日替わりExciting!

〔パリ~ニース〕チームスカイの層の厚さ リッチー・ポート逆転総合優勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

観戦:JSPORTS 大会:パリ~ニース 開催:2015年3月8~3月15日
サイクルロードレースのシーズンが本格的に幕開けしました。

別名「太陽へ向かうレース」と呼ばれる『パリ〜ニース』。 全20チーム、計160人の選手が、8日間にわたり、 初日のプロローグ&第1~第7ステージまでを駆け巡るステージレース。
第6ステージまでの個人総合成績は、1位トニー・ギャロパンに36秒差で2位リッチー・ポートが続くという展開。
そして迎えた最終第7ステージ。 最終日中継は、実況サッシャさん&解説栗村修さんという「我らワールド」最強コンビで盛り上げてくれた。

最終決戦のコースは、9.6キロの登坂タイムトライアル。 ラストスタートでマイヨ・ジョーヌ着用のギャロパンは、虎視眈々とマイペースで駆けていく。 雨中の濡れた路面とは言え、快調に進んでいるように見えた。
★中間計測5.5キロ地点 1つ前を走るリッチー・ポートが11分49秒の最高タイムでトップ通過。 ギャロパンは36秒差のアドバンテージを保てているのか。 ここから、バーチャル順位の計算が慌ただしく動き出す。    ↓ ギャロパンが中間計測に近づく。緊張感が走る。    ↓ ギャロパンの通過タイムは、何とリッチー・ポートに対し58秒遅れと判明! バーチャルの通算タイムでは、22秒も遅れている。
★ゴール地点 リッチー・ポートが20分23秒でゴール。 圧倒的な速さで全選手のトップタイムを叩き出した。    ↓ ラスト走者のギャロパンは、後半さらに失速してしまい22分2秒でゴールした。
この結果、リッチー・ポートがステージ優勝を挙げ、逆転での個人総合優勝を遂げてみせた。 ギャロパンは前日首位から一転6位に沈んでしまった。
【個人総合(マイヨ・ジョーヌ)争い】 優勝:リッチー・ポート〔スカイ/オーストラリア〕 2位:ミカル・クヴィアトコウスキー〔エティクス・クイックステップ/ポーランド〕+30秒 3位:サイモン・スピラック〔カチューシャ/スロベニア〕+30秒 4位:ルイ・コスタ〔ランプレ・メリダ/ポルトガル〕+30秒
切迫した優勝争いの他に、さらなる驚きの結果として、2位~4位までの3選手が同タイムという超珍しい現象が表れた。 この大接戦が、シーズン開幕の開花宣言に相応しい緊迫感を与えてくれた。
総合優勝のリッチー・ポートは、アシスト役に回れば徹底的な犠牲心でエースを助け、エース役となれば力強い走りで期待に応えてみせる。強豪チームスカイには欠かすことのできない名選手である。 さらに、不思議なことに素顔よりもサングラス姿の方がしっくりくる。インタビューでの素顔を見ると「こんな顔でしたっけ」的な不思議な感覚にとらわれてしまう。それだけ、走行中の懸命なサングラス姿がインパクト大ということでしょう。
シーズン最初のステージレースで結果を残したリッチー・ポート。 今季のグランツールでは、チームメイトのクリス・フルームやウィギンスといった王者経験者たちとどんな役割で絡んでいくのか楽しみが増えてきました。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サイクルロードレース
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

自転車競技部・全日本学生RCS最終戦・明治神宮外苑大学クリテリウム【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

そろそろノーザンクラシック?【暇人の観戦記】

経済効果抜群の自転車の祭典!ツールドフランス【海外スポーツファンの溜まりBAR】

ブロガープロフィール

profile-icon1974

春夏秋冬、スポーツ中継観戦に魅了されています。
選手の気迫溢れるプレー、観戦後も余韻に浸ってしまうアノ場面、観衆の燃え上がる熱狂、などを取り上げていきたいと思っています。
よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:1666064

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 全米フィギュア グレイシー・ゴールドの笑顔&長洲未来の涙
  2. 〔18UW杯〕韓国に大勝!森友哉の強肩炸裂!
  3. 可夢偉&ザウバー 切れ味十分!
  4. 〔18UW杯〕松井裕樹&森友哉バッテリー 勝利発進!
  5. 欧州フィギュア リプニツカヤ優勝 圧巻演技にExciting!
  6. 〔全仏〕素敵な空間 準優勝ジョコビッチへの鳴り止まぬスタンディングオベーション!
  7. 〔F1〕可夢偉VSバトンにExciting!
  8. 可夢偉の不運に落胆
  9. 〔MotoGP〕ロッシVSマルケス 衝撃の接触転倒 激しさを増す新旧王者対決
  10. 〔欧州フィギュア〕圧巻ロシア トゥクタミシェワ&ラジオノワ 華麗に完璧に!

月別アーカイブ

2016
03
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss