4thDayMarketCenter

「画」になってしまった決着〜ゼロックススーパーカップ(2月18日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

日産スタジアムへ行って参りました。ここでの試合はナイター観戦が多かったのですが、久しぶりにデーゲーム。お昼だと、二階席からなら、それなりに見れますね。

■前半

真剣勝負要素が強まりつつある時期とはいえ、まぁ、プレシーズンマッチ。なので、両チームとも新戦力を試します。鹿島の注目はダブルボランチと2トップのそれぞれ一角に入ったレオシルバとペドロジュニオール。ブラジル人選手の市場価格が高騰しているといわれて久しいですが、ワールドカップもオリンピックも終了し、ブラジル経済のバブルも弾けつつあるんでしょうから、そろそろ主要輸出商品ともいえるサッカー選手の価格も下がらないかしら。     ともあれ、新戦力が加入しても全体のバランスの良さとか、そういうところに綻びが発生しないところに鹿島の伝統はある。選手各個の出来不出来はあるにせよ、何事もないようにちゃんとチームとして機能しているのですね。そして、鹿島伝統のマリーシアも健在です。新加入の主だったところがブラジル人ですから、特に問題はないでしょう。そして、この要素においても、最も正当なジーコイズムの継承者は小笠原なのが、なにかと示唆に富む。     一方の浦和は、ACLを睨んでのことなのか、コンディションの問題なのか、そもそもの序列が変わったのか、去年の主力のうち、槙野・両ワイド(関根・宇賀神 ※宇賀神はCBで出場)・興梠・柏木が先発せず。ついでにラファエルシルバもメンバー入りしておらず。代わりに青木やズラタンなど、去年の準レギュラーが起用されたなか、新戦力からは菊池大介が抜擢されておりました。湘南ではセントラルか右サイドを持ち場としていただけに、フィットにはもう少し時間が必要ですかね。     この試合は菊池大介だけでなく、元湘南勢が数多く起用されておりました。浦和では菊池の他に遠藤航が先発。鹿島は三竿雄斗が左SBとしてスタメンに名を連ね、また、永木もレオシルバとのスイッチでピッチに登場しました。けれども、全体的に元湘南組には災難な一日となってしまったかもしれません。菊池同様、三竿雄斗も課題が目立つ出来になってしまいましたし、永木が投入されてから鹿島は同点に追いつかれ、そして遠藤航のアレですからね。。。       ■後半

前半の浦和の出来は頗る悪かった。「悪いときの浦和はこうなります」というお手本のように、「簡単にボールを失う」→守備組織は「ラインだけ高く、スッカスカ」→「あっという間に自陣に釘付け」の無限ループ。前半のうちに遠藤康に芸術的フリーキックを含む2ゴールを献上することとなり、後半の開始とともに興梠を投入して修正を図ります。この効果は覿面。ボールの収まりどころができたことで、劇的に全体のバランスが改善されました。     これに気をよくしたのか、ペトロビッチ監督は、すかさず2枚替えを敢行し、菊池・駒井に変えて、長澤と関根を送り込みます。長澤をワイドで使うのかと思いきや、長澤はボランチに入れ、阿部を最終ラインに下げ、宇賀神を左のワイドに上げました。この交代自体は効果的ではあったと思うのですが、昨シーズンのチャンピオンシップ決勝で早め早めに堪え性のないカードの切り方をして痛い目に遭ったはずのミシャさん、そういうところは、さほど気にしないようです。     そんな、相手のジタバタを悠然とやりすごして、まんまと追加点を挙げる現象を「鹿島る」と形容するのですけど、この日のアントラーズは、2点差を追いつかれてしまうという失態を演じてしまいました。しかも1点奪われた直後に、もう1点入れられてしまうという追いつかれ方。別に浮き足立ってはいなかったでしょうけど、鹿島の伝統を汚すゲーム展開に小笠原はブチ切れていた違いない。交代となっていたとしても、意地でもキャプテンマークを外さなかったことでしょう。     でも、ここからが「浦和は浦和」なのですよ。他の追随を許さない、圧倒的な勝負弱さ。遠藤航のありえない凡ミスで決勝ゴールを許す。踏み外しちゃいけないときに限って踏み外すのが、近年の浦和。対抗できるのは川崎くらいでしょう。間の悪いことに、決勝ゴールの献上先が鈴木優磨ときたものだ。クリロナポーズを追いかけてカメラクルーが大量に追いかける。「画」になってしまう。その引き立て役を浦和が押しつけられる、これまた「画」になってしまうのですな。       日本代表への推薦状

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
浦和
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

クリアが下手なんだよ【にわかフロンターレファンの試合分析】

daznになったメリットを実感する【BMWハム】

千里の道も一歩から! ~Jリーグを底上げする試みについて~(マスコット編)【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

浦和の2017シーズンは・・・【地球は青い!】

今年の浦和が強いことを証明した試合【にわかフロンターレファンの試合分析】

さいたまシティカップ 浦和☓FCソウル【浦和な生活】

【浦和レッズ】ブランコ・イリッチ「窓際の席のサトウさん」【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

【浦和レッズ】槙野智章のやらかしを笑って許すことができたとき、浦和は真に強くなると思うその理由。【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
サッカーをスタンド観戦するようになって15年くらい。いまになって、少しずつフロンターレとかヴェルディへのシンパシーをほんのり感じるようになりましたが、来年は来年の風が吹く。
  • 昨日のページビュー:273
  • 累計のページビュー:4482144

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss