日替わりExciting!

〔新日本〕内藤哲也VS後藤洋央紀 激闘すぎるNJC決勝に青森が揺れた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

観戦:マエダアリーナ(青森市) 大会:新日本プロレス「NEW JAPAN CUP 優勝決定戦」 開催:2016年3月12日

ニュージャパンカップの優勝決定戦が、まさかの青森開催。新日本の英断がありがたい。 もし雪が多い3月なら、観客動員に大きな影響が出ていたかもしれない。 しかし幸運にも暖冬の3月。車移動も楽。大型駐車場は奥の奥までぎっしり埋まっていた。 午前にオカダカズチカが地元TVに生出演し、王者自ら大会をPR。 その営業努力に応えるべく、主催発表は、観衆2919人。 会場は寒さを吹っ飛ばす大熱気に支配された。
決勝のカードは、準決勝で、矢野通を退けた「内藤哲也」と怪力エルガンを撃破した「後藤洋央紀」の対決。 準決勝での勝利の瞬間の沸き具合を見れば、会場に駆け付けた9割以上の観客が、願っていた組み合わせだと思う。自分もその1人だった。

試合内容は、あまりにも壮絶なる激闘で、思い出してもあの興奮が蘇る。 両者の大技が繰り出され、一進一退の攻防が続く。 強烈なダメージを与え合い、両者ノックダウンのシーンが何度もあった。
それぞれに目指すテーマがある両者だけに、観客の感情移入の火も燃え上っている。 リングの周りは、歓声、悲鳴、檄が発する熱で渦巻いていた。
ここぞのタイミングでEVILとBUSHIが乱入! こんな素晴らしい決勝戦をぶち壊し? 観客にハラハラ感と焦りが募る。 後藤はすかさず牛殺しで撃退。BUSHIも場外に蹴落とされる。 絶妙すぎる2人の乱入の間合い。「決勝戦を壊さない」程度に、暗黙に練られた2人の乱入劇。 これが絶妙すぎるスパイスとして、決勝戦のスペシャルな旨味に一段と効いてくる。決して制御不能なんかじゃない。
この必殺フルコースを出し尽くした20分の激闘は、最後は内藤のデスティーノで決着がついた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

高山が東洋暫定王座に、豪州勢とのマッチアップへ【角海老-ボクシングコラム】

初金星の琴勇輝関。思わずこぼれた涙が努力の跡を物語る。〜2016年春場所3日目〜【独断と偏見の相撲ランキング】

平成28年春場所四日目 琴奨菊ここまでは順調【スポーツの魅力】

ブロガープロフィール

profile-icon1974

春夏秋冬、スポーツ中継観戦に魅了されています。
選手の気迫溢れるプレー、観戦後も余韻に浸ってしまうアノ場面、観衆の燃え上がる熱狂、などを取り上げていきたいと思っています。
よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:1669214

(04月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 全米フィギュア グレイシー・ゴールドの笑顔&長洲未来の涙
  2. 〔18UW杯〕韓国に大勝!森友哉の強肩炸裂!
  3. 可夢偉&ザウバー 切れ味十分!
  4. 〔18UW杯〕松井裕樹&森友哉バッテリー 勝利発進!
  5. 欧州フィギュア リプニツカヤ優勝 圧巻演技にExciting!
  6. 〔全仏〕素敵な空間 準優勝ジョコビッチへの鳴り止まぬスタンディングオベーション!
  7. 〔F1〕可夢偉VSバトンにExciting!
  8. 可夢偉の不運に落胆
  9. 〔MotoGP〕ロッシVSマルケス 衝撃の接触転倒 激しさを増す新旧王者対決
  10. 〔欧州フィギュア〕圧巻ロシア トゥクタミシェワ&ラジオノワ 華麗に完璧に!

月別アーカイブ

2016
03
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss