燃えドラ

当たり前のように成績を残すと計算される大島洋平。

このエントリーをはてなブックマークに追加

3割打って30盗塁してGG賞もとってって期待される大島洋平選手。 本人にとってクリアできない課題ではないですし期待から計算できる選手は今は大島のみなのでね。

ただ、逆に言うと大島がこけると苦しくなる。 それも事実。 大島とセンターポジション争いをする選手が出てこないと。

大島は今シーズン主に3番打者として活躍してくれました。 ゆういつのレギュラーとも言っていい選手なので何番打たすか。 これが意外と大切な選手だと思います。

今年は得点圏打率大きく改善されました。 の割に、打点29という数字は単に1.2番の出塁率が低いからではなく 長打力も理由として大きいと思います。

前進守備を敷かれた場合、 二塁ランナーをホームに返すには単打ではなく長打を期待されます。 大島にはその長打力が他の3番打者に比べると劣ります。 その分足があり広角に打ち分ける技術があるのですが。

個人的には大島は6番固定で行ってくれないかなと思っています。 強いチームって6番がいい仕事するんですよね。

相手バッテリーを考えた時に、 1.3.6番どこに大島がいたら嫌かなと考えた時に6番がすごい嫌だなと感じました。

例えば、ビシエド、福田が返しきれなかった選手を返すこともできますし 逆にビシエド、福田がホームラン打った後に大島が出てきてまた出塁する。

ビッグイニング起こる気がしませんか?笑

新外国人との兼ね合いもありますし 多分首脳陣は大島6番を全く考えていないと思うのですが笑

ただ、大島も一個ずつ歳を重ねて行きます。 荒木のように40過ぎてもあれだけ足が動いて素晴らしい走塁ができる選手なんて奇跡に近いわけで。

脚力が衰えてきてもあの広角に打ち分けられる技術があれば6番として使えると思いますしすごくあってると思うのですが。

大島にはこのオフに本人のレベルアップはもちろん、 佑介、周平を鍛え込んでもらうという使命もあるので笑

来シーズンも気づけば当たり前のように143試合出場してたねって振り返られるように、 このオフ鍛え直しさらにレベルアップしてほしいと思います。

カープ丸のようになれとは言いませんが ソフトバンク中村晃のようにはなってほしいです笑

求められることはかなりハイレベルではありますが それを当然のようにこなして行く姿を 大島が若手の頃アライバや森野、和田をみて感じていたと思います。

その背中を今度は大島がドラゴンズのだらしない野手陣に見せながら引っ張っていってほしいと思います。

森監督を胴上げしたい。 きっとチームで1番強く思っている大島洋平選手に来年も期待します。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

弟よ 私は2017年が終わるのを前にして このブログを移転するつもりでいるのであったのだ【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

山田哲人について語ろう【つばめの黄金時代を築け!】

坂本、東野、松本、澤村、高木康、ロメロ 2010年・11年・12年ピンズ セット、オレが巨人 17年ポスター【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

ようやく手札が揃ってきた【ViVaDra!!】

ドラゴンズの松坂?【春夏秋冬ドラ応援】

松坂入団テスト、その前にイチローを【NEXTドラゴンズ】

* イチローくん、ドラゴンズへおいでよ(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

下世話にドラゴンズ-65 【下世話にヤキモキ】人的補償のプロテクトリストを予想してみた【素人目線ですいません】

ブロガープロフィール

profile-icon01090629

  • 昨日のページビュー:18
  • 累計のページビュー:1715009

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 力の差?球場の差だろうなと。
  2. 各ポジションの日本トップ選手って誰なんだろうか。
  3. 来季外国人の去就
  4. 約1週間。ドラフトどうする!?
  5. 選手思いの球団だと思いますよ。
  6. ジャイアンツ。ドラゴンズと同じ道を辿るか?
  7. 選手個々の話をしよう。
  8. 補強ポイントはどこか。
  9. 大野がFA宣言!炭谷は?大和は?
  10. 平田よ残れ!!

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss