《セレッソ》J1開幕戦。可もなく不可もなく。これからやね【南大阪に吹くマリンの風】

【開幕節】 vsジュビロ磐田~ユン監督とJ1に挑戦!【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

《セレッソ》いよいよ明日、J1リーグ2017シーズン開幕!!!【南大阪に吹くマリンの風】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
なるべく多くのチームをみたいと思って、関東圏のスタジアムを行ったり来たり。所用があれば、そのついでに遠いところのスタジアムにもいたりしますが、埼スタとかフクアリに比較的よく出没する模様。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4447914

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss