4thDayMarketCenter

ジェフが心配だぞぉんDazn〜ちばぎんカップ(2月11日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

日立台のキャパ的に、もっと立錐の余地がなくなるのかと思いきや、メインスタンド側の端っことかには多少の空席がありましたね。

■前半

2年ぶり何回目かで、世界三大カップの一翼がワタクシ的開幕戦となりました。このシーズンオフから俄に発生したJリーグスペイン人ブーム。最初はDaznマネーの兼ね合いかなにかと思いましたが、代理人さんたちの戦略って噂もなくはない。ともあれ、そんなスペイン人ブームの一環として、ジェフでも今年から監督さんがファン・エスナイデルという御仁になりました。お手並み拝見なわけですが、システムとしてはアンカーを置いた352というか3322というか。     戦術は、非常に特徴的です。簡単にいうと「サイドへのロングボール」と「カミカゼプレス」です。カミカゼプレスは、岡田ジャパン時代から、石崎さんとか、それ相応に続いてきたやりかた。多くの場合、日本の高温多湿を前に、夏場に上手くいかなかったりもしますけども、タイミングさえ整理できればやれなくもない。ただ、スペイン人監督が、どこまで、その高温多湿を想定できているのか、一抹の不安。「サイドへのロングボール」については、CBタイプをWBにおいて、最終ラインからのロングキックのターゲットするというやりかたで、成熟すれば面白いかも。     対するレイソルの注目は、なんといってもブラジル人トリオでしょう。去年からいるディエゴ・オリベイラ、クリスティアーノに、ハモンロペスが加わりました。バンドのスリーピースだと「ボーカル&ギター、ベース、ドラム」とかですし、お笑い芸人の3人組だと「大ボケ・小ボケ・ツッコミ」という役割分担になりますが、この3人の場合、誰が大ボケで、誰が小ボケなんでしょうかね。ポジション的には2トップの二人が大ボケ・小ボケで、クリスティアーノがツッコミって構図ですけど。それにしても、「ブラジル人トリオで大ボケ・小ボケを揃える」ってやりかたをするのなら、ヴォルティスあたりが採用すれば良いのに。大歩危小歩危だけに・・・。ゴホン、ゴホン。でね、ですよ、ブラジリアントリオに加えて前線にはもう一人いて、それがIJこと伊東純也。こちらも単騎突破タイプ。なので、レイソルは実質424って感じでしたね。       ■後半

スコアレスで折り返し、後半からジェフはラリベイを投入します。この人もスペイン人。かと思いきやアルゼンチン人。でも、活躍したのはリーガ。セルタとかでゴールを量産したとかしないとか。前半のジェフは、徐々にあれこれ対応されていくうちに、打つ手がなくなっていったので、テコ入れとしては、至極、合理的。数は多くなかったものの、下りていってクサビを受けるとか、そういうシーンもありました。シュートシーンこそ多くなかったけど。1対1を中村航輔にストップされたのは、この選手だったかしら。     そんなラリベイですが、ワタクシの頭の中では、ひたすら「バンゲリングベイ」の語がグルグルしておりました。この言葉に反応したあなたは、もはや「オッサン」です。いや、オッサンを通り過ぎて「初老」かもしれません。きっと「エキサイトバイク」とか「イーアールカンフー」の語にも反応することでしょう。年末に発売されてオールドファンの心を鷲づかみにしたミニファミコンには内蔵されているんでしたっけ?     そういうこっちゃないのです。重要なのは、早々にカミカゼプレスが終熄してしまい、レイソルが一方的にジェフをボコり続ける状態に、徐々になっていったということです。しかも、この現象は前半の半ばから始まっていた。レイソルが決定機の山を築きまくるのです。そして、それをことごとく外し続けるのです。     そして外し続けていると、高校サッカーにはよくある「入らない日は入らない。そして、カウンター一発に散る」って雰囲気が漂い出すのですが、こういうときこそ、持つべきものはクリスティアーノ。シュート意識の塊みたいな選手ですからね、悠々と決めてしまって、この1点で試合の趨勢は決定でございます。ワンサイド状態のなか、さらにディエゴオリベイラも追加点を決めて、そのまま事故も何もないままタイムアップ。ブラジル人トリオの共存が可能かどうかはジェフがショボかったので確認できず。それくらいジェフはダメダメでした。果たして、命運やいかに!?       日本代表への推薦状

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
現地観戦記(2017)
千葉
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

さいたまシティカップ 浦和☓FCソウル【浦和な生活】

セレッソが上位候補とか【にわかフロンターレファンの試合分析】

J1通算データいろいろ(5) ~通算失点の記録【せんだいサッカー日和】

年末年始で思ったサッカー界のことをつぶやいてみる。【東京ドームに計画停電を!】

エスナイデル監督とジェフ千葉のスペイン化【東京ドームに計画停電を!】

ヴィアティン三重vs鈴鹿アンリミテッド(11月27日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

ジェフユナイテッド千葉 コンサドーレ札幌 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

ジェフのサポーターが日本一である事に変わりはない理由【キキアシワアタマ】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
サッカーをスタンド観戦するようになって15年くらい。いまになって、少しずつフロンターレとかヴェルディへのシンパシーをほんのり感じるようになりましたが、来年は来年の風が吹く。
  • 昨日のページビュー:88
  • 累計のページビュー:4478240

(11月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss