4thDayMarketCenter

なでしこダービーはスコアレスドロー!〜日テレベレーザvsINAC神戸(8月6日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

真夏の夢の島へ。“真夏の夜の夢”は我々世代の青春時代を直撃したユーミンの名曲です。

■前半

まずはポジションの確認。ベレーザのGKは山下。最終ラインは右から清水、岩清水、村松、有吉で、中盤は右から隅田、阪口夢穂、中里、長谷川。で、田中美南と籾木のツートップ。ちなみに田中美南の背番号は9番で、籾木は10番。9番と10番のツートップって、なんだかイングランドみたいじゃないか。ともあれ、読売のDNAを継承するチームらしく、伝統の442です。籾木と田中は縦関係っぽく見えなくもなかったので4411っちゃ、4411ですけど。     対するINAC。キーパーは武仲ですね、海堀なき現在。で、システムはスタメン表通りならば343なんですけど、決してそういう風には見えない。たぶん、4231だったのではあるまいか。最終ラインは右から守屋、甲斐、三宅、鮫島の並び。久しぶりに見た鮫ちゃんは、相変わらず女を感じさせる内股。中盤は田中明日菜とチョソヒョンがWボランチを形成。2列目に右から中島、杉田、京川が並んで、トップが増矢だったでしょうか。     この試合はカップ戦のグループリーグではあるのですが、そんなことお構いなしの好ゲームが繰り広げられました。それもこれも、ベレーザとINACという組み合わせが為せる業。いまさら繰り返すまでもなく、この対決が、ここ数年間変わることない“なでしこダービー”。ミスも少ないし、意図の伝わってくるプレーが次々展開される。やっぱり面白いですよね。たとえ、思いっきり真夏の西日が逆行で襲いかかってこようとも、そんなもので色褪せることもない。     そんなダービーの構図は「INACがポゼッションして、ベレーザはカウンター」というもの。INACは少しフロンターレの風間サッカーに似ていますね。「まずはしっかりトラップしよう!」というところから始まる。それで、周囲の選手は丁寧に三角形を作ってパスを繋げていくような感じ。違いといえば、フロンターレはそこから中央突破を仕掛けていくことが多いのに対し、INACは基本に忠実な、「真ん中で起点を作って、サイドに振って」という指向性の高いところ。       ■後半

スコアレスのまま折り返して後半に。前半は遠いサイドにいたのでよくわかりませんでしたが、やっぱり中島依美って上手ですよね。だてに日本代表の常連ではありません。シーズンによっては、INACだとサブに回ることもあったりしますが、どう考えてもクオリティが高い。SBの守屋との右サイドのコンビはベレーザの脅威となっていました。というか、守屋って背が高いんですね。あれだけ攻撃参加できる大型SBもなかなか貴重でしょう。     前半から優勢に試合を進めていたINAC、後半になるとボールの支配率が、より高くなります。いわゆる“ボールは疲れない”ってヤツですかね、カウンターでスプリントを繰り返すベレーザの運動量が落ちるのをあざ笑うかのようにパスを繋いで、奪われてもすぐさま回収していく。ベレーザとしては、ハーフコート状態に押し込まれつつあった。それでも、タレントでは劣らないのがベレーザクオリティ。前線の田中美南に「後は任せた!」みたいなパスを送り、実際にそこからゴール前まで突進していく。なので、チャンスの回数は、互角に近かったかもしれません。     とはいえ、押されていることには変わりないのでベレーザベンチは動きます。FWの植木を中里に代えて投入。籾木を右SHに、隅田をボランチに下げたのでしょうか。前線に起点を増やすことで押し返そうという狙いでしょう。逆にINACは、得点こそ奪えないものの、押し込んでいるわけですから、ヘンにいじりたくない。選手の運動量が落ちてきても、代えるに代えられない状態のまま時計の針が進んでいきました。     そんなINACも選手交代のカードを切らざるをえない事態が出現します。暑かったですからね、水分を奪われがち。脚が攣りやすくなります。そういう事情で鮫島が下がる。代わりに入ったのが、高瀬。途中交代で高瀬が出てくるんですよ、INAC。「こいつは凄え!」とか思っていたら、SBを下げてFWを入れたわけですから、あれこれ選手がポジションをずらすわけです。で、結果論的には、いろいろいじったことでバランスが崩れてしまいました。そのまま、スコアレスのままタイムアップ、両チームとも暑い中、お疲れ様でした。     ■日本代表への推薦状

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
なでしこ
現地観戦記(2016)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

手倉森ジャパンの選手たちが次戦からやるべき事。【FCKSA66】

子供すぎたU23日本代表。【Manchester United fundamentalism】

思ってたより強かったナイジェリアに5失点!日本サッカーの問題点を教えてくれる試合だった【spoloveブログ】

ブロガープロフィール

profile-icon4dmcih

基本、おっさんです。
ナントカ暇なし、ぐうたらゆえにナントカ。
自他認める小市民。
いろいろと残念だとの評判があるとかないとか。

特定のクラブのサポってわけではないです。
なるべく多くのチームをみたいと思って、関東圏のスタジアムを行ったり来たり。所用があれば、そのついでに遠いところのスタジアムにもいたりしますが、埼スタとかフクアリに比較的よく出没する模様。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4453627

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田の「失礼な行動」報道についてアレやコレや持論を展開してみる~【日本vsセルビア】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  2. 本田が背番号を4番に変更した理由に関する一仮説(?)の周辺をウロウロと…
  3. 相手に対するリスペクトの重要性を再認識しつつ、長友の受難に思いを馳せる~【日本代表vsフランス代表】&【ミラノダービー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  4. 遠藤の存在感についてアレやコレや感嘆してみる~【日本vsベルギー】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  5. 「敗因はメッシの徒歩力とライバル不足!」ってな試合~【バルサvsバイエルン】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  6. 徳永が代表に定着しない理由についての仮説~FC東京vs札幌(10月27日)の周辺をウロウロと…
  7. 日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  8. 仕方がないので長谷部を擁護しつつ、米本と村松の明暗に思いを馳せる~【日本vsブラジル】&【清水vsFC東京】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  9. ザックの用兵についてアレやコレや批判してみる~【日本vsオランダ】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★
  10. 柏木の遠藤化計画~浦和vs札幌(10月06日)の周辺をウロウロと…

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss