日替わりExciting!

〔ジロ〕第16ステージ 怒りのコンタドール 伝説的な怒涛ヒルクライム!

このエントリーをはてなブックマークに追加

観戦:JSPORTS 大会:ジロ・デ・イタリア2015 第16ステージ 開催:2015年5月26日
アルベルト・コンタドール〔ティンコフ・サクソ〕が伝説級のヒルクライムをぶちかました。
事の発端は、残60キロ辺りの下り坂。 追走するメイン集団(マリア・ローザグループ)が縦に長くなり、総合首位のコンタドールは後方に遅れ、ティンコフ・サクソのアシスト達に慌ただしさが見えた。 映像には出なかったが、おそらく何かのトラブルがコンタドールに発生したらしい。
この時、総合2位のファビオ・アル〔アスタナ〕を含むアスタナチームがメイン集団から離れ、かなり前方に加速し始めていた。
解説・栗村修さんは「レースリーダーであるコンタドールの遅れがメカトラ等の不可抗力の場合には、不文律的には、アスタナや他チームが積極的に踏むのはあまり宜しくない」と疑問を呈していた。
ティンコフのアシスト6人は、コンタドールを牽引して前方差との縮小に励む。
このステージのポイントとなるのは、 残45キロ地点から登場する、ジロが誇る1級激坂「モルティローロ」。 登坂距離11.8キロ、平均勾配10.9%、最大勾配18%。
追走に体力を使い切ったティンコフのアシストは、1人また1人と離れていく。 先頭に立ったアスタナが登り始めた時点で、コンタドールとの差は51秒。 この51秒をどう取り返すのか。 そして、コンタドールが登り口に入った時、最後の1人のアシストが脱落した。
アシストゼロの状態となったコンタドール。 ここから単独ダンシングで「逆襲劇場」が始まった。
3人抜き。2人抜き。1人。1人。1人。1人。3人。4人。 同じスペイン人のイゴールアントンが引きの協力を見せて、さらに1人、4人を抜く。 そのアントンに一声お礼をかけて、コンタドールはさらにダンシングで単独登坂する。 この時点で、先頭アル達に27秒差。 さらに4番手・5番手の2人をパス。 ここまで衝撃的な20人以上のごぼう抜き。 すると、アル達先頭3人の背中が見えてきた。
そして、登坂距離5キロ、時間にして約17分間をかけて先頭に追い付く! あまりにも物凄すぎる怒りのエネルギー。 想像以上のコンタドールの大逆襲ドラマにゾクゾクする。
残りはまだ40キロ。 結果的にはステージ優勝はミケル・ランダ〔アスタナ〕が獲り、コンタドールは3位フィニッシュとなったが、総合争いライバルのアルに大差を付ける事が出来た。
このコンタドールが魅せた17分間の伝説のヒルクライムは、今年のジロの代表的な名場面として語り継がれていく。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サイクルロードレース
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ジロ・デ・イタリア2015:第19ステージ結果【J SPORTS サイクルロードレースナビ】

ジロ・デ・イタリア2015:第18ステージ結果【J SPORTS サイクルロードレースナビ】

ジロ・デ・イタリア2015:第17ステージ結果【J SPORTS サイクルロードレースナビ】

ブロガープロフィール

profile-icon1974

春夏秋冬、スポーツ中継観戦に魅了されています。
選手の気迫溢れるプレー、観戦後も余韻に浸ってしまうアノ場面、観衆の燃え上がる熱狂、などを取り上げていきたいと思っています。
よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:17
  • 累計のページビュー:1666004

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 全米フィギュア グレイシー・ゴールドの笑顔&長洲未来の涙
  2. 〔18UW杯〕韓国に大勝!森友哉の強肩炸裂!
  3. 可夢偉&ザウバー 切れ味十分!
  4. 〔18UW杯〕松井裕樹&森友哉バッテリー 勝利発進!
  5. 欧州フィギュア リプニツカヤ優勝 圧巻演技にExciting!
  6. 〔全仏〕素敵な空間 準優勝ジョコビッチへの鳴り止まぬスタンディングオベーション!
  7. 〔F1〕可夢偉VSバトンにExciting!
  8. 可夢偉の不運に落胆
  9. 〔MotoGP〕ロッシVSマルケス 衝撃の接触転倒 激しさを増す新旧王者対決
  10. 〔欧州フィギュア〕圧巻ロシア トゥクタミシェワ&ラジオノワ 華麗に完璧に!

月別アーカイブ

2016
03
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss