日替わりExciting!

〔リエージュ〕バルベルデが鮮やかにクラシック連勝! そして、落車負傷の新城幸也の早期回復を願う!

このエントリーをはてなブックマークに追加

観戦:JSPORTS 大会:リエージュ~バストーニュ~リエージュ 開催:2015年4月26日
5月のグランツール『ジロ・デ・イタリア』を控え、春のクラシックが幕を閉じます。 その締めくくりは、1892年から開催された“最古参”レース。 『第101回リエージュ~バストーニュ~リエージュ』はベルギーが舞台。 格式の高い”五大モニュメント”の1つに数えられている。

レースは全長253キロのうち残り99キロから中継開始。衝撃シーンを含め、印象に残ったシーンをメモしてみます。
◆残41キロ辺り 映像がメイン集団に戻った瞬間、大落車の様子が映し出される! 道路脇の草むらに弾き飛ばされ、動けず激痛に悶える選手多数。 その中には、新城幸也〔ユーロップカー〕の痛々しい姿があった。他にも、有力選手として、ニコラス・ロッシュ〔スカイ〕、ダニエル・マーティン〔キャノンデール・ガーミン〕、ピエール・ローラン〔ユーロップカー〕、昨年優勝サイモン・ゲランス〔オリカ・グリーンエッジ〕も巻き込まれていた。 中でも、新城とロッシュが重傷でなかなか起き上がれない。新城は3分後にやっと身体を起こしたが、立つことはできず、左腕が利かない状態だった。ロッシュも頭から出血をしていた。 後日報道によれば、新城は上腕骨と肋骨を骨折したとのこと。7月のツール・ド・フランスにメンバー選出されるために、少しでも早い回復と戦線復帰を祈りたいと思います。
◆残37キロ辺り 先ほどの大量落車からレース復帰していた昨年優勝サイモン・ゲランス〔オリカ・グリーンエッジ〕がまたしても落車。今度は単独落車で仰向けに倒れていた。
◆残36キロ「ラドゥトゥの坂」 (登坂距離2km、標高314m、平均勾配8.9%、最大勾配は20%と言われる) 沿道には多くの観衆が詰め掛け、坂道コースには恒例の「PHIL」のチョーク文字が数多く書き並んでいる。その主役は、地元の英雄フィリップ・ジルベール〔BMC/ベルギー〕。 そのチョーク文字の中にカタカナ文字の「ジルベール」が混じって書かれていた。日本人の現地観戦者がTV映りを意識して書いたと思いますが面白い映像でした。
終盤のレース展開は、 雨が降り始めた残16キロから、先頭3人、15秒差で追走5人、さらにメイン集団が続く。 残11キロ辺りからは雨が強くなってきた。
◆残9キロ 川島永嗣、小野裕二が所属する「スタンダール・リエージュ」の赤いスタジアムの横を選手たちが通過していく。
残6キロの坂で先頭3人が後続集団に吸収され、いよいよラストに向け緊張感が高まってくる。
残1キロから、ダニエル・モレノ〔カチューシャ〕が単独スパート! このままモレノで決まってしまうくらいの速さでどんどん離していく。 しかし、本命バルベルデ〔モヴィスター〕がギアを上げ、他選手を引き連れてモレノとの差を縮める。

最後の左折をクリアして、残すは直線150mのスプリント勝負へ。 ここでラストの脚力を炸裂させたのがバルベルデ! 力強くゴールラインを駆け抜け両手万歳。 4日前の『フレッシュ・ワロンヌ』の力強い登坂ゴールでの優勝に続き、豪快に2連勝を飾ってみせた。
最終結果は、 優勝:アレハンドロ・バルベルデ〔モヴィスター/スペイン〕 6時間14分20秒 2位:ジュリアン・アラフィリップ〔エティックス・クイックステップ/フランス〕 3位:ホアキン・ロドリゲス〔カチューシャ/スペイン〕
バルベルデは、アルデンヌクラッシク3連戦で言えば、1週間前の『アムステルゴールドレース』が2位だっただけに、惜しくも3連勝の偉業を逃した形となった。 モヴィスターは、ナイロ・キンタナの存在も大きいし、今後の二大エースの活躍が大いに期待されます。
そして、いよいよ5月9日から今年最初のグランツール『ジロ・デ・イタリア』が始まります。 心がピンク色に鮮やかに染まるような、連日の熱狂ステージを楽しみたいと思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サイクルロードレース
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

〔リエージュ〕バルベルデが鮮やかにクラシック連勝! そして、落車負傷の新城幸也の早期回復を願う!

elfte様 いつもありがとうございます。

新城選手のあれほど動けない重傷は衝撃的でしたが、elfte様のおっしゃるとおり日の丸チャンピオンジャージ着用のツール参戦に期待を持っていきたいと思います。どのくらいの期間で復活するかは不明ですが、新城選手が不在のツールは考えられませんね。
その前に、明日開幕するジロには別府選手が出場しますので、どこかのステージで逃げで魅せてくれることを期待したいと思います。
今回もコメント頂きありがとうございました。

〔リエージュ〕バルベルデが鮮やかにクラシック連勝! そして、落車負傷の新城幸也の早期回復を願う!

クラシックからツールへと思ったら、新城選手がぁ!!
…と、騒いでも仕方ないです、骨が行ってないように願うしか無いです(涙)
ジロでの復帰は難しいでしょうから運が良ければツール・ド・スイスでしょうか。
(どうせ仏勢はジロに出てこないと思うし(汗))
6月入ったら全日本選手権もあるので、新城選手は多分一時帰国ですが。
出来ればツールで、日本のチャンピオンジャージを着て参加して欲しいです。

こんな記事も読みたい

〔アムステルゴールドレース〕クヴィアトコウスキー優勝でアルカンシエルを輝かせる!【日替わりExciting!】

「パリ~ルーベ」デゲンコルプ 北の地獄を制して今季モニュメント2勝目!【日替わりExciting!】

〔ツール・デ・フランドル〕石畳・激坂に負けず、強さで魅せたクリストフ!【日替わりExciting!】

ブロガープロフィール

profile-icon1974

春夏秋冬、スポーツ中継観戦に魅了されています。
選手の気迫溢れるプレー、観戦後も余韻に浸ってしまうアノ場面、観衆の燃え上がる熱狂、などを取り上げていきたいと思っています。
よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:18
  • 累計のページビュー:1669115

(04月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 全米フィギュア グレイシー・ゴールドの笑顔&長洲未来の涙
  2. 〔18UW杯〕韓国に大勝!森友哉の強肩炸裂!
  3. 可夢偉&ザウバー 切れ味十分!
  4. 〔18UW杯〕松井裕樹&森友哉バッテリー 勝利発進!
  5. 欧州フィギュア リプニツカヤ優勝 圧巻演技にExciting!
  6. 〔全仏〕素敵な空間 準優勝ジョコビッチへの鳴り止まぬスタンディングオベーション!
  7. 〔F1〕可夢偉VSバトンにExciting!
  8. 可夢偉の不運に落胆
  9. 〔MotoGP〕ロッシVSマルケス 衝撃の接触転倒 激しさを増す新旧王者対決
  10. 〔欧州フィギュア〕圧巻ロシア トゥクタミシェワ&ラジオノワ 華麗に完璧に!

月別アーカイブ

2016
03
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss