4thDayMarketCenter

林容平のハットトリック〜FC東京U23vs相模原(10月30日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

いや、別にFC東京U23なり相模原がどうしても見たかったわけではないんですよ。単に「赤羽に行きて〜! 赤羽で飲みて~!!」と思ったもので。

■前半

この夏でしたっけ?安永さんが監督に就任したのって。それ以降、勝てていないんですよね。理想家肌で攻撃志向の高い若手監督は、必ず苦労します。そんな壁にぶちあって安永改革は思いっきり停滞中なわけですが、指をくわえて見ているわけにはいかないので、いろいろと試行錯誤します。そんなわけで、この試合ではシステムを343として臨んできました。4バックでスタートして、うまくいかないと3バック。なんだかジーコジャパンを見ているみたいだぞ。     で、ジーコジャパンのときもそうでしたが、3バックにすると、いろいろと整理されるのですな。なんというか、選手起用に半端ない適材適所感が漂っている。坂井をボランチで使ったり、普光院の位置が1列上がったり。そして、あくまで前半限定でしたけど、攻守のバランスが大幅に良くなっていた。あくまで前半限定ですけど。大切なことなので2度言いました。それもこれも、選手間の距離感が非常に良かったから。しつこいですが、前半限・・・     対するFC東京U23は、もとより自動的にバランスが整うことになっている442。理念上は“育成年代”という位置付けでしょうから、あまりトリッキーなことはしません。常套的なシステムでチームビルディングしています。そんな442のシステムで、チームの骨子を担っているのは、林や野澤といったトップチームでプロ契約している面々ではなく、主に40番台の背番号をしょっているユースっ子たち。岡崎とか鈴木とか生地とか。     そして、そのユースっ子たちの骨子を肉付けするのがプロ契約組。なかでもアクセントになっていたのは平岡翼。この選手のスピードと突破力は、高体連時代から全く錆び付いていない。でもね、課題も多いのですよ。チームのポジティブなアクセントとなっていた平岡は、同時にネガティブなアクセントでもある。例えばゴール正面からのドフリーなシュートをものの見事に宇宙開発したり、激しく当たりにいった結果、問答無用のイエローカードを頂戴したり。       ■後半

ちなみに、前半に平岡が削った相手は保崎だったわけですが、その保崎が前半終了間際に先制ゴールを奪います。奪ったところまでは良かった。ただ、そこで終わらないのが保崎淳と書いて保崎“すなお”。自分の感情に素直な選手ですから、いついかなるときでも、相手選手とやりあってしまう。この試合では、平岡だけでなくユインスともやりあう。もつれ込んで倒れ込んだ2人が、熱くなる。審判さんは、通常以上に時間をかけて、両者をなだめる。     “事件”は、そのとき、起こりました。そう、“事件”とは、まさかの、FC東京U23サポーターからの“よしかつ”コール。まあ、日本代表として長らく活躍してきたレジェンドですから。能活コールの1つや2つ、起きますよ。“事件”の本質は、ここではない。“事件”の本質、それは、敵サポーターからのおふざけコールに対して、能活が大人の対応で、手を振って応えたこと。10年くらい前にカズが全く同じことをして、たまたま目の当たりにしましたが、それ以来の出来事でございました。     そんな喧騒も収まらない時間帯に、FC東京U23は途中出場で平川をピッチに送り込む。U16ゴリ山ジャパンの心臓として活躍した期待株の登場に、、、もうちょっとスタンドも湧くのかなぁとか思ったのですが。。。結果的にこの交代が試合の趨勢を決めました。といっても平川がアメージングに素晴らしかったのではく(アシストとかありましたが)、彼の投入に伴いシステムを343に変更した結果、これ以降、FC東京U23が相模原を圧倒するようになったのですね。     まず、反撃の狼煙をあげたのは林容平。なんでもないクロスだったと思うのですが、なんだかよくわからないうちにヌルッと相手DFとGKの間を通り抜けて、林的にはごっつぁんゴール状態で決めきりました。勝ち越しゴールも、横からのハイボール。コーナーキックに岡崎が合わせました。ここからは、やりたい放題。シュートへの意識が物足りない小川が消極的なクロスを上げたら、それが林の2点目のアシストに。林は終了間際にも能活との1対1を制してハットトリック。終わってみればFC東京U23の完勝でございました。       ■日本代表への推薦状

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
FC東京
相模原
現地観戦記(2016)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

林容平のハットトリック〜FC東京U23vs相模原(10月30日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

■鳥脳 さん

ご無沙汰しております。
なるほど、能活とFC東京サポの掛け合いは“お約束”だったんですね。
ってことは、たぶん、ワタクシ、「FC東京vs磐田」とかの試合を見たことがなかったのかも。。。

それはともあれ、去年の「磐田vs福岡」のデットヒートも凄かったですが、
今年は今年で、J2もJ3も自動昇格枠争いがヒリヒリしますね~。

林容平のハットトリック〜FC東京U23vs相模原(10月30日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

お久しぶりでございます。

「ヨシカツ!トーキョー!」コールはFC東京サポのお約束ですね。
能活はいつもコールに応えたり「あ?声小せぇ」って煽ってきたりもしますのでFC東京サポも大好きなんですよね。

こんな記事も読みたい

J1 2nd 16節 vsアルビレックス新潟【Planet of BLUE ★ ガンバ大阪】

ベトナム戦(Uー19) 【 その時から戦術やスタイルがやるからできるになる。 】【FCKSA66】

《セレッソ》今季間違って昇格できたとしても・・・【南大阪に吹くマリンの風】

遂に「その日」がやってきた!【「読裏クラブ」のワンツー通し】

悔しいなら、結果で示せ!!【Cher démon rouge】

エースの長期離脱が囁かれる青赤軍団。乗り越えるカギは“リオの10番”と豪州代表にあり【Number 8】

FC東京 アルビレックス新潟 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

FC東京 フロントの迷走【毎日フットボール】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
サッカーをスタンド観戦するようになって15年くらい。いまになって、少しずつフロンターレとかヴェルディへのシンパシーをほんのり感じるようになりましたが、来年は来年の風が吹く。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4485839

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss